2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ケントさんの新著『ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人』と、日本文明の神髄の事。 | トップページ | 古写本の展覧です。天理参考館。『日本書紀』・『古事記』や奈良絵本など、満載です。 追記、漱石展のこと。 »

2017年8月30日 (水)

ビタミンCのこと、歯への酸蝕症の問題の回避の事。追記、夏目漱石の糖尿病対策の事。 三上山、最大の銅鐸の事。

健康関連で、
熟年ぐらいから、酵素類の活性が、どうしても落ちて来ることが、
解かってきています。
その対応で、最も有効なのが、
活性酸素からの防御に、抗酸化性の物質を、
多めに摂取しておくという事です。
代表選手が、ビタミンCです。
Yamatogawa
      <大和川にも、もう、アキ(秋)の雲が映っています。
       葛城山の山並みを望みます>
それで、
この間、2~3か月前から、
ビタミンCの、多い摂取を始めています。
Sudasii
         <ドングリ類でアクの少ないのがスダジイです>          
これを聞いた人も、
ぼちぼち初めて、とっても良く成って来たと、
その声も聴きます。
その一方で、
気になりますのが、
Simonogou
       <琵琶湖の湖東で、探訪。
       夏休みで、元気な小学生がガイドをしてくれました>
ビタミンCは、ちょこちょこと、
4時間おきぐらいに、摂取が良いとの事です。
それが、真面目にやると、
歯に対して、酸蝕症の悪影響が出やすくなります。
その過程で、回避は、わたくしはストローを使うようにしています。
この他、
やり方はいろいろあるようです。
カプセルに入れて飲むことをしている人も有るようです。
いずれにしましても、
歯の酸蝕症対策も、ビタミンC接種に関して、
お考え願います。
ちなみに、
ビタミンCの多めの摂取で、
わたくしは腕の肌が綺麗になりました。
Doutaku
   <日本最大の銅鐸です。つまり世界最大の銅鐸です。
    復元品なので、さわってもいいとの事でした。
    ちなみに、手の甲でコンコンやったら、良い音でした。
    野洲市の銅鐸博物館です>
お肌は、形成の過程からして、血管とも良く似ています。
つまり、血管も綺麗になってきているとも、
想像をしております所です。
Mikamiyama
        <右側のとんがりが三上山です。
         左のなだらかが、最大銅鐸の埋まっていた、
         大岩山です>    
約10万Kmもの、血管の隅々に、
若返りが及んでくるとしたら…。
血の巡りも良く成ります。
Mikamijinnjya2
     <御上神社の楼門では、武人が守ってくれていました。
      御上神社で主のお祭りの、
      アメミカゲさんは、アマテルカミの皇孫です。
       つまり、
       アマテルカミと西のおキサキさんの、
       ハヤアキツヒメさんのミコ(皇子)のアマツヒコネさんの、
        そのお子様であらせられます>
 
カナサキさんの、「これ み の うちの めくりよく」と、同意義です。
Yamahi
『ホツマツタヱ』の1アヤ6ページにあります。
よく、
通じる事で御座います。
みなさま、それでも、歯の酸蝕症にはご注意のほどを。
 
         ・       ・
 
追記
「糖質制限食」関連です。
夏目漱石が「厳重食」のやり方の恩恵を受けていたそうです。
「厳重食」とは、現在の「糖質制限食」とそっくりだったのです!
これ程もの、近々の事柄でも、
もう、忘却の彼方だったとは!  と、
思わず空を見上げるばかりでした。
なお、
現代の「糖質制限食」の開祖の釜池豊秋先生の、
『糖尿病の新常識 糖質ゼロの食事術』(実業之日本社)
を、再読していましたら、
原理から、志から、編み出されてこられた動機から、
思うところ、共感深く感じました。
でも、予防的な方法には、
「なんちゃって糖質制限」程度の食事方法が、より有効であると、
わたくしは考えています。
糖尿病になる以前に、
予防的対策として、
「糖質制限食」は、とても有効で、
糖尿病の合併症を生涯に於いて防ぐことが出来ます。
糖尿病の合併症からは、失明にもなります。
また、膨大な医療費の削減にもなります。
透析の費用だけでも、莫大です。
老化は、どうしても避けられないものですが、
スローエイジングは、人生にとってしあわせでありましょう。
それが、
得られるかどうか?
解かるかどうか?
です。
百歳で、ぴんぴんしていて、
日本中を旅行している未来を想像してみて下さい。


 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

« ケントさんの新著『ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人』と、日本文明の神髄の事。 | トップページ | 古写本の展覧です。天理参考館。『日本書紀』・『古事記』や奈良絵本など、満載です。 追記、漱石展のこと。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76499/71563212

この記事へのトラックバック一覧です: ビタミンCのこと、歯への酸蝕症の問題の回避の事。追記、夏目漱石の糖尿病対策の事。 三上山、最大の銅鐸の事。:

« ケントさんの新著『ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人』と、日本文明の神髄の事。 | トップページ | 古写本の展覧です。天理参考館。『日本書紀』・『古事記』や奈良絵本など、満載です。 追記、漱石展のこと。 »