2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年11月5日 - 2017年11月11日 | トップページ

2017年11月18日 (土)

縄文カレンダーのH30年版ができました!

縄文カレンダーの、
H30年版(2018)が出来ました。
Karenndah30   
 
冨山さんは、
不肖の弟子だっておっしゃいますけれど、
そんなことは御座いません。
ヲシテ国学の樹立と普及に、
方向性が一緒なら、同志だと思っています。
冨山さんは、同志です。
立派な同志が、富山喜子さんです。 

          ・
 
別なことでの、ヘンな人は多くいます。
あまりにも、多くおいでになられますので、
みなさま、ご注意をなさって下さいませ。
おかしな神がかりに惑わしたり、と、
ヘンな目的の人も居ます。
古事記や日本書紀の、下に、ホツマなどヲシテ文献を押し込めようとする、
おかしな人たちも居ます。
そう言う人とは、
決然と、わたくしは、袂(たもと)を分かちます。

はじめは、ホツマ文字の本当はヲシテ文字ですが、
読み書きできない人はダメだろう。
と、区別をしていましたが、
さらには、このごろ、
ヲシテの文章を、原字でちゃんと読み書きしていても、
神がかりが目的の人が、出てきたり、
でも、
ヲシテの文章を、素心で、素直に読んでいたら、
縄文哲学の真意が解かろうはずだ、と、
わたくしの、思い込みが、
ちょっと、外れることもあるようです。

おひとさまは、それぞれで御座います。

 
また、改心して、縄文哲学のところにときたら、
古い過去は、
水に流して受け入れます。
ただそれだけの事で御座います。 
 
 
なにしろ、
わたくしの目的は、
ホツマツタヱなどヲシテ文献による、
ヲシテ国学の樹立と普及です。
『古事記』『日本書紀』の原書が、
ホツマツタヱなどヲシテ文献であるからです。 
 
 
            ・
 
 
お人さまに寄りましては、
1年でお解りになられるお方様も、おられます。
冨山喜子さんは、早かったです。
でも、
百年かかろうかと言う、そう言ったお方様も、
よく目に致して、悲しい思いで、
ございました。
このごろは、良いお方様が、多くにお出になられて、
もう、
車の運転も、息せき切っての、そんな、秒単位のサイクルからは、
スピードダウンを、させてもらえるような、
そういって、有り難い、時代にと移り変わってまいりました。
もう、
いつ、
わたくしはどうなっても、あとのお方々が、
引き継いでくださいます事です。
この、大仕事を。
ホツマツタヱなどヲシテ文献による、
ヲシテ国学の樹立です。

冨山喜子さんは、
同志のおひとりのうちです。もちろんのこと。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年11月13日 (月)

納豆の作り方のこと。結構手間です。

納豆の事、
作り方を、詳しくと、訊かれました。
説明をします。
 
1、豆を洗って、お水に漬けます。
Nattou_2
   浸す時間は、豆の大きさと水温によります。
   大きな豆は長い時間。小さな豆は、短い時間。
   温かな水だと短い時間でOK.。
   新マメも、早くほとびます。
   (16~30時間ぐらい)
   雑菌の繁殖を、防ぐのがポイントです。
   ときどき、水を入れ替えると有効です。
   わたくしは、流水で浸漬しています。
   うちでは丹波の黒豆を、入れています。
   無い時は、北海道の黒豆です。
   それも無い時は、大豆だけです。
 
 
2、お豆を煮る。
Niru1
   柔らかくなるまで、煮ます。
   うちでは、30分ぐらい煮て、1~2時間保温。
   出てきたアクを掬い取ります。
Niru2
   これを2~3回繰り返します。
   なお、初めの煮汁は捨てると雑味が減ります。
   食べてみて、えぐみが消えて、柔かくなったらOK。
Niru3
       小火にしても、ぐつぐつと沸騰するぐらいに、
   豆の中心にも、100℃近くの温度になるように、
   十分な加熱殺菌をして下さい。
   柔らかくすることと、殺菌が、ここのポイントです。
   もちろん、加圧釜も有効です。
   耐熱性のウェルシュ菌やセレウス菌の殺菌にも、
   かなり、加圧釜は効きます。
   でも、ふた鍋ぐらいの量を加圧釜でやるのは、
   うちでは大変なので、普通の鍋を使っています。
   なお、
   藁に付いている、天然の納豆菌を使って納豆製造を、
   していた頃には、年に2~3件の食中毒が起きていました。
   黄色ブドウ球菌が混ざっての食中毒だったようです。
   それで、純粋培養菌の納豆菌が使われるようになります。
   そこから、食中毒の発生は無くなった経緯があります。
   半澤洵教授(はんざわ じゅん、1879-1972年)の、
   その功績は、高いです。納豆菌の研究、純粋培養、
   そして、衛生的な納豆製法の確立をされたのでした。
   宮城野納豆の三浦二郎さんは、純粋培養の納豆菌の普及に、
   尽力なさったのも大きいです。「近代納豆の父」とも呼ばれます。
 
 
 
3、タネ菌を入れて、発酵容器に入れます。
Sikomi1
   煮汁を切って、タネ納豆を入れて混ぜます。
   タネ納豆の量は、理論的には、2~3粒で十分ですが、
   このぐらいだと、お鍋ひとつに、1パックを半分ずつで、
   混ぜるのに、やりやすいです。
   うちは、おかめ納豆です。
   お酒の醸造は、酒税法で決められていますから、
   勝手にやると密造酒で、罰せられます。
   ですが、納豆の発酵は、とくに、法律での禁止は掛けられていません。
   でも、食中毒を起こさないように、
   衛生面にだけは、十分に、配慮をなさって下さい。
   ヨーグルトの自家製と、同様の、自己責任のことです。
 
   発酵容器に入れます。
Sikomi2
   うちでは、100円ショップのランチケースにしました。
   容器の、内側は、手や指で触らない事が重要です。
Sikomi3
   いくら丁寧に洗っても、手には指には雑菌が付いています。
   容器の蓋の内側も、触ってはいけません。雑菌が付着してしまいます。
   これが、一番の、失敗の原因だと思います。
   水洗のあとで、布巾で拭こうとしたら、もうダメになります。
   悲しいかな、布巾にも雑菌が多くくっ付いています。
   布巾で容器の内側を拭くと、雑菌を付けることになるからです。
   水洗して、容器を伏せたら、もう、内側は一切何も触れてはなりません。
   水洗の際も、容器の外側だけを触ること!
   発酵後に、青カビが生えたり、黒カビが生えたり、
   白カビが生えたり、納豆菌の発酵が上手くいっていないものは、
   食べないで捨てて下さい。
   雑菌が、どこかで入ってしまった場合の、失敗作です。
   蓋は、アルミホイルが、やりやすくって、雑菌対策に有効です。
   雑菌を、豆に付けない事が、最重要のポイントです。
 
 
 
 
4、発酵をさせます。
Hakkou2
   オコタを、セットします。

Hakkou3
   温度計をセットします。
   40℃~50℃ぐらいに、温度調節をします。
Hakkou4
   温度は、どのぐらいが良いのか?
Hakkou5
   毎回違います。 
   とくに、うちのダンボールの発酵の箱の、
   オコタが3個では、
   思うようには、温度調節はできないので、
   成り行き任せ的でもあります。それでも、おいしく出来ます。
 
 
5、放冷をします。
Hourei
   納豆の、良い香りが立ちはじめてきたら、
   もう、そろそろです。温度が、少し下がり気味になったら、
   もう良さそうです。このあたりの判断は、
   何回かしてみると解かって来ます。
   食べてみて、少し苦みがあるのは、もうちょっとです。
   といっても、発酵をやり過ぎると、黒くなってきて、
   アンモニア臭が出て、白いチロシンの結晶も生じて来てしまいます。
   そのぐらいの強い発酵品が好きな人も居ます。
   発酵の程度は、お好みで御座います。
   筍の、白くなる粒粒と同じアミノ酸です。
   発酵の箱から出して、2時間ほど放冷します。
   急冷させるよりも、放冷をすると、豆がふっくらします。
 
 
6、冷蔵庫に入れて、発酵を止めます。
Jyukusei1
   冷蔵庫で、1週間~2週間ぐらい熟成させると、
   より、おいしくなります。
Jyukusei2
    このごろは、外から見てすぐ解かるように、
    表示をしています。「ここ」から食べる、です。
Jyukusei3
    うちでは、1か月以上は熟成した方がおいしいです。
 
 
 
http://www.takanofoods.co.jp/fun/study/tsukuri.shtml
うちで、納豆の製作をやり始めて、もう、1年半は過ぎたと思います。
何回か、失敗しながら、段々と上手になって来ました。
やりかたも、少しずつ工夫をしています。
お手間を厭う場合は、
やっぱり、買ってくる方が、絶対にラクです。
 
わたくしの事情では、
糖質制限食を始めたことから、
主食を、納豆に転換しようとして、
それで、やむなく、納豆作りを自家製で始めました。
女房とふたり、タレとカラシを使いませんので、
すぐに、山のようにたまってしまいまして、
捨てるにも、はさみで切って、カラシはとくに出にくくって、
処分に大変で、それじゃ、いっそ、納豆を作ろうか?
と、そう言う事情で御座います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 

« 2017年11月5日 - 2017年11月11日 | トップページ