2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 時代の流れ、面塚、広瀬神社など。ヲシテを取り戻すことの重要性。 | トップページ | 『ホツマツタヱ発見物語』(松本善之助著、池田満編、展望社)が良く出ているとの事です。  アーリントン墓地での献花の事。 »

2017年2月 2日 (木)

インパクト小天体の事。『縄文日本のたから』をお勧めします。  『米中開戦』渡邉哲也さん。

杞憂と言う言葉が有りますが、
つい最近も、地球のそばを小天体が通りました。
Kinboutentai1  
          http://www.spaceweather.com/
幸い、激突はありませんでした。
でも、0.1ルナ・ディスタンス(地球と月との距離が1)
までのすり抜けみたいな接近でした。
Kinboutentai3  
また、発見されたのは、一日前の事でした。
 
Yuki1
雪の日には、さらに、地球近傍天体の発見なども難しいですね。
激突したら、ツングースカ惨事のようになります。
小天体の硬いか軽いかの、構成物質の成分によっても、
被害程度は大きく変化が生じますが、
直系8mの大きさの激突も、かなりでありましょう。
軽い方が、上空で大爆発したりして、惨状がひどくなるのかも?
まだまだ、我々人類の能力は、
自信を深めるまでには至っていないのも事実です。
Yuki  
クライモモ(鞍居桃)の枝にも雪でした。
 
そんな事で、杞憂を憂いても仕方が有りません。
それで、納豆作りです。
地道に、出来得ることに精一杯です。
主食は、自作の納豆に2年前からやっています。
Nattou
やっとあみ出した温泉かけ流し製法で、頂き物の「青大豆」と「クロマメ」入りです。
今回も、美味しくなりましょうか?
楽しみです。
製造を重ねるごとに、徐々に進化をしてきています。
なんでも、工夫が一番で御座います。
平安時代の国語の大坪併治先生に、そのお元気のご長寿の秘密を伝授させて戴きました成果も大きいことで御座います。
              ・  
このごろ、
冷やかし的な問い合わせもちょこちょこあります。
と、申しますのも、問い合わせにお答えしても、
そのあとの反応が無い場合が多いのです。
それで冷やかし的と、申します所以ですが、
敷居が高いのも事実です。
そこで、一般的にと、ここで、ご案内したいと思いました。
このうち、特に、
をお読みください。朗読CDも付けていますので、
1アヤ2アヤの、『ミカサ』『ホツマ』の、
都合4アヤを暗唱して貰いましたら、
大体のところがつかめると思います。
そのあと、どう進んでゆくのか?
もう、入門は果たせていますので、
ご自身の判断でお進め下さいますと、
よろしいかと存じます。
ネットでは、
臨場感はお伝えできても、
ちょっとまとまった、内容につきましては、
どうしても、伝えたいこと・聞きたいことに、やっぱり齟齬が生じやすいようです。
ちょっとお手間ですが、
書籍を、ご覧願いたいと思います。
 
 
ムメ(梅)の咲き始めです。
私の著作を2~3冊も読んで頂いても、
納得がなかなか、と言う事でしたら、また、ご連絡をお待ち致しております。
書籍は、相当なる時間と経費を掛けて開版したもので御座います。
一冊の書籍には、それだけの、思いも費用も掛けて御座います。
まず初めには、
をお読み願います。 お読み頂いてから、
ご連絡を貰ったものとばかり、
思い間違いしていたのが、わたくしだったのかも知れませんですね。
Mume 
初めにの、
は、必須の入門書であるかとも、思ったりもしております。
             ・
最近に、こちら茅屋に、到着しました本で、
『米中開戦 躍進する日本』(渡邉哲也、徳間書店)
世界のこれからの動きは、このアラスジになりましょうね。
Img031
世の潮流には、大きな流れが出来たら、
とどめることが難しいものが有ります。
それを知って、
どう対応するか?
これも、
「なかれき」と「およくき」の現代版のことになります。
つまりは、
旧守派は、守墨的の守りの一辺倒になって、
取り残されてゆきます。カーボンは何千年と残ります。
未来をどうやってゆくかでしょうね?
本当のこれからのテーマは!!
大きな潮流には、そこに、乗っかるような器量が必要です。
これ程に、
世界の秩序が乱れて来ましたからには、
ステージが変わって来ますのですね、
この大きな変化の事で御座います。
やっぱり、
お気付き願いたいと私は思います。
 
