2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 納豆の作り方のこと。結構手間です。 | トップページ | 時事問題の事です。緊迫度が増してきました。 »

2017年11月18日 (土)

縄文カレンダーのH30年版ができました!

縄文カレンダーの、
H30年版(2018)が出来ました。
Karenndah30   
 
冨山さんは、
不肖の弟子だっておっしゃいますけれど、
そんなことは御座いません。
ヲシテ国学の樹立と普及に、
方向性が一緒なら、同志だと思っています。
冨山さんは、同志です。
立派な同志が、富山喜子さんです。 

          ・
 
別なことでの、ヘンな人は多くいます。
あまりにも、多くおいでになられますので、
みなさま、ご注意をなさって下さいませ。
おかしな神がかりに惑わしたり、と、
ヘンな目的の人も居ます。
古事記や日本書紀の、下に、ホツマなどヲシテ文献を押し込めようとする、
おかしな人たちも居ます。
そう言う人とは、
決然と、わたくしは、袂(たもと)を分かちます。

はじめは、ホツマ文字の本当はヲシテ文字ですが、
読み書きできない人はダメだろう。
と、区別をしていましたが、
さらには、このごろ、
ヲシテの文章を、原字でちゃんと読み書きしていても、
神がかりが目的の人が、出てきたり、
でも、
ヲシテの文章を、素心で、素直に読んでいたら、
縄文哲学の真意が解かろうはずだ、と、
わたくしの、思い込みが、
ちょっと、外れることもあるようです。

おひとさまは、それぞれで御座います。

 
また、改心して、縄文哲学のところにときたら、
古い過去は、
水に流して受け入れます。
ただそれだけの事で御座います。 
 
 
なにしろ、
わたくしの目的は、
ホツマツタヱなどヲシテ文献による、
ヲシテ国学の樹立と普及です。
『古事記』『日本書紀』の原書が、
ホツマツタヱなどヲシテ文献であるからです。 
 
 
            ・
 
 
お人さまに寄りましては、
1年でお解りになられるお方様も、おられます。
冨山喜子さんは、早かったです。
でも、
百年かかろうかと言う、そう言ったお方様も、
よく目に致して、悲しい思いで、
ございました。
このごろは、良いお方様が、多くにお出になられて、
もう、
車の運転も、息せき切っての、そんな、秒単位のサイクルからは、
スピードダウンを、させてもらえるような、
そういって、有り難い、時代にと移り変わってまいりました。
もう、
いつ、
わたくしはどうなっても、あとのお方々が、
引き継いでくださいます事です。
この、大仕事を。
ホツマツタヱなどヲシテ文献による、
ヲシテ国学の樹立です。

冨山喜子さんは、
同志のおひとりのうちです。もちろんのこと。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 納豆の作り方のこと。結構手間です。 | トップページ | 時事問題の事です。緊迫度が増してきました。 »

コメント

池田満先生

いつもありがとうございます。
おかげさまで、『縄文カレンダー』も三年目となりました!
毎年、池田先生にご紹介いただいて、
感激の誇らしさと恐縮の緊張で、言葉がありません!!!
ただただ、ありがとうございます。

縄文カレンダーを見ていると、いろいろな発見があり、
日々新鮮な気持ちをいただいています。
これからも発見のワクワクをみなさまとシェアしていきたいと思います。

今年は「伊勢志摩ホツマ」勉強会を立ち上げ、
地元のみなさんと「伊勢志摩歳時記~今・昔~」を
まとめていきたいと思っています。

ヲシテから伝わる縄文の息吹が広く響きわたりますように
日々精進してまいります。
ありがとうございます。

冨山拝

 
 
 
 
縄文カレンダーの、発想は良かったですね。
少しづつ、ヲシテ時代の草期から、中期にかけての、
高度文明が、現代に浸透してゆけます。
ヲシテ国学の基礎です。
漢字以前の、わが国の大文明は、
巨大ですので、
理解は、時間が掛かります、
ゆっくり、あせらず。
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76499/72242602

この記事へのトラックバック一覧です: 縄文カレンダーのH30年版ができました!:

« 納豆の作り方のこと。結構手間です。 | トップページ | 時事問題の事です。緊迫度が増してきました。 »