2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年10月29日 - 2017年11月4日 | トップページ | 2017年11月12日 - 2017年11月18日 »

2017年11月10日 (金)

ふくれみかんが到着しました! 秋も、あと、一週間です。お風邪など、お気を付け下さい。

早い事で、明日の晩は、旧9月の下弦のお月様。
ヲシテの時代では、ナカツキのシモのユミハリです。
ナカツキとは、固まり成り行く秋の、
成ってゆく季節のことを言う月です。
今朝がたの、ありあけの月は美しかったです。
さて、
Hukuremikan2
いつも、心待ちにしております。
とても、香りが良いです。
今年は、干して、陳皮にして七味唐辛子などに、
入れて楽しもうと、それで、女房が洗って干してくれました。
Hukuremikan3
 
 
Sakura0
ウチの近所の、百葉箱のそばのサクラが、
うつくしい、モミヂハの紅葉です。
徐々に、
モミヂが、アキの紅葉の及ぼされが進んでまいります。
ことしは、百葉箱の右隣の雨量計も大活躍でした。
時系列にての、サクラの紅葉の 情況のこと、
百葉箱のそばのヤマサクラにて、見てみましょう。
移り変わってきています。
Sakuran2_2
さらに、
モミヂが進んでゆきます。
Sakura1
これが、ほんの、10日ほどの変化で御座います。
さて、
Sakura3
さらに、
 
 
Sakura4
そして、
右側の樹に、落ち葉が目立つようになりました。
Sakura5
こうして、
Sakura5_2
この写真が、
今日の、ところです。
移り変わりのことを、ご覧いただけましたでしょうか?
右側の樹が、落葉になりました。
 
カエデのモミヂもうつくしいです。
サクラのモミヂもうつくしいです。
こちらの近辺は、ヒガンサクラは台風で、モミヂの前に、葉が落ちてしまいました。
奈良は、強い風が吹かないようで、ヒガンサクラも紅葉していました。
風土の違いは、車で一時間でも、随分と違うものだと、
実感を致しました。
Biwa
ビワの花です。香りが良いです。
Mayumi
        マユミの実です。
     あんまりにも、きれいなので、花と間違えやすいです。
      マユミは、弓にします。
       粘り強い、しっかりした、材です。
        やさしくともあれ、しっかりとしなくてはいけません。
     剛強で、あっても、
        ポキッとしたら、なんにもなりません。
        マユミの布も、とっても強いようです。
Mayumi1  

 
                  ・
カラスが、今朝のおにぎりを、とても喜んでいたようでした。
どうも、シーチキンのマヨネーズ味が、一番好きみたいです。
回転すしのご飯も、お気に入りです。
おにぎりの、
まわりを包む海苔は、わたくしたちが、お相伴に、
と、
なってきています。
海苔の付いていないおにぎりは、バラエティーに欠けて、
カラスのご満足は得られないようでした。
どっちが主体だか? って、女房と笑っています。
ウチに来ている、カラスの、
写真です。レンズを向けると 、
すぐに逃げてしまうので、
鮮明に写りにくいです、が、ウチに来ているのは、
おそらく、ご機嫌のカップルのように、
思って居ります。
わたくしの出掛ける時も、かえって来る時も、
女房の行き来も、けっこう、カラスは気にしてくれていますようです。
それで、
シーチキンマヨのおにぎりです。
どうにも、カラスの顔はかわいい、と、そう思っています。
Karasu
あんまり、解像度は良くない写真ですけれど、
ウチに来てくれている、カラスです。
ハシボソカラスで、顔も優しいこです。
Kaerasu1
小ぶりで、おそらくがメス、のかわいい方です。
カメラの視線を感じたのか、いま、飛び去りました。
さっきは、おにぎりの、大きなかたまりを、
庭の柵の上で、
咥えて、こちらを見ていました。
手紙を出しに行く時に。
 
シーチキンマヨです、くだきましたかたまりを、
咥えて喜んでいました。
 
こちら、東の方の、
電柱の方に陣取っているのが、彼氏なんでしょうか?
かれも、良く来ます。
Karasu2
かれも、可愛い声なんですよね。
クチの細い、ハシボソのカラスは、声も可愛いです。
さっきの、飛んでいったほうより、くちばしも太いです。
やはり、彼の方でしょうね。
声も、すこし、低音です。ガーガーです。

アマテルカミの、アマつミヤの、
東北のご勉学所には、
当然のこと、賢いカラスがお守りをしていたんでしょう。
それは、どうみても、ハシボソのほうの、
可愛いカラスちゃんですね。
毎日、わたくしたちはご飯をやっていて、
それは、ハシホソの、
こちょこちょと、歩き回る、ハシホソのカラスじゃないとおかしいと、
やっと、
わたくしにも思えてきました。
 
カラスは賢いです。
イタチが入りそうになった時、
カラスが教えてくれました。
女房が、それを聞いて、
カラスの警戒の声をです。
それで、
イタチを、追い払えました。
以前、イタチが、屋根裏や、床下に入られて、
随分と困った時がありました。
いたちごっことは、よく言ったもので、
イタチは、なかなか手ごわいです。
カラスが守ってくれています。
わたしがカラスにやる、ご飯は、
そう言う意味でも、有効なのかも知れません。
でも、
女房がやると、すごい大盤振る舞いをするので、
わたくしは、寝坊をしないようにしないと、貯めたカラスご飯が、すぐになくなっちゃいます。
回転すしのご飯が足りない時は、
おにぎりを買って来まして、
海苔は、わたくしたちが頂きます。
女房もわらってます。 
 

カラスたちは、海苔をどうにも食べませんですから。
今朝は、わたくしは、カラスご飯の、お相伴で、
海苔を2枚頂きました。
 
 
 そうそう、
納豆を、今朝から、製作開始いたしました。
Nattou
 
今年の柚子です。
Yuzu
ユズは、とても良い改良品種であるような、かんきつ類の、
その、縄文時代からの 、改良の歴史も、
ひとつの、おおきな解明点ですね。
タチハナのカクの木の実から、どう? 進展してきたのか?
書籍の3~4冊にはなりましょうか?
 
これからで御座います。なにごとも。
大きな、ひろがる、大海がホツマツタヱなどヲシテ文献の、
その先にあります。
なんにも、
むつかしいことは、御座いません。
明日をどう、やってゆくかという事だけで、その事だけで御座います。
明日と、もっと先の事でございますね。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2017年10月29日 - 2017年11月4日 | トップページ | 2017年11月12日 - 2017年11月18日 »