2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 富永仲基さんと藤原家隆卿を偲んで。サクラの口縄坂にて。 | トップページ | 馬淵睦夫さん『国難の正体』 »

2018年3月27日 (火)

「かつぎ つゑ」、ウィングバーにてコリ(凝り)をほぐすこと。「ミソフカミ」のときほぐし。鞍居桃のツボミ。

健康関連です。
身体が硬くなるのが、
オニだと思うんです。
「オ」は、固まることを言いますものね。
 
そう言えば、思い出します。
コリには悩まされておられました。
腱鞘炎や、背や肩の凝りも酷かったですね。
揉み屋さんに良く通っておられました。
今考えますと、
自律的な体操やストレッチによる方法の方が、
より本質的に改善につながりそうです。
ストレッチも出来ないぐらいに固まったら、
揉み屋さんにお世話になるより他に手は無さそうですが…。
 

身体に不都合の起こるのは、

巡りの悪いことが大きな原因の一つと申せましょう。

わたくしは若い時から社交ダンスをやっていますが、

その関連で、最近に健康器具に出会いました。

ステンレスの棒を微妙な曲線形状に曲げたものです。

15000円ほどで、良心的な価格です。

現行の販売タイプはステンレス製で、

思ったよりも冷たさも無かったです。

特許製品でもあります。

使い方の説明の動画のCD付きです。

詳しくは、こちらでご覧下さい。

実際に使い始めてみましたら、

女房なんかも、とても気に入っています。

Wingubaa
 

肩のあたりがガチガチになっていたんですね。

胸郭のあたりが自然とやわらかくゆるんできます。

特にウチの女房なんかの場合は、

それが、足腰にまで影響して、

膝痛(ひざいた)にもなってきていたようでした。

要するに、真原因は身体のカチコチにあったようです。

肩甲骨まわりのガチガチが姿勢の悪化を招き、

歩くたびに、一歩一歩の過負荷がきつくて、

一番弱くて負荷の掛かり過ぎていた膝に、痛みが出て来ていたようです。

もう、

あと、ひと月ほどしたら、真の原因からの解除が可能な感じに思えて来ています。

やっと、女房の膝にも、本当の「ハル(春)」が。

 
さてさて、今年は、鞍居桃の葉芽が早そうです。
Kuraimomo1_3

何故って?

雌蕊(めしべ)が伸びてから、開化に至るのです、鞍居桃の花は。

この下の写真の倍ほどに雌蕊が伸びてきたら、

花弁(はなびら)の方にもほぐれゆき来ます。

やや、まだ、もう数日の時間を要するもので御座います。

Kuraimomo2_4

ウィング・バーでの、

ときほぐれの開き行く事、   

この感動を、

ヲシテ時代風にも勘案する、ウタにと、どう詠(よ)もうか?

詠みたいんですね。

何てことない、こんな棒が、

こんなにも身体のコリをほぐしてくれるなんて!

感動ものであります。

でも、

どうも、「棒」では、この言葉では気になりますしね。

ウィング・バーのこと、英語風な「バー」でもおかしいし、

酒場の意味に誤解されてしまいやすいのも困りますよね。

「棒」も、漢語なので、ヲシテ時代の復活を期するにもそぐわしくないです。

どうしようかと思います訳で御座います。

あれこれ考えますに、

「やまとことば」で詠(よ)みたいですものね。

本当に、こころにひびくことばで。

漢字以前にも遡れる雰囲気が、

これこそが、わが文明の再構築にはふさわしいですよね。

そういうように、

やっぱり考えました。

『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」の用例などなどを見たり致しました。

さてさて、

ヲシテ時代に遡ると「つゑ・ツヱ」が一番近い言葉でしょうか?

「つえ」の仮名遣い(ヲシテ遣い)よりも、

「つゑ」の方が用例も多く、枝の感覚の「ゑ」のあるほうが語源的にもふさわしいように思えます。

とは言え、現代の人には、「杖」の言葉の感じに引っ張られやすいので、イメージに乖離がありそうです。

そこで、

「かつぎ つゑ」としてみました。

「棒」よりはマシなのでは…、といった雰囲気です。

   なみのりて かつぎのツヱの

   はたらきに 身体のオニを

   とかしゆくなり

                ・

さて、

どうして、解きほぐし得るか?

身体の固まる「オニ」を、ほぐして、身の巡りを良くするか?

『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」にて、

紐解いて調べてみましょう。

 みのうちの めくりよく

 やまひあらねば なからえり

 
とも、ヲシテ文献の『ホツマ ツタヱ』の1アヤにもあります。
『古事記』『日本書紀』の原書の、大切なお話の秘訣です。
元気で長寿の秘訣のお話。
他の「偽書」の「神代文字」のたぐいとは、ワケが違います。
そこで、
真書の意味のニュアンスを込めて「ヲシテ文献」と、
そう呼び習わしています。
 
この事実は、
自分で言うにも、
くちはばったいですけれど、
2000年来の快挙です。
 
 

板垣退助でもありませんが、

歴史として、『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」の、

この真実は、

この大きな事実を消し去ることは不可能にと、

そう言う運びにとなったと思います。

あとは、評価の事だけで御座います。

世間の動きのことは、

ややもして、利害関係が複雑に絡みますから、

わたくしの、関与のレベルの慮外になります。

及ばずながらも、出来るだけのことは、

してきているつもりです。

とはもうしましても、 

「縄文哲学」は、あまりにも奥深くて、

とてつもない深奥のわが大文明の究極に、

その価値が秘められています。

この大切さを、今現代にときはなつべきだとは、

おもいます。

ですが、その影響は甚大ですから、

ゆるい緩衝的なモノも必要かも。

 
Yamahi
このところは、『ミカサフミ』も同文個所としてあります。
Yamahi1

このように、同じ文章がふたつの文献の、

『ホツマ ツタヱ』にも『ミカサフミ』にも、

両方に記されていることから考えますと、

もっと古い先行文献に記されていた事になります。

漢字以前の「日本」ってほんとうに大文明だったのですよね。

『ホツマ ツタヱ』以前に、先行して記されていた文献があったという事です。

 
「アワウタ」によって身体の巡りが良くなるのは、
見えない構成要素の「アイフヘモヲスシ」によって代表される、ヨソヤ(48)の、
人体構造からの改善です。
Aihuhe_2
もうひとつ、見える物質界でのヨソヤ(48)の方は、体操とか、ストレッチとかでほぐしてゆく必要があります。
物質界の方のヨソヤ(48)は、
「ヤマ」「ハラ」「キニ」「チニ」などの「ミソフ」のはたらきで表されています。
この場合「カミ」の言葉の意味合いは、はたらきを表します。
ですから「神」の漢字にあてると、誤訳になるのです。
直訳モノがどうしておかしいのかは、
漢字への直訳で、
China思想に隷属してしまうからです。
そうではなくて、
わが大文明を、明らかにしてゆかねばなりません。
なぜならば、
この事実は、
現代における一種の「特異点」になるべき、
重要な出来事です。
私のような猪突猛進的な愚直の人間は、
わが文明の「縄文立国」を知ると、
止むにやまれぬ思いに、ずっと、思い続けてまいりました。
 
なぜなれば、
わが国の文明は、
どう考えてもすごい!
今後の世界に、
機軸を為すべきモノであって、
おろそかにできない。
漢字にさいなまれた2000来の鬱屈を、
晴らさなければならない。
そう思うのです。
でもでも、
まだまだ、
妥協的な、産物の解説に順々とするようなところが、
1000年来にも、続きましょうか?
せめて、
100年単位にでもと、縮まればとは、
願っている次第で御座います。
それで、元気で長生きのためのウィング・バーなので御座います。
Misohukami
見えないモノのヨソヤ(48)と、
見える物質界のヨソヤ(48)と、
ふたつ合わさったコソムアヤ(96)にて、
人体なども出来ています。
本当のわが文明は、「縄文文明」にあったんですよね。
だからすごいんですね、わが国は。
本当の、
 
96アヤの事でしたですね。
見えない世界の48と、
目に見える世界の48と、
併せて、96にて人体も構成されているという理解が、
「縄文哲学」のヲシテ時代の中期に確立していました。
 
Wositejidaityuuki2
ヲシテ時代の中期とは、
8代のアマカミのアマテルカミの時代ですね。
だから、わが文明はすごいものなので御座います。
そして、「縄文立国」にたどり得る真実を確定させることが出来るので、
『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」の、
『古事記』『日本書紀』の原書の価値はとても高いワケで御座います。
これ程大切なレベルのものと、
「偽書」の「神代文字」のたぐいとを、ごったくたに混同する人は、
とても、私には気が知れませんです。
 
 
                ・
 
そうそう、
コソムアヤ(96)のことでした。
 
Kosomu
ですので、
「アワウタ」だけでは、凝りに凝った身体の「オニ」のガチガチは、
充分には解きほぐすことが出来ないんですね。
それほど固まりきっていなかったら、「アワウタ」だけでもほぐせるんでしょうが、
年齢を重ねたりして、カチコチにかたまっちゃうと。
「アワウタ」だけでは、解きほぐせないぐらいに固まっている人が、
私もそう思います。
 

記紀の原書としての理解も、

原字・原文で読みこなせるかどうか?

おひとりが、あっ、そうなんだと、

気付いて下さるところが、始まりでしょうね。

本当の本物です。

滞りの融け行きは、選挙でもそのように一票一票の、

その一票から、ですものね。

一票を軽んじていたら、

いつまでたっても、押し流されるだけですね。

やっぱり、一票を投じにゆかなくては、

何も始まりません。

本当のしかるべしの流れを、作り出してゆくべきなんですね。

例えて言いますと「ヲシテ国学・再建国党」をつくって、

社会の大きな要因になっていって、

産業界にも、大きな要因となっていくわけですが、

そのあとでしょうか?

財界にも、政界にも勿論のことにウェイトを占める事にはなりますね。

そのもとの、

本当の一滴のうごきは、

春に溶けゆく、

ツララの一滴でしか有り得ないのです。

本当の基礎のところは、

ヲシテの原字原文が読み書き出来て、

アマテルカミの頃の大きな文明の花開きが実感できる人が、

おひとり、

また、

おひとり、

と、出て来て下さいます事だけが、

キサハシの階段を、一段、また、一段、と、

確実な足場を踏むことでしかないです。

そうして、道が、ミチが造られてまいります。

肩こりも、筋肉や筋の細胞のほんの小さなコリの、

その、ガチコチのときほぐれが本当の始まりですよね。

どんなに凍りついた大河でも、

流れ始まるその開始は、

大河の動く流れとなる、

その始まりは、

ほんの一滴の動きからですものね。

   固まりて 氷れる露は

   ヲ(温かさのナミ)にとけて 流れる河の

   みなもとになり

              ・

 
不思議なことで、
ウィング・バーを、肩に担いで揺さぶっているだけで、
股関節まわりの筋肉までが解きほぐれてゆく感覚があると、
女房が言います。
まだ、使用開始の3~4日目ですが、
女房の場合は、よっぽど、大腰筋などがガチガチだったのでしょうね。
それが、膝痛の根本の原因だったんですね。おそらく。
膝痛のヒアルロン酸の注射4~5回分で、モトがとれます。
ウィング・バー・プロ、感心致しました。
一度買ったら、一生モノです。
 
商品説明書を、
掲示します。
Winnguba2
Wingubaa1
効果がいちじるしいので、
医師の指導や相談のもとで、
使ってもらう方がよい場合もあるようです。
「注意書き」もUPします。
Tyuuikaki
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 富永仲基さんと藤原家隆卿を偲んで。サクラの口縄坂にて。 | トップページ | 馬淵睦夫さん『国難の正体』 »

コメント

「ウイング・バー」が、「かつぎ・つゑ」という訳は、面白いですね。
でも、すごく的確な訳のような気がします。
かついで使うと、肩こりが解消されるようで、中々魅力的ですね!

3月のヲシテ講習会で学んだ17アヤの前半でも、
「シモトツエ」のお話がありましたので、これを思い出しました。
この「シモトツエ」を、どうやって使うかについて
先生が生徒に教えるときに、いくら教えてもわからない生徒に対して
イライラするので、それを解消するために、
周りをバチバチ叩くのだというお話は、とても面白かったですね。(笑)

でも、縄文時代の教育はとても生徒に対して優しかったのだということは、
現代でも、この縄文時代の指導方針に、十分見習うべきだと思いました。

学校の先生になることを、教鞭を取るという言い方をしますが、
教師の鞭の使い方は、ダメな生徒を叩くためではなくて、
自分のイライラを解消して、根気よく生徒に教える為のものだった
ということだったら、新発見ですね。(笑)

それにしましても、「かつぎつえ」は、かなり有効のようですね!
是非、試してみたいと思いました。

鬼(オニ)についても、ヲシテ文字で考えると、とても良く解ることなのですが、
体が固まるのもオニだし、
心でいうと、ニのココロが固まるのが「オニ」だとすると、
「ヲシテ文献」発見の新事実と、
貴重な研究の成果を受け入れない人達も、
心のオニですね。

わからず屋の心のオニを柔らかくしてあげる
「〇〇〇・つゑ」も、あると良いですね!(笑)
1000年を100年に縮められるかも?です。

ダンスの裕美先生、スタイル抜群のステキな人ですね!
とても楽しくて、健康・長生きの「かつぎつゑ」のお話を
ありがとうございます。

 
 
「オニ」の言葉の事、
ヲシテ文字のイメージだと、謎が解けます。
やっぱり、ヲシテ文字を取り戻さないと、
わが大文明の再構築が出来得ません。

『千と千尋』の「セン」のままですから。
さらに、ヲシテ文字の「チヒロ」まで遡ってこそですよね。
 
こころの「オニ」のこと、
まさにそうですよね。
 
とは言え、ヲシテ文字の読み書きが出来て来てこそ初めて理解できる要素も多い事ですし、
容易い事ではありませんですね。 

「シモトツエ」のこと、わたくしは、まだまだ修行が足りません。
表情に出てしまい易いです。
ダンスでもここを修行しています。「シモトツエ」です。
足腰鍛錬プラスアルファです。
ダンスの裕美先生は、山形で遠いので、
まだ、お会いしたことないですけれど、
レッスンのやり方も勉強になります。

ダンスの上手の動画が下のアドレスです。
https://www.youtube.com/watch?v=xYL-Vy0S20Q
世界には、すごい人もいます。
この表現力を勉強したいわけで御座います。
世界は広いですね。
 
「かつぎ つゑ」腰痛にも効いたという人もあるようです。
姿勢が直ると思います。
胸襟を開くとも言いますが、胸郭のあたりの柔軟性は大切なようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76499/73183644

この記事へのトラックバック一覧です: 「かつぎ つゑ」、ウィングバーにてコリ(凝り)をほぐすこと。「ミソフカミ」のときほぐし。鞍居桃のツボミ。:

« 富永仲基さんと藤原家隆卿を偲んで。サクラの口縄坂にて。 | トップページ | 馬淵睦夫さん『国難の正体』 »