2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」の、 池田読み(池田方式、池田満式読み方)のこと。 | トップページ | お医者様でも、お悩みの対策の事。ヲシテの専門家の事。 »

2017年8月 4日 (金)

青山繁晴さん『危機にこそ ぼくらは甦る』新著!  さらに、『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」からの視点の事。

青山繁晴さんは、国会でも大活躍です。
新著の、発刊です。
Aoyamasann1  
さすが、鋭いです。
2ページだけ紹介させて頂きます。
Aoyamasann2
 
Aoyamasann3
 
分厚い新書版なので、
スキャンが、うまくゆきかねました。
是非お買い求めください。
                     ・
なお、なお、
わたくしの視点からは、
わが国の建国の根拠について、
縄文建国を追記することになります。
わが国の独自の文化・文明の根拠・根底に、
新発見の『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」の、
根本の書籍の発見・研究からの、
超弩級の書き加えです。
この、「ヲシテ国学」の新視点からの書き加えは、
おそらくは、
ざらっとやっただけで、
数倍の、分量の追記が必要にはなりましょう。
また、
憲法論議に於いては、
縄文建国の事実が、
立憲君主制の政治形態を伴っていましたから、
必然的に、根本的な書き直しもおきます。

 
とは申しましても、
『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」の出現以前の、
従来常識からしましたら、青山繁晴さんの思いは、
最も妥当な認識判断であると考えます。
 
で、
その認識の上に、
わたくし達、『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」を、
真に理解し得る立場にあるからこそ、
そこに、追加の考え方を書き加えること、にと。
ここに思いが至るわけです。
そこに、
わが国の本当の高貴が、光輝が光り、
やっと、
向後の一万年の展開の基が据えれるのです。  
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 

« 『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」の、 池田読み(池田方式、池田満式読み方)のこと。 | トップページ | お医者様でも、お悩みの対策の事。ヲシテの専門家の事。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76499/71326960

この記事へのトラックバック一覧です: 青山繁晴さん『危機にこそ ぼくらは甦る』新著!  さらに、『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」からの視点の事。:

« 『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」の、 池田読み(池田方式、池田満式読み方)のこと。 | トップページ | お医者様でも、お悩みの対策の事。ヲシテの専門家の事。 »