2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年1月14日 - 2018年1月20日 | トップページ | 2018年1月28日 - 2018年2月3日 »

2018年1月25日 (木)

アマゾンの、在庫管理の事。悩みは尽きません。

一時には、
わたくしの、著作の書籍が、
いま現に販売中なのに、
アマゾンで、2倍も、3倍もの頒価が付いた事も有りました。
おかしい、ですよね。
本屋で買えば定価なのに、
流通が滞っているので、2倍も、3倍もの頒価は、
どう考えても、おかしいです。
 
書店経由だったら定価で買えるのにです。
それは申し訳ない、おはなしです。
どうみても、私側の力不足です。
定価ベースの流通は、
どうしても必要だ。
そう強く実感しました。
そこから、
アマゾンで、窓口を開こうと、した訳で御座います。
今日、本日の現在の、処の、アマゾンの窓口の管理の内容です。
Zaikokannri
そう言う流れから、毎月の諸費用の掛かりは覚悟して、
アマゾンから、「日本ヲシテ研究所」の販売の、
窓口を開きました。
試行錯誤の結果、上記の、計算表が、
アマゾンの在庫管理の私の今現在の管理表です。 
 
なにごとも、一歩一歩の歩みで御座います。
この頃は、やっと、
アマゾンへのその対応にも、
慣れてまいりました。
この最近にも、ログインのやり方が、セキュリティ向上で、
また、ややこしくもなりまして、またまたアタフタでした。
が、クリア出来ました。
なんとか、です。
何ごとも、大坪併治先生よろしく、
常に前向きのチャレンジの精神だと思います。
このところが、
大坪併治先生に学んだ最大の叡智で御座います。
 
 
 
 
 
 

2018年1月22日 (月)

アマテルカミのご身長の事。 わが国の大文明の事。ヲシテ国学を立てること。

今日は、
安倍首相の施政方針の演説を聞いていて、
安心しました。
 
そう申しましたら、
アマテルカミのご身長の事、
安倍さんと、トランプさんの、
ちょうど中間あたりだと、先ほど気が付きました。
2月の、京都のヲシテ講習会の下準備をしておりまして、
この事に、気が付きました。
Wowonnkaminomitake

『ホツマ ツタヱ』の16アヤの後半は、
何とも臨場感のある記述が続きます。
デジタルの録音機で再生しているような雰囲気があります。
わが国の、漢字以前の時代は、
とても、すごかったのです。
とは、言え、
直訳をやっていては、無残な結果に終わることだけは、
否めませんです。直訳は、売国的な作業です。
文化・文明の上流に位置するのが、わが国の大文明だったのです。
その真実を、
高貴さを、
おとしめて、
いつわって、さも、漢字文化の風下にあるような作為をするのが、売国です。
直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」という表現は、
そのことになります。
 
何故と申されますれば、
『古事記』や『日本書紀』の原書としての、
『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」の位置関係を、
私は、既に証明して出版をして主張をし続けているからで御座います。
 
漢字以前の時代に、真面目に遡ってみなくては、
本当の我が国の大文明の真実の姿が、
判明しないのです。
そのため、『ホツマ辞典』も出版しております。
明治書院さんからは、
『よみがえる日本語』の、1冊目も、2冊目も、出版して頂きました。
まだまだ、3冊目・4冊目の続編も、わが国の国語の自立に向けて、
完成段階にまで、あと、5~6冊は出版してゆかねばなりません。
国語の再構築の基礎の仕事も、
まだまだ、やり行かねばならない事が、山積しています。
 

それに比べてとも、、
そう申せましょうか?
あまりにもの、低俗な、
直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」のたぐいに、
まだまだ、騙されておられるお方も多いです。
工作員たちは、どうも、入り込んできているようなので、
みなさま、ご判断の事を、よくよく、ごろうじられてくださいませ。
でも、少しずつは、
目から鱗のはがれて来て下さいます、
優れたお方も、
このところは、
ちょくちょくお出でて下さいました。

今日も、
市会議員の選挙の、
期日前投票に行きましたが、
わたくしの車を、追い抜いて行った、
軽四輪がありました。
こんな田舎道で。
女房も、笑っていました。
数年前には考えられない、
のんびり運転に、わたくしが豹変の事だからです。
もう、このごろは、
どうぞ、どうぞ、お先に、の感じですから時代は変わってまいりました。
直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」退治に、
モグラたたきよろしく、必死になって、
頑張っていたのも、今は昔になりつつあります。
もう、
私よりも過激に、
モグラたたきをやって下さいますお方も出て来て下さいましいたからで御座います。
わたくしは、まあまあと、セーブ役になってきております次第で御座います。
時代の変化で御座います。
時流で御座いましょうね。大きなうねりの。


 
ダンスだって、目的としての転倒防止も、
それは、大きな社会に利する要素です。
そう言った、あれもこれもあると思うわけで、御座います。
そういった、包容力の幅が、わたくしサイドに生じてきたのも事実で御座います。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2018年1月14日 - 2018年1月20日 | トップページ | 2018年1月28日 - 2018年2月3日 »