どうしても、
整合性と安定と秩序維持の方が、
喫緊のより大テーマになります。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 時代の流れ、面塚、広瀬神社など。ヲシテを取り戻すことの重要性。 | トップページ | 『ホツマツタヱ発見物語』(松本善之助著、池田満編、展望社)が良く出ているとの事です。  アーリントン墓地での献花の事。 »

コメント

アワウタから興味を持ち、ホツマツタエを読み解く、を拝読いたしました。感動いたしました。ありがとうございます。

 
 
 
それは有り難うございます。
『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」は、すごいもので御座います。
機会が有りましたら、ヲシテの原文にも触れてみてもらえますと、
本当の我が国の真実が解かってまいります。

ありがとうございます。さまざまなサイトがあり、ロマンが膨らんで楽しいですが、もっともときめくのは原文の文字と読み仮名を見ている時です(^^)池田先生のYouTubeも順番に視聴しております。

 
 

『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」の世界は、
ビックリするほど広大です。かつまた哲学的にも深遠さも 、
ド外れて巨大です。
わたくしたちの祖国の偉大さを、
本当に実感します。
わたくしのひらいて来たミチは、試行錯誤でしたので、
時間が多くかかりましたが、
たどってもらうと、かなり早く、ご理解頂けると思います。

はるな、は間違いましたm(_ _)m
私はまだ子供が小さく、子育てについて考えさせられます。男女差の「カミヒトツ」の表現を見た時、親と子もカミヒトツであり固有のタマシヰ同士なのだと思うと、この子はどんなタマシヰなのかな?と考えるようになりました。誰に対してもそんな見方をしたら素敵だと思いました。

 
 
人生何でも間違いだらけです。
この頃やっと、わたくしは間違いが少なくなって来ました。
そうしましたら、巡り会わせのその循環が、良くなって来ました。
前は、運が悪いのだと、思ったりもしていましたが、
今は、何か不思議とウンが良いのです。
これは、自分自身の心に間違いが少なくなってきたからだ、
と、気が付きました。
『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」のおかげです。
こわいぐらいに、ウンが良いと、この頃、女房と、話したりしています。

そうなのですか!
私がホツマツタヱの池田先生の書を手に取った理由は、ひょんなことから、「やっぱり開運だな!」と思い、私は歌が好きなので、ことだまについて考え始め、私がボイストレーニングで活用しているアワウタが気になったことがきっかけでした。丁寧に御回答くださりありがとうございます。YouTubeや書籍など、また感想などさせていただきます(^^)

たびたびすみません。わたくしも、「心の間違い」を正していくことを望んでおります。
ありがとうございました(^^)

 
 
昨日も、久しぶりに行った近所のダンスのパーティーで、
また、久しぶりに顔を合わせた上手な人から「着替えて来るから、よろしくね~~」と、
言われて、着替えのあと、目くばせしてくれていたのでしょうね。
こちらが 、目が疎いので、遠いと良く解からないでいたら、
あとで、ご機嫌斜めで言われちゃいました。
「あの時踊ってくれなかった! 」と。
それで、ミニ・デモに2曲踊って貰って、ご機嫌回復できました。
思いはあっても、実現できない場合も、諸事情いろいろ御座います。
まず、ひとつづつ、 ひとつづつ です。

お見通しでいらっしゃいます。
はい。ひとつずつですね。肝に銘じます。
ダンスもされるのですね。
さきほどチャンネル登録をさせていただきました。

 
 
ユーチューブ有り難うございます。
また、新しい動画をUPしなくては、 と、
思いつつ、あれこれと忙しくしておりまして…。
 
ダンスは、元気で100歳越えを当面の目標としていますので、
足腰の鍛えの事・体力維持が必然であることと、文章力のUPを、
ねらっています。
と、かたく言いますのは、ザックリ言いまして建て前の理由です。
やっぱり、楽しいからですね。
ダンスは、やっぱり、たのしいのです。
上手でない人と踊って、肩が重い・腕が痛くなった! と、言いつつも、 上級者の多く集まるところは避けてもいたりします。最上級の人が多いと、また、楽しいのですが… 。
それでですが、この間は、ぶら下がりの人が多くて、
翌朝に、どうして?脇腹まで痛いのか?
のような事態もありました。(みんながみんな、左手にぶら下がるので、肩だけじゃなくて、左の脇腹の筋肉まで、緊張で使い過ぎたのですね)
でも、それやあれやでも、。
音楽に合わせて踊るのは、やっぱり楽しいのです。
そして、
また別の意味での発見もあるのです!
どういうようにリード(案内・導入)すると、初めての人にも、
楽しいと思ってもらえるのか?
どう言ったら、伝えたいことを理解してもらえるか?
の、伝達方法のやり方を勉強に成ったりも、多く、あります。

