2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« イルカさんの新曲「惑星日誌」のこと。 | トップページ | 青山繁晴さん『危機にこそ ぼくらは甦る』新著!  さらに、『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」からの視点の事。 »

2017年8月 2日 (水)

『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」の、 池田読み(池田方式、池田満式読み方)のこと。

『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」の、
池田読み(池田方式、池田 満 方式 読み方)のこと。
池田満・メソッドとも、呼んでもらえると良いかとも思います。
詳しいやり方は、
基本書籍の『定本ホツマツタヱ』、『記紀原書ヲシテ』、『新訂ミカサフミ・フトマニ』、『よみがえる縄文時代イサナギ・イサナミのこころ』。
基礎参考書籍の『ホツマ辞典』を
参考にしてもらうと良いです。
ともに、展望社からの刊行です。

             ・
ひとつ、
『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」は、原字原文に限る。
(現代文に直訳すると、江戸時代以降の雰囲気の文書になる。
これが、直訳偽書の「秀真伝」の主たる原因。)
 
ふたつ、
『古事記』よりも『日本書紀』、
さらにその上位に『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」が位置する。
(12代景行天皇の56年よりも以前について言える。
わが国の歴史の基礎資料を、ヲシテ文献に変更すべきである。)
 
みっつ、
初代クニトコタチによる、「トのヲシヱ」建国
(時代は、考古学でいうと、少なくとも縄文時代前期中葉には遡及できる。
国家形態として、初めから、立憲君主国家としての建国。) 
 
 
 
また、
『ホツマツタヱを読み解く』、『縄文人のこころを旅する』、『縄文日本のたから』、『ホツマで読むヤマトタケ物語』は、参考になると思います。ともに、展望社からの刊行です。
さらに また、
『よみがえる日本語』正編と、『よみがえる日本語Ⅱ』共に明治書院から刊行です。は、国語の基礎の立て直しに不可欠の書籍です。
 
 
読んでもらいましたら、お解りのように、
オカルト臭には、一切の染まりを持ちません。わたくしのサイトでは。
オカルトがらみにやって来る人は、
池田満・メソッドとは大きく違います。
みなさま、
たぶらかされないよう、お願い申し上げます。
見た目に解かりにくいネコをかぶってきたりします、
おれおれ詐欺に引っ掛からないようにお願い申し上げます。 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 

« イルカさんの新曲「惑星日誌」のこと。 | トップページ | 青山繁晴さん『危機にこそ ぼくらは甦る』新著!  さらに、『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」からの視点の事。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76499/71307964

この記事へのトラックバック一覧です: 『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」の、 池田読み(池田方式、池田満式読み方)のこと。:

« イルカさんの新曲「惑星日誌」のこと。 | トップページ | 青山繁晴さん『危機にこそ ぼくらは甦る』新著!  さらに、『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」からの視点の事。 »