2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年3月12日 - 2017年3月18日 | トップページ | 2017年3月26日 - 2017年4月1日 »

2017年3月25日 (土)

『ここまでわかった! 縄文人の植物利用』工藤雄一郎・国立民俗博物館、新泉社

ワラビナワのこと、解かってきたそうです。

Syokubuturiyou_2
国立民俗博物館の主導で、
縄文時代の生活が明らかになってきています。
さすが、国家プロジェクト。
「ワラビナワ」のこと、P31に、
「ワラビなどのシダ植物は、縄文時代の縄の素材に使われていたことが解かってきています。
Warahinawa
やっと、考古学の方の分析・解析技術が、ヲシテ文献の記述レベルに近付いてきました。もう少しで、どんな「ワラヒナワ」の編み具合であったのか? まで、解き明かせそうです。
ヲシテ文献では、「ワラヒナワ」と、清音に表記してありました。
「ワラヒ(笑う)」の意味の言葉との、区別や意味の関連など、
そもそもの「ワラビ」の語源は何か?
これも、まだ解けていませんです。
こちらのテーマは、われわれ「ヲシテ国学」の受け持ちの仕事です。
           ・           ・
さて、
もっと他にも、
新知見は多い『ここまでわかった! 縄文人の植物利用』です。
是非、ご覧いただけると嬉しいです。
幾つか、話題をピックアップします。
                ・
マメの事。
栽培の歴史が縄文時代の長い歴史のうちに見えてきたこと。
Mame1
                     <P85>
それは、
人為的な選別や選択のあとがみえること、つまり、栽培です。
Turumamedaizu
                    <P72>
初めの野生種は、蔓性だったとのことでして、わたくしは、ビックリでした。
長け姿までが、これ程大きく変化するとは!
Mame
                    <P73>
ツルマメの実と、大豆の実とは、こんなにもの大きさの違いがあるのだそうです。
今、納豆の自家製の製作で、発酵中でして、
長い歴史の重みと有り難さを、また、実感です!
Mame2
                         <P85>
大豆も、アズキも、
わが国の縄文時代の種の方が、
Chinaや韓半島よりも、相当に大きくて、
品種改良が進んでいますね。
こういう事が、本当の我が国の姿ですね。
 
また、他にも、漆の技術で、
赤い色彩の事、
水銀朱の粒子選別をして、塗り分け技術が有って、
また、下地にはベンガラを塗っていたなど、
一頃前までは、水銀朱の存在自体が、疑問視されていた時代から、
大進展の事です。
大体のところ、ベンガラは、ずっと後の後世の出現だ。
なーんて言っちゃってたのも、数十年前のお話で消え入りました。
『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」には、「ウルシ」の古い記述が無いのが残念です。当たり前のことは、記録が為されないのですね。
10代アマキミの弟さんの方の、ニニキネさまの、
おミヤには、「ウルシ」の事が記されています。
Urusi
もっと前はどうだったのか?
そのあたりが、考古学でも言えますが、
文献学でのさらに難しいところです。

 
まだまだ、
考古学の方は、
新技術での「再発掘」が、年々と進んでいるそうです。
次の発表が楽しみです。
 
こちら、「ヲシテ国学」も、もっと、上を先を目指してゆかねばなりません。
次は、国語のヲシテ時代解明で「動詞編」だと思うのですね。
最終巻の「構文編」の巻まで、行き着かねばなりませんから、
ぜひ、わたくしの元気なうちにと願っています。
ちゃんとした仕事を、真面目に続けていたら、
そのうちには、世間の理解も進んでまいりましょう。
そこは、他者ですから、求められたら、
説明する努力を務める程度がそぐわしいです。
押し売りの段階では、ともにWin・Winには到底なりません。
疲れるだけ、徒労です。
 
やらねばならない、先のことは多いので、
出来ることを出来るだけ、の、スタンスで参りましょう。
このスタンスなら、つぶれませんから。
いずれにせよ、
長い時代の、『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」の発見から50年ほどは、
直訳ばかりを追う人達が跳梁跋扈でした。
もうそろそろ「直訳偽書の秀真伝(しゅうしんでん)」の時代が、
過ぎつつあります。
このところ、直訳バカボンのバサか加減に気が付く人が、
多くなって来ました。
やっと、見つかった、我が国の漢字以前の文字、文章を、
どうして? 大切にしないのか?
どう見ても、直訳バカボンはおかしいのです。
それで、「偽書だ」「偽書だ」と言われる手助けをして、
ホント、バカも程度が有ると思うのですがね。
そこの、
ひと時代が、50年でやっと、過ぎつつある感じです。

