2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年12月18日 - 2016年12月24日 | トップページ | 2017年1月8日 - 2017年1月14日 »

2017年1月 4日 (水)

『ホツマ ツタヱ』13アヤのオキツヒコのこと。

何回読んでも、迷ってむつかしい個所です。
『ホツマ ツタヱ』13アヤも、
むつかしいです。
四国の合田さんが、纏めて下さっていました。
読み易いので、UPいたします。
Okituhiko 
 
読むたびに迷う箇所は、
オキツヒコが自殺しようとしたのか?
ツマが自殺しようとしたのか?
ここの所の、
総括的な把握には、
「犬も食わない夫婦げんか」のその真相は、
結局捕まえがたき代物なので、
ぼやーっと、表現しておいたのではあるまいか?
と、言うのが、
今わたくしの感覚です。
どっちが悪いと、決めつけるのが難しい、
それが、夫婦仲と言うものなのでしょうか? 
 
 

 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

2017年1月 3日 (火)

『「糖質制限」が子供を救う』三島学先生のご著書。

重要な書籍だと思いました。

Tousituseigennkodomo

私世代(昭和30年(1955)生まれ)のように、貧しい時代だった際には、
お誕生日会に、上等のジュースを飲むのがご馳走でした。
でも、
今は、毎日で、さらに、毎食がコーラやジュースやプリンも、
アイスクリームも、ポテトチップもですから、
身体がおかしくなるのは、
それはそういう事なのでしょうね。
わたくしの、身近には残念ながら子供さんがいないので、
この辺りの事情に疎かったでした。
三島学先生のご苦労の事、ビックリ致しました。
 
社会的に親身なご努力に対して、頭の下がる思いが致します。
 
これが、ヲシテ時代に於いての「タス」という事の意味であると思います。
漢字の「治める」ではないのです。
「トのヲシヱ」の活用状態形が「タ」の原意として考えられます。
China文化とは、基本的にしての相違が有ります。
 
それは、ともあれ、です。
みなさま、どうか、将来のために、
ご一読のほどを、ぜひぜひ、お願い申し上げます。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年1月 2日 (月)

「ニステカマ」のこと、小池正人さん。

明けましておめでとう御座います。
本年の、平穏で幸多い事をお祈りいたします。
Aihuhemowosusi
新年早々、
良いアイデアを、あちこちと、
頂戴いたしました。
まずは、和歌山の小池さんからです。
松本善之助先生のご紹介から、小池正人さんと知り合いました。
もう、かれこれ、30年来のお付き合いになります。
Kamato1
 
すごいです!
大発見です!!
 
平岡憲人さんからも、
すごい発見のアイデアを、
お聞かせ頂きました!
Onokoonoko
御許可が有れば、また、公表も!!
 
お茶を、一服。 写真だけですが。
女房のお茶碗です。
割れて、金継ぎをしてもらったお茶碗です。 
Otya
金継ぎのなか見ごろです。
Otya3
全体のすがたです。
Otya2
 
 
私たちの進めている路線と、
直訳しようとする、
その路線とは、随分と違います。
 
直訳の路線の事を、
「訳文中毒」これを「訳中(ヤクチュウ)」と、呼ぶようにしてますが、
そことは、どこかが違うのです。
そこの所の、何処が違うのだと? そう訊かれると、
説明に苦慮してしまうのですが、
何か名案は御座いましょうか?
岡目八目とも言いますので、
其処の違いの表現を端的に表せるアイデアは御座いますでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2016年12月18日 - 2016年12月24日 | トップページ | 2017年1月8日 - 2017年1月14日 »