2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年11月12日 - 2017年11月18日 | トップページ

2017年12月 1日 (金)

時事問題の事です。緊迫度が増してきました。

北朝鮮問題は、11月29日未明の新型ミサイルの発射で、
もう、看過出来得る範囲を超えた模様です。
そのことは、路線の確定という事にもなりましょうか?
Sakura
           <ヤマサクラの紅葉は、
            ずいぶんと、散りゆきました。
            右側の樹は、ほとんど、散り果てです。
            ひだりの側の樹は、結構保持しています。
            でも、もはや、数日の事で御座いましょう。
            世代交代が、いずれのところでも、起きて来ています。
            新聞などのマスメディアも、地殻変動のほどの、
            大きな変革が起きています。
            瓦解と言った方がよいでしょうか>
いよいよ、半島情勢は危険度UPです。
われわれに出来ることは、
自分たちの範囲で、
出来るだけの準備を怠らずという事で御座いましょうね。
http://www.kokuminhogo.go.jp/
https://twitter.com/kantei_saigai
http://www.kantei.go.jp/jp/pages/kantei_saigai.html
 
ホツマツタヱなどヲシテ文献の、
解明からの知恵によりましたら、
ハタレはいずれは処置をしなくてはならない、
という事が言えます。
罪なき無辜の人々、つまり、われわれを、
恫喝してきて、攻め寄せて威嚇をしまくるのは、
ハタレです。
木造船の、度重なる押し寄せは、もはや、攻め寄せです。
盗賊のような事を働いているようです。
彼らには、すみませんの、「す」も無くて、
またミサイルですから、言うべき言葉は、
こちらとしては、もはやないわけです。
もう、ほっといたら、本当にミサイルを撃ち込んできそうです。
拉致して、わが国の国民に被害を与えても来ています。
その、侘びも有りません。
また、拉致が、なされること、濃厚です。
あなた、連れ去られて、いいですか?
Mayumi1
          <ビワの花が、良い香りです。
           左は、マユミです。実がはじけてきました。
           良く撓(しな)って、弓の材に適しています。
           現代・現時点、弓の時代になったのを感じます>
 
ヲシテ時代の中期、
アマテルカミも、重い、重大な決断をなされました。
リーダーは、つねに、孤独でさいなまれます。
トランプ大統領も、安倍首相も、
アマテルカミのその、大きな決断に迫られています。
ご判断を、わたくしも、ゆだねるだけで御座います。
わたくしたちには、情報量も、それほどにはありません。
情況から推測してゆくしかないです。
ティラーソン国務長官の、更迭とは、そう言う意味で御座いましょう。
Mayumi2
           <マユミの、ヌノ(布)の、
            記述も、ヲシテ文献に有ります。
            枝の表皮を、繊維にして、布に織った物でしょう。
            上等の、光りを少し通して初夏に気持ちの良い、
            そのような、布であったかと思います。
            再現も、また、どなた様か?
            楽しい事で御座いましょう。
            平定の有った後には、
            布を平和利用に活用する時代が来ます事を、
            願っています>
Mayumi
どうしても、処置をせざるを得ない、
ハタレ達とは、どのようなものだったのか?
『ホツマツタヱ』の7アヤ、8アヤを、ご覧下さい。
28アヤも、合わせて見ると良く解かります。
『ホツマ辞典』を、ご参考になさって下さいませ。
アマゾンですぐ入手できるように致しております。
 

現代に至っては、
核ミサイルや、その他の、大量破壊兵器も、
あまたに出来ている時代です。
恫喝をいつまでも野放しにすることは出来ません。
いずれかの時点で、決断に至るのも、やむを得ない事でありましょう。
ティラーソン国務長官の、更迭とは、
その伏線でしょう、か。
ふたつあった路線のひとつが、
切れたという事で御座いましょう。
フェイク・ニュースも飛び出すほどです。
 
いずれにせよ、
絶壁に近いようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2017年11月12日 - 2017年11月18日 | トップページ