この他のモノは、
わたくしはお奨め出来ません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年3月23日 (木)

水月湖調査のまとめの事、『人類と気候の10万年史』中川毅さん

久しぶりの、ワクワク本です。

福井県の水月湖、三方五湖のひとつです。
Suigetuko1
                講談社、ブルーバックス
          『人類と気候の10万年史』中川毅
 
この湖、 水月湖は、不思議な条件が満たされています。
堆積するスピードより、湖の水深が深くなってゆくスピードが、
やや早いのです。地殻変動の不思議のひとつです。
つまり、7万年は綺麗な堆積物の年縞が保存されている、
世界でも稀有な存在です。それで、スタンダードの位置に認められました。
細かい、精密な作業の積み重ねで、徐々に解かって来つつある中間まとめです。
寒冷期と、温暖期の、その振り子は、
揺らぎながら、ずーっと変化を遂げて来ているのが解かります。
(P128、P156など)
 さて、
ここからが不思議で、つまり、
今から8000年以前の頃からの、
すなわち、人類が文化・文明を手にしつつあったころから、
安定化の要素が強まってきて、今に至り、
今後の、急激な変化が今まさに起きようとしている。
という事です。(P161)
わが、「ヲシテ時代」の黎明期からと、時代が重なるのが、本当に不思議です。
                ・
なかでも、
どうしても笑って吹き出してしまったのが、
「単一の種としての気候耐性は、あのゴキブリすらもはるかに凌駕している。」
の一節でした。つまり、われわれ、人類に付いての評です。(P206)
そう言えば、以前にゴキブリの生態を聞きました。南洋では、ヒトを噛むのだそうです。ゴキブリは、南洋では怖い昆虫だそうです。
わが国、「日本」に暮らして良かったと思う一つの要素です。まさか、ゴキブリに噛まれはしませんから。  と思っていたら、急激に、数年で7℃も気温上昇のステージ替わりも起きているとの報告でした。それは、噛むゴキブリの種がこちらにも来て生息してしまうという事です。
近隣諸国も、どうなるか? ですが、
気候変動も、どうなるか? です。


ビッグサイクルのこと、ステージ替わりの所要の数年の変化の事、起きて来て不思議ではないのでした。それが、水月湖プロジェクトの結論です。 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年3月22日 (水)

アマテルカミのカラスのこと。涌谷町の黄金山神社の事。

この数日来、カラスがご飯を食べに来ません。
それで、心配しています。
アマテルカミのおミヤを守るカラスも、居ました。

Kokane1 
この記述が根拠になって、
アマテルカミの東北のアマツミヤは、涌谷町の黄金山神社である。
と、結論付けられます。黄金山神社の付近は、産金遺跡が目白押しです。
奈良の東大寺の大仏も、多くが、此処の産出のゴールドだったのです。
金華山の黄金山の方は、江戸時代の仮託で、いうなれば売名の様な騙りなので、引っ掛かる方がどうにかしているのです。籠池さんじゃないですが…。
ですね、くわばらくわばら。
この構図は、ヲシテ文字(ホツマ文字)すらも読めもしない人が、
「ホツマ」を語ると、同様です。語るじゃなくて、騙るですよね。
「言論の自由」もありますから、人のくちに戸は立てられません。
引っ掛からないように、と、くわばらくわばら。
 
 
カラスのヲシテ文献の用例を掲げます。
Karasu2
ちなみに、この検索が出来るかどうか? で、
ランクが何段階もUPします。
近頃は、スマホでも、使えるようにと、
大阪の森本さんが、システムのバージョンUPをして下さっています。
ご使用のご希望のお方は、わたくしの方にコメント欄にご連絡ください。
ご案内をいたします。
わたくしは、スマホを持っていないので、前システム・バージョンのPC用を愛用していますが、スマホ族には、とっても朗報だと思います。
                    ・   
さて、カラスの事、
ちなみに、ウチにずっと来ていたカラスは、
ハシホソカラスでした。
https://www.kankyo.metro.tokyo.jp/nature/animals_plants/crow/difference.html
他に、「キュ」と鳴くコクマルカラスなどもいますが、まずめったにお目に掛かりません。
すなわち、
アマテルカミのおミヤを守っていたカラスは、ハシホソ、ハシフトのどちらかだと判断して良いと考えられます。
つまり、アマテルカミのアマツミヤで、
カラスが、
どう鳴いていたのか? を知りたいのです、 ね。
ハシホソ(嘴が細い)は、小柄な体型で、低音でガーガーと鳴きます。
ハシブト(嘴が太い)は、大柄の体型で、高音でカーカーと鳴きます。
どちらだったのか?
そう、知りたいと思いませんか?
 
すなわち、 毎朝、アマテルカミは、
ガーガーとカラスの声を聴いておられたのか?
カーカーとカラスの声を聴いておられたのか?
不思議なことです。どちらだったか? わたくしは知りたいです。
それで、よくよく考えますに、
どうも、カーカーではなくて、
ガーガーが、アマテルカミのお聞きになられていた、
カラスの声であったろうと、
考えるようになりました。
 
と言いますには、

低音でガーガーの小柄なハシホソ(嘴(くちばし)が細い)と、
高音でカーカーの大柄のハシブト(嘴(くちばし)が太い)とは、
生態が違うのです。
食べ物の好みも違います。
 
普通に考えますと、小柄な方が高音の声かと思いきや、
それが逆なのです。
何故か? つまり、低音は遠くに声が届きません。それで、小柄でマメっちくてちょこちょこ歩いてはほじくるのが基本動作です。
マメっちいのです。低音でガーガーの小柄のハシホソ(嘴が細い)ちゃんは。
すなわち、
低音でガーガーのハシホソ(嘴が細い)は、
ちょこちょこと、小川の小石をひっくり返して、虫を探して食べたりします。
高音でカーカーの大柄な体型のハシブト(嘴が太い)の方は、そんなめんどくさい事はしません。高い所に止って、睥睨しながら食べ物を探しているのです。歩くのも不得意です。遠いところまで声を届かせるために、カーカーと高音に鳴くわけです。
其処で考えますと、
コガネ(ゴールド・砂金)を拾って来て飾るのは、
マメっちい、低音でガーガーのハシホソ(嘴が細い)ちゃんであろうか!
と思われるのですね。
             ・        ・
心配していましたのが、
ここのところ、ウチに来ていた低音でガーガーのハシホソ(嘴が細い)ちゃんが、
回転すしのご飯を食べに来ません。数日、来ません。
それで、原因は、
高音でカーカーのハシブト(嘴が太い)がやたらと鳴いているのです。
このあいだまで、あまり聞かなかったのに! です。
すなわち考えます所によると、ウチの低音でガーガーのハシホソ(嘴が細い)ちゃんは、

高音でカーカーのハシブト(嘴が太い)に、
縄張りを追っぱわれてしまった、のではないか?
テリトリーが重なる場合には、小柄なハシホソちゃんは、追っぱらわれてしまう場合が多いとの事でした。
アマテルカミの、東北のアマツミヤでは、このような事もあったのかどうか?
いささか、
カラスの世界の事情の詳細の事もと、思い遣って、こころも千々に逡巡致した訳で御座いました。
 
               ・
― 追記 ―
今朝(3月22日)のラジオ体操に、
ちょうど、久しぶりにカラスが来ました!
近くで、はっきり見えました。ハシホソちゃんです。
顔だちもかわいいのですね。
すぐに飛んだので、個体識別の人相的な顔形までは良く見えませんでしたが…。 いつものウチのカラスかどうか? は、明日にでもまた判りましょうか?
何か都合で、遠足などに行っていたのでしょうか?
何はともあれ、安心いたしました。
鳥インフルエンザの事も、気になりますしね。
 
「訳文中毒」のヤクチュウさんは、すでに、Chinaに魂を売り渡してしまっているので、
筋だけ追って、おかしな、貶めの文章に綴ってしまうのですね。
直訳した段階で、もう、China精神に染められちゃうから、
こわいです。
鳥インフルエンザもこわいですし、「直訳偽書の秀真伝(しゅううしんでん)」かぶれの、「訳文中毒」のヤクチュウさん達の、すでに、Chinaに魂を売り渡してしまって自分で解からないのも怖い事で御座います
現代における、二大の恐怖の事で御座います。
せっかく見つかった、我が国の独自のヲシテ文字を、
読みたいとも思わない、そのような人達、何十年経っても… 、
で、百年河清を待つより、千年以上はかーるく必要なようです。
対応は、くわばらくわばら、だけが唯一の取捨選択技で御座います。
未だに、「アヤ」の言葉を、
「綾」に訳すべきか? 「文」に訳すべきか?
「絢」なのか? こんなことを迷っているそうで御座います。
そもそもの、直訳の翻訳行為の意味が解かってないのですね。Chinaに尊(そん)じ奉りたい、だけなる行為であることが、解からないので御座います。この結果、我が国の尊厳を棄損して貶しめして、何とも思わない。この、貶めに至る成り行きが解からない。なぜならば、「アヤ」の言葉は、我が国独自の漢字以前の時代の高度な概念なのです。ですのにね。 どうして? 宝物の価値が見えないの?
その大切なものを。
そう言えば、わたくしの兄も、隣に住んでいるのですが、
置き場が無くて、わたくしの骨董品も置かせてもらっていましたら、
このあいだ、使ってくれていたのです。花を活けて。
珍しく!!
で、喜んで声を掛けたのですが、
それが、まったくチンプンカンプンなので御座いまして、
実に、往生いたしました事を思い出しました。
10万円はともにはなりませんでしょうが、
最低でも数万円はしようと、良い花器の骨董品、ですが、まったく訳が解からないので困っちゃいました次第で御座いましたです。
それも、ママ、です。「アメのママ」なので御座います。
また、そういう事は、ままあることで御座います。勉強で御座います。
でも、
わが国の愛国心の事からしましたら、骨董品は置いときましても、
ひとこと、言わざるを得ないのが、わたくしの心情で御座います。
ヲシテ時代の高貴の事、
それを、
もっと、時代の降った外国語の低俗な概念に直訳したら、それは、売り渡しなのですよね。魂の。尊厳の。
 
              ・          ・
 
先程、(3月22日、夕方、5時過ぎ)
女房が言うには、
塀の柵に止まって、こちらを覗っていたと言います。
帰郷の挨拶かも?
おそらく、いつものハシホソカラス、だろうか? と。
ガーガーとも、高い樹の上で鳴いていました。
何かの所用で遠出だったのかも?
明日の朝は、カラス用のご飯を多めにやります。
ウクイスもよく鳴いておりますが、ご飯がお好みか?
良く解かりかねています。
メジロと、ヒヨトリは常連で、イカルも、たまに良く来て食べていますが、
ウクイスは、ご飯など食べてるのか? 
まだまだ、わたくしは、勉強不足の事多い事で御座います。
アマテルカミも、やはり、
トリの事を、お気になさっておられていた事が、
『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」の文章のあちこち節々に見えてくるので御座います。
それで、共時的な感覚を得たいと、その思いなので御座います。そこから、何か、ハッとした真実が開けて来そうな、です。わが国の文化・文明は、もっと奥深いものであったろうと、肉感的に感じるのですよね。直観ですか。もっと、深く大きなものが有る! です。 其処をずっと追い求めてきて居る訳で御座います。で、やはり裏切られた事のない、40年来以上の真実です。
今日も考えて来ていたのですが、もっと深く深遠な哲学・思想の存在の事実に、向き合って、またまた、愕然としたのが、真実で御座います。
何時に成ったら、クニトコタチさまのその叡智に、及び就けるのか?
最低でも、あと、200年と、
また、今日にも見込んだ訳で御座います。
どうあっても、其処のレベルに行き至る事。
わたくしの望みでもあり、
また、課せられた、とも皆様におっしゃって頂けましたら幸いで御座います。
クニトコタチさまのご叡智のすごさを、また、実感しましての事が、
今日の事の、ご報告で御座いました。詳細は、これからまとめてまいります。
 
季節の事の解説を書いていて、また発見しました。
Kisetunokoto


 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2017年3月12日 - 2017年3月18日 | トップページ | 2017年3月26日 - 2017年4月1日 »