2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大きな時代潮流のこと。 わが国尊重派と、貶めて乗っ取り派の、両者の鬩ぎ合いのこと。 | トップページ | 石平さんの『朝鮮半島はなぜいつも地獄が繰り返されるのか』が、 解かり良いです。   追記、 「笑われもの」に敬語的な付加のこと。 »

2017年6月24日 (土)

「帝紀」「旧辞」と、『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」との関係のこと。

「帝紀」あるいは「旧辞」、
「帝皇日継」あるいは、「先代旧辞」の事などは、
『古事記』『日本書紀』などの元になったのです。
Yuri
            <ヤマユリとクロモジです>

『古事記』の序文などにも詳しく記されています。
Kojiki1
 
      <小学館、古典文学全集 『古事記』から引用させて貰いました> 
 
Kojiki2
 
今は、「帝紀」や「旧辞」などは、失われていて不明となっています。
さて、
ここ、50年前に『ホツマ ツタヱ』などヲシテ文献が発見・現代研究が開始されました。
その関連の事に付いて説明しておきたいと思いました。
                 ・
そこで注目するのが、『日本書紀』の神代の巻の、
「一書に曰く」の数多くの記事の列記です。
それは、実に、10の一書にも有ったり、
羅列が多いです。
Issyo
        ここの個所も、『古事記』は翻訳削除でした。
      良くあることです。
      そもそも『古事記』は、3巻だけ。
      『日本書紀』は30巻、ですから、
      全体の分量が違います。
      私本的な『古事記』と、公本的な『日本書紀』との、
      編集上の違いがここに有ります。
Oogahasu
          <大賀ハスのツボミが出ていました>
 
『日本書紀』は、編集する前に集めた、各旧家の記録を、
出来るだけ忠実に列記しています。
18氏からの、資料を提出させる記事です。
Syoki
          <岩波書店、日本古典文学大系『日本書紀』、
        持統天皇の5年8月の条です。>

つまり、『日本書紀』の記述の内容は、
編集時に集められた諸記録の姿に近いわけです。
これは、すなわち、「帝紀」あるいは「旧辞」、
「帝皇日継」あるいは、「先代旧辞」などなどの古記録の当時の姿であるわけです。
 
さて?
先程にも、掲げましたように『古事記』には、
「旧辞の誤りたがえるを惜しみ、先紀の謬(あやま)りを正さん」と、
大きな編集の目的がありました。
つまり、『古事記』は編集者が、元の原資料に、
大きく手を入れたことが解かります。
で? それは、正したのか?
恣意的な変更を行ったのか?
後世には意見の分かれるところです。
わたくしは、後者の「恣意的な改竄」と判断します。
            ・
何はともあれ、
『古事記』『日本書紀』には、原資料として、
「帝紀」あるいは「旧辞」、
「帝皇日継」あるいは、「先代旧辞」などなどが有った事は、
ご理解頂けましたでしょう。
そして、
『日本書紀』は、
原資料を忠実に羅列して列記する編集スタイルでした。
この事、良く考えますと、
『日本書紀』の編集時に集まった原資料は、
既に漢字文に翻訳されていた事。
もう、はっきりしています。
ヲシテ文字で書かれていたものが有れば、
また別の言い表す表現も出て来ていたはずだからです。
という事は、
既に早い段階で、
つまり、ヲシテ時代の12代景行天皇さんの終焉のころ、
その後の、近い時間の時期のうちに、
漢字文にと翻訳(もちろん、直訳レベルです。残念なことに。)
されていたと推定されます。
こういう考察を踏まえると、
『古事記』『日本書紀』のまえの、
「帝紀」あるいは「旧辞」、
「帝皇日継」あるいは、「先代旧辞」の事。
さらのその前の、
『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」と言う前後関係の事が、
お解り頂けると思います。
詳しくは、
などをご覧ください。
 
つまり、
 
1、『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」
          ⇓
2、「帝紀」や「旧辞」などなど
          ⇓
3、『古事記』『日本書紀』など
 
          ・
の時代の経緯の変遷です。
最も初期のころの『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」の、
発見と現代研究は、すごいものであるとお解りで御座いましょう。
結局は、
高度な「縄文文明」を、
直訳するから、おかしくなっていたのが、
もう、
漢字の国字化時代の初期に始まっていたのです。
これから、正さなくてはなりません。
現代に!! 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 大きな時代潮流のこと。 わが国尊重派と、貶めて乗っ取り派の、両者の鬩ぎ合いのこと。 | トップページ | 石平さんの『朝鮮半島はなぜいつも地獄が繰り返されるのか』が、 解かり良いです。   追記、 「笑われもの」に敬語的な付加のこと。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76499/70951441

この記事へのトラックバック一覧です: 「帝紀」「旧辞」と、『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」との関係のこと。:

« 大きな時代潮流のこと。 わが国尊重派と、貶めて乗っ取り派の、両者の鬩ぎ合いのこと。 | トップページ | 石平さんの『朝鮮半島はなぜいつも地獄が繰り返されるのか』が、 解かり良いです。   追記、 「笑われもの」に敬語的な付加のこと。 »