2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年2月12日 - 2017年2月18日 | トップページ | 2017年3月5日 - 2017年3月11日 »

2017年2月20日 (月)

社会の原理の基礎の事。「トのヲシヱ」へのこと。 柿本人麻呂、8世紀の墨書土器など。 ウクイスの初鳴き。

社会学をやっているという、
学生さんが来まして、「トのヲシヱ」の原理に付いて、
強く感動をしていました。
いよいよ、China崇拝の千数百年来からの離脱にと、
行き至った時期にのようにも思えます。
孔子も孟子も、まして、孫子は、もう聞き飽きた感が出て来ましたですね。
権謀術策のはては、不信感の塊が残るだけです。
China精神との違いは、ここに有ります。
「嘘も1000回言ってたら真実になる」なーんて、あまりにもひどい話です。
本来の我が国ぶりとは、断じて相容れざるもので御座います。
               ・
「トのヲシヱ」に結び付いてこそ、
本当の目指すべき「社会」の基礎足り得ます。
その根底が、
また、「たす」という治世を意味する言葉が、ヲシテ時代中期までに、
強く活性的に使用されていました。
治世を意味する「たす」の言葉は、
ヲシテ文字の元来のイメージで考えると解けゆきます。
直訳的に「養」の文字を当てたりしますと、
「トのヲシヱ」とのつながりが見えにくくなってしまいます。
ヲシテ文字にイメージで考えますと、
「たす」の「た」は、「トのヲシヱ」の「と」を、
固体の「ハニ」態から、気体の「ウツホ」態にと、
活性化させた意味合いになります。
 
              ・
 
昨日は、柿本人麻呂神社に詣でて来ました。
Kakimoto1
夫人のお墓です。
Hitomaro2
『万葉集』2453番の歌碑がありました。
自然石の立派なものです。
Hitomaro1
『万葉集』の原文は、漢字ばかりです。
ルビも、現代に振られたものです。
Hitomaro2
いろいろ、表記には洒落も入っているのでは?
と、
澤潟(おもだか)久孝先生は『万葉集注釈』で言っておられます。
Hitomaro3
原文は、尊重が必要だと思いました。基本姿勢だと思います。
葛城山が綺麗に仰げました。
Katuraki2
左手の奥のちょっと霞み気味は金剛山です。
右端の、こんもりの杜は飯豊天皇さんのご陵です。
視点を右に移します。
Iitoyo1
飯豊天皇さんの事、
26代の継体天皇の少し前の話になります。
動乱と混乱の時代です。
お宮の後が、角刺神社であろうとの事です。
すぐ近くにあります。
Tunosasi0
案内版です。
Tunosasi4
お社の、そばに、すごい樹が有りました。
Tunosasi1
近寄ってみます。
Tunosasi2
さて、横から見てみましょう。

Tunosasi3_2
うーんと、さすがにうなりました。
すごい樹でして、氏子の人達も、良くお世話をなさっておられます事、
見て取れました。
すぐ隣に、墨書土器の展示館が有ります。
Ibe
8世紀ごろの墨書土器です。
Yayoi
弥生時代に、土質のとっても良い焼き物も出土しています。
わたくしの目には、古紫香楽(桃山時代の当たり)の時代の陶器の土目にも、
匹敵すると見えました。 紫香楽の谷清衛門さんに古陶資料館で、
見せて戴いた古紫香楽の茶碗の土目は、
何十年経っても今も目に浮かびます。
つまり、2000年近くも進んでいた焼き物という事になります。
それが、カツラギなのでしょうか?
それで、「アメヱノミチ」の「チワヤ」がこの辺りの事なのでしょうか?
バカちょんカメラでは、土目までは再現が難しいです。
ぜひ、本物をご覧願いたいと思いました。
             ・
大和かすりのキレも良いものが展示されていました。
これは、江戸時代頃の話です。
Narakasuri
 
今朝がた、ウクイスの初鳴きを聞きました。
いよいよ、日差しもあたたかく、
ハル(春)のおもむきです。
「春」と漢字で書くより、
ヲシテ文字で書くと、
我が国本来の語感が感じられます。「ウクイス」もそうなのですね。
本来の我が国語は、「ヲシテ」の意味合いから長い年月をかけて、
じっくりと作り上げられて来た宝物なのです。
China染まりからの解放が、本来の『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」の
持つ意義なのです。
それで「ヲシテ国学」と、標榜する所以になります。


 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2017年2月12日 - 2017年2月18日 | トップページ | 2017年3月5日 - 2017年3月11日 »