2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「サミタレ ヨソカ」の事、気候の寒冷化にも? | トップページ | 奈良の、シカとカモの事。  ダバオの温かