2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年10月1日 - 2017年10月7日 | トップページ | 2017年10月22日 - 2017年10月28日 »

2017年10月17日 (火)

反町茂雄さん『定本 天理図書館の善本稀書』

天理図書館に、ホツマツタヱの小笠原写本が収まっている事は、
佐々木信綱経由できているんでしたが、
その経緯も、反町茂雄さんの解説で良く解かりました。
そりまちさんと、正善(しょうぜん)さんの深い同志の繋がりです。
 
Tennritosyokan
時を得て、人も得て、2代目の中山正善真柱の貴い人格もあって、
随分と苦労をなさって、その蒐集の成果だとわかりました。
あさってには、また、漱石展も有り拝見してまいります。
反町さんの人柄も、中山正善さんのお人柄も、そのお付き合いの感覚も、
同好の士の昵懇の交わりも良く解かりました。
同好の士というよりも、こころざしのもとの同志と言った方が適切だと思いました。
それにしても、
敗戦後の動乱の時期に、貴重な古書が散逸されずに、
おさまる所が出来た事を、わが国の秘宝の国外流失と散逸を防いでくれたこと、
じつに、万感胸に迫る所がありました。  
 
昭和21年ごろから、京都・大阪に東京から古書の買い出しに
反町さんが月に二回も来るわけですが、当時はお米券を持ってこないと、
旅館に泊まってもご飯が出ない。困った反町さんは、昵懇だった中山正善さんに、
御厄介になると、ご飯も、当時貴重なお酒もふるまって下さった。
ところがある日、京都で良い古書を手に入れて、天理に泊まったら、
顔が何となくほころんでいる。
正善さんから、何か獲物が有ったろう。出せ、出せ。と迫られる。
何にも良いものは無かった。
と言う、反町さんだが、顔のほころびは隠せない。
だせだせ、でないと、今日はこのまま帰れ、出てゆけと、言われる。
冬の寒空で、終電も無いのに、そんなむちゃな。
見せたら取り上げられちゃうでしょ。
と、反町さんは応戦するが、
あれよあれよのうちに、お酒のせいだ、
風呂敷包みはほどかれてしまい、
稀書を手に取って、ほー、っと言う正善さん。
やっぱり召し上げられてしまって、
お酒を恨む反町さんだった。
せめて、古書の販売の目録に載せてから、というのが、
反町さんの古書店の主の願いだった。

そういった、深い長いお付き合いのうえで、
天理図書館の蔵書は拡充していった。

なかでも、購入資金の事で、努力家だったのが、
正善さんだった。
奥さんのおあいさまが、お酒の席で洩らされたのが、
反町さんが来るとぞっとする、という事だった。
みんなお金を古書につぎ込むからだ、
とってもご苦労を為されたようだった。
 
そのおかげで、世界に冠たる充実した図書館が出来た。
日本のたからでもある。
 
 

 
 

 
 
 
 
 
 
 

« 2017年10月1日 - 2017年10月7日 | トップページ | 2017年10月22日 - 2017年10月28日 »