2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年5月13日 - 2018年5月19日 | トップページ | 2018年6月3日 - 2018年6月9日 »

2018年5月26日 (土)

『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」の暗唱・暗記は、1アヤからの事。  「木綿」とコットンとの違いの事。「クワのイチコ」とストロベリーの違いの事。 

ヲシテ時代中期の頃の「日本語」には、
5・7調の基本文体が出来上がってきた時代性が、
うるわしく結実しています。
わが国の、文体・文章の精緻さの基礎は、
やはり、ヲシテ時代の中期ごろに、
暗唱・暗記の範を求めるべきだと、思っています。
まあ? 何のことか?
ヲシテ時代の、この長い歴史から見てみましょう。
縄文時代の前期頃から、
古墳時代の初期にかけての、
実に、3000年余りもの長い年月が、
ヲシテ時代です。
時代の区分表をUPします。
『ホツマ辞典』に掲載しています。
Amakami
さて、
7代のアマカミのイサナギ・イサナミさんの頃ですね。
ヲシテ時代の中期とは。
そして、
そのころ、「をしえのはじめ」には、
「キツのナ」(東西の名称のいわれのアヤ)
が、最初にと、
伝統的に語り継がれていました。
 
それは、
天地自然からの恵みが、わたくし達の生命を育み、
また、
父母のそのまた父母、さらにその父母と、
代々遡る、知恵と伝統の継承からくる恵みも、
わたくし達を育んでいる。
その事実に向き合って、
感謝をすることが、
現在の状況を正しく理解する、第一歩であるからです。
そこを、解き明かしてくれているのが、
『ホツマ ツタヱ』にしても『ミカサフミ』にしても、
1アヤです。
はじめ、
「キツのナとホムシ去るアヤ」
「キツ・ヨヂのアヤ」
なんて、
誰もが、戸惑う事でしょう。
どうして? 解かりにくいアヤが、一番最初なの?
 
ところがどっこい、
実に深い意味が込められているのが、
『ホツマ ツタヱ』にしても『ミカサフミ』にしても、
1アヤだったのです。
それに比べると、
『ホツマ ツタヱ』の奉呈文(0アヤの表示にしました、序文に相当)は、
書かれた時代も、ヲシテ時代の晩期であって、
文章の文法的な構造も、
現代文に近くて、うるわしくさが、うすいです。
ヲシテ時代中期の頃の「日本語」の5・7調の基本文体が出来上がってきた時代性から、
1000年近く時間経過が過ぎていて、
古文の風格に欠けて来ます。
わが国の、文体・文章の精緻さの基礎を、範と為すのは、
やはり、ヲシテ時代の中期ごろの文章ですね。
具体的に言いますと、
『ホツマ ツタヱ』なら、1アヤから23アヤぐらいまでが、
その範にと成ろうかと思っています。
大きな文章の文法上の違いを言うと、
ひとつ、時代が降ると、複合動詞が増えてくる。
要するに、読み易く解かり易い文章になって来ます。
本当の古文の大切さは、
文法・文章の編みあげられて行く、その時代性を感じる事なんですね。
だから、本当の母国語の源流に焦点を当てることが出来得るのです。
こういった意味で、
わたくしは、
ヲシテ時代中期の頃の「日本語」には、
5・7調の基本文体が出来上がってきた時代性、
この貴さを、言いたいわけですね。
そこが、よく長年の来るの結果として、こなしてきた人間としての、
役割じゃないかと思うんですね。
つまり、
1アヤからの、暗唱・暗記を提唱しています。
そう言った意味で御座います。
               ・
クワのイチゴのことがありました。
Kuwa1
「イチコを(お) はみて(食べて)
うるおえは ながらい(長命を得て)」
と、『ミカサフミ』にありますが、
Itiko_2
直訳しましたら、現代語にですが、
ストロベリーに間違えやすいです。
蔓性のストロベリーの品種は、明治以降に導入されたものですから、
『ミカサフミ』の「イチコ」は別モノですね。
それは、文脈上から言いましたら、「クワ」のイチコであることが明白です。
あれ、?
さっき女房と採っていて、
写真がピンボケで、
もう一回撮ろうとしましたら、
葉っぱは、もうお浸しになっていました。
おいしそう。
イチコの方は、砂糖を入れて煮るのだそうです。
また、京都のヲシテ講習会に持って参ります。
 
クニトコタチさまの時代、その長命の時代の、
智慧が、クワのイチコにあったようです。

 なお、
木綿と、コットンの違いのことも、
間違いやすい話です。
「ユフ」の用例や、
「ヌノ」の用例も多いですが、
間違いやすいのが、
江戸時代以前にはコットンは無い事ですね。
つまり、実物としてのコットンになるのは、「木綿」の表現がですね、
江戸時代以降なんです
まあ、ややこしい。
この説明をしていたのでしたが、
ついさっきの来客の方も、
まだ、
心底からの納得には至っていないようでした。
まして、
ヲシテ時代の真実にもなれば、
江戸時代からの近々の錯誤よりもむつかしい事で御座います。
あー、あっ。
で御座います。

 

 

« 2018年5月13日 - 2018年5月19日 | トップページ | 2018年6月3日 - 2018年6月9日 »