わたくしの場合は、
上手な人だけのダンスじゃないのは、それは、勿論なのです。
でも、スイスイと、リズムに、なお上にはメロディーに、
曲想にと、どう? 上手く表現できると、
それは、スト――んときますですね。

いろいろな場合も状況もあります。
ひとつひとつ、どう理解して、
そこに、
どのように対応してゆくか?
それが、
当たり前の対応です。

そもそもが、絵に描いた餅の様な事は、
まずもって、現実には、遭遇した試しが、
わたくしには有りませんでした。 
何でも、
でも、何ですが、
大変な、不確定の事は、あまたに多いです。

大宇宙の巡りのうちにと、
そこの不思議にと、 
楽しむことに結び付けると上手くゆきます。
「あ! こんなことが解かった!」とか、
楽しむ発見に思うと、愉快になります。
ミチの学びをストイックに考えたらいやになりますが、
笑いながら、「これが、やっとわかった!」とか思うと、楽しいです。

何事も、長年やってこられた方は、そうおっしゃいますね。はじめから正解はない、とか、少しずつ、間違えたら修正しながら、と。そして、続けることですね。楽しいとやめないのでしょう。ありがとうございます。そんな取り組み方が理想です。

 
 
池田先生、いつもありがとうございます♪
『ホツマ縄文日本のたから』は入門に最適な書籍ですよね!
何しろヲシテ文献は、ボリュームがとてつもなく大きいので、入門の方が最初に何から掴めば良いのか?文字も分からなければ、何の事を言っているのか?また行き着く方向はどちらなのか?途方もないことだと思うのです。
それを読み易く優しい文体で、ホツマツタヱの骨格、そして登場人物などを物語として掴み易くしてくれている良書だと思うのです。
後に原文でその箇所を読んで行った時にまた感動があります。
多くの方にこの『ホツマ縄文日本のたから』をお勧めしておりますと共に、
私も授業で教科書は『記紀原書ヲシテ』ですが、副読本として度々使わせていただいております( ´ ▽ ` )ノ



有り難うございます。
『ホツマ縄文日本のたから』ご評価のこと、
有り難うございます。
 
今日の日経新聞に、本居宣長のご子孫で、
カラス何故鳴くの? の「七つの子」の作詞家だった、
本居長世さんの記事が出ていました。
「死んでから、人々に好まれる歌だろう」と、生前に本居長世は、
常に言っていたそうです。
自分のななつの幼子のため、
就職活動に出る際の心情を、
カラスの気持ちにたとえた歌詞だそうです。
それで、その苦労が、今も私たちの心を打つのでしょうね。
他人に共感を得るのは、苦労が必要です。
 
『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」が、
わたくしの生きているうちに、世に出て来るとは、
まず、思いもよらなかったことです。
 
折角苦労してわかった事を、文字に、書籍に刻んでおくことだけを、
思っての事で御座いました。その思いで、作ってきていた書籍です。
死んじゃったら、折角の発見も、水の泡ですから…。

べべさんたちの活躍で、
やっと、活きて来ました。
これは、存外に思いの外の事態なのでした!!
 
まだまだ、『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」の研究は、
多くが未開拓のままです。
今日も、夜中の2時から、ヲシテ時代の国語の分析作業をしておりました。コツコツの作業は、目も疲れます。
さすが、だいぶくたびれました。

猫背になりそうなのを、防止するには、
健康維持に、ダンスは最適です。
月末には、
例の四日市のホールで、
「How little we know」の曲に合わせて、
スロー・フォックス・トロットでデモンストレーションの予定です。
表現力に磨きを掛けると、文章力もUP! と、目論んでいます。まだまだ、進化形をねらっています。 
髪の毛も、生えて来ましたし!
 
本当に、我が国の事、「How little we know」なんですよね。
何とかしなくっちゃならないとは、
思うばかりで、
解明も、まだまだ、やらなくっちゃならない事柄が、
多いです。
その、チクチクする不安定感、
でも、その先には、とてつもなく大きな精華が、
開いている事は、わたくしには見えるのですね。
それで、祖国愛の心も意図しての「lover to lover」です。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76499/69454432

この記事へのトラックバック一覧です: インパクト小天体の事。『縄文日本のたから』をお勧めします。  『米中開戦』渡邉哲也さん。:

« 時代の流れ、面塚、広瀬神社など。ヲシテを取り戻すことの重要性。 | トップページ | 『ホツマツタヱ発見物語』(松本善之助著、池田満編、展望社)が良く出ているとの事です。  アーリントン墓地での献花の事。 »