2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« タチバナの実が色付いてきました。 | トップページ | 現代史の、明治以降の事が良く解かります。江崎道朗さん『コミンテルンの策謀と日本の敗戦』 »

2018年1月 1日 (月)

明けましておめでとう御座います。

平穏な新年を迎えられて、
おめでとうございます。
Nenngah30
Nennga2
 
旧年中は、有り難うございました。
テストされて来る時代になりました。
実現も、近いかも知れません。
私たち人間の、本当の立脚点を確かめる時代にもなります。
それには、古典です。
記紀の古事記や日本書紀の、
原書が発見と研究がここまで進んでまいりました。
「縄文哲学」が、明瞭に解かってまいりました。
それは、
自然哲学の延長に、
共に協力して、相乗効果を得る、
「トのヲシヱ」の発現によって、
わが国の建国が起きたことに、
結実します。
これは、人類の文明史においての、
ブレークスルーの要になります。
述べました。
さらに、根っこには、
言葉の精緻な構造があってこそ、
「縄文哲学」は開花し得たわけです。
『よみがえる日本語』の第一巻の概要編、
『よみがえる日本語Ⅱ』の第二巻目の助詞編、
でおおよそわが国の国語の語学からの解明で、
国語学的新知見を提唱出来得ています。

「縄文哲学」から、「トのヲシヱ」に至る思想の昇華の過程には、
「ニのこころ」の存在があった事も、判明してきました。
平成24年に新発見の「ミカサフミ ワカウタのアヤ」が、
大きな研究の進展につながりました。
緊急出版しました。 今も読み返しておりましたら、
良く書けたと思っていました。もう、在庫が払底で、
刷らなくては! と、展望社から連絡があったからです。
訂正箇所の見直しです。
 
おおよそ、
ホツマツタヱなどヲシテ文献からの、
ヲシテ国学のまっとうなアプローチは、
勉強のためのカリキュラムを組むと、
大学か、大学院ぐらいの年限が必要のように思われます。
そのうちには、
道を開き行く、協力をなさって下さいます、
パートナーも、出て下さいましょうか?
わたくしの、生きておりますうちなら、
幸いで御座います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« タチバナの実が色付いてきました。 | トップページ | 現代史の、明治以降の事が良く解かります。江崎道朗さん『コミンテルンの策謀と日本の敗戦』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76499/72593934

この記事へのトラックバック一覧です: 明けましておめでとう御座います。:

« タチバナの実が色付いてきました。 | トップページ | 現代史の、明治以降の事が良く解かります。江崎道朗さん『コミンテルンの策謀と日本の敗戦』 »