2006年4月 9日 (日)

ホツマの言葉 、 ヲシテの言葉

『ミカサフミ』と、『フトマニ』を先に出(出版)すべきだ!

松本善之助先生からの、ご教示は、

わたくしだけには、特に、すさまじいものがある。

それは、

ホツマ辞典』の、出版の、細部調整でお伺いした時の、

ことだった。

もう、『ホツマ辞典』の印刷が、寸前の段階にまで差し掛かっている、

そんな時に、さへも、

『ミカサフミ』と、『フトマニ』を、先に出(出版)せ!

と、おっしゃるのだ。

Sakurahana_3

しかし、作業の方の段取りは、

もう、すでに、印刷所は、刷版を用意しつつあり、

出版社は、書籍取次ぎ卸の各社と、

発売日の日程のツメに入っているのです。

いくらなんでも、松本善之助先生のお考えとは言え、

とても、現実的な話とはならない。

でも、松本先生の、ご主張のお言葉は、強烈なままです。

それほどに、

『ミカサフミ』と、『フトマニ』の、啓蒙の遅れについて、

松本善之助先生には、大きな危惧を抱いておいでであったこと、

これを、今では、理解する。

そもそも、

『ホツマツタヱ』よりも、

『ミカサフミ』と、『フトマニ』の方が、尊いのだ。

当然ですよね、

断然に、『ホツマツタヱ』よりも、

『ミカサフミ』と、『フトマニ』の方が、尊い。 これは、当たり前のこと。

ただ、ここからが問題だったのでした。

事の成り行きから、『ホツマツタヱ』だけが、先行して普及し始めた。

『ホツマツタヱ』だけを、

普及において、先行をさせてしまった。

このことを、松本善之助先生におきましては、

ずっと大きな、お心の負担になられていたのでした。

だって、

『フトマニ』は、アマテルカミの、

おん(御)、み手づからによる、ご親選(しんせん)なのです。

これが、国宝級でないはずもない。

この、とんでもなく、貴重なことにつきまして、

わたくしからも、

どうぞ、ご理解を!

と願うばかりです。

   ~ ~  ~  ~   ~ ~

それで、誤訳族の、「秀真伝」や「ホツマ」などとは、

はっきりと区別するしかない!

『フトマニ』を忘れて、どうするの?

『ミカサフミ』を忘れて、どうするの?

『ホツマ』だけだから、オカルトに走ってしまうのでしょうね。

   ~   ~ ~   ~

みなさま、

国学の、正しい精神を引き継いだ形で、進めましょう!

これを、明瞭にするため、

「ヲシテ」の言葉を、主流として流通させてゆこうとしています。

   ~  ~   ~  ~   ~

オカルトに、染めようとするもの達とは、

はっきりと、区別を!

ぜひ、ぜひ、    お願い申し上げます。、

‘ホツマ’の言葉だけで、

‘ヲシテ文献’を言い表そうとしていたら、

要注意です!

完璧に、

要注意です!

‘誤訳族’である確立は、99%を下りません!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月31日 (金)

中山忠光卿のこと

中山忠光卿のこと、
書かれていて、拝見いたしました。
写真がよくありましたね。

有り難う御座います。

忠光卿の、辞世の和歌を
掲げます。

おもひきや 山田の案山子(かがし) 竹の弓
なすこともなく くちはてむとは

本当に、悲しい・無念のお気持ちが伝わってまいります。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年3月28日 (火)

縄文文字ヲシテ の 基本文字

Akaha21_3

くわしい、文字の意味などは、こちらにあります。

http://julian.way-nifty.com/nwk/

219文字の、ヲシテ(縄文文字)があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

うた(和歌・短歌)は、こころ を 清くする

日本人だけでしょうか?

これほどの、お風呂好きは。

外国での噂に、日本人のお風呂好きからくる、トラブルを小耳に挟むことがあります。

古来、

ヲシテ(縄文時代)の時代から、

「体を清むることは、禊で」

と言ったことが伝統的に伝わってきていましたから、相当な清め好きであるのです。

日本人は。

ここで、

皆様にお伝えしたかったことは、

「こころ・からだ」

このふたつのことです。

「こころ・からだ」のうちで、

 ‘からだ’のほうは、禊(みそぎ・お風呂)で清めたとしましょう。

でも、もうひとつの、

 ‘こころ’のほうは、どうしましょう?

          …

わたくしなどは、田舎暮らしですので、

ウグイスの声を、

今も聞きつつ…

です。

どうぞ、お歌(和歌・短歌)を、お詠(よ)み下さい。

ウタ(和歌・短歌)、こそは ‘こころ’を清めてくれます。

みなさまの、投稿を、お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誤訳のひどさ

Goyaku

時代が、違うと、

言葉に含められた、意味がまったく異なっています。

古い、それも、漢字以前にも溯る時代の言葉を、

現代語の漢字の言葉に、直訳しようなんてことは、

まったくもって、ナンセンスです。  誤訳です。

ヲシテ(縄文文字)、で読んでください。

本当の尊さ・日本の大切さが、見えてまいります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国のいしずえ(基礎)

近来、

明治時代以来、

考古学の研究成果には、目覚しいものがあります。

日本列島には、世界に先駆けての、縄文土器を作り・活用していた文明があったのです! その歴史、1万年を越します。

漢字が、流入してから、日本に文化が出来たなーんて、

こんな、の生えたような常識には、だんだん見向きもされなくなってくることです。

それでは、

日本の真実とは何か?

記紀(『古事記』『日本書紀』)の、原書が、発見されたのです!

とにかく、そこに、日本歴史の基礎を定めなおすべきなのです。

ここで、ちょっと、注意してもらいたいことがあります。

漢字の、流入以前の日本のことを、知ろうとするのですから、

漢字に直訳しよう、なんて、ゲスの考えだけは、ナシにして下さい。

記紀の誤訳の、ニノマエです。 そんなことは、やめてください!

    ?  ?  ?  ?  ?  ?  ?

それじゃ、どうするの?

このために、パソコンで使える、縄文文字のフォントを

製作しました!

本当の、日本の独立は、

縄文文字を取り戻して、こそ、です。

思いつめてきていて、30年を過ぎました。

涙ぐましい、その成果を、

どうぞ、みなさま、

存分に、ご活用になってください。

縄文文字ヲシテの、ダウンロードは、こちらからどうぞ。

日本ヲシテ研究所

| | コメント (0) | トラックバック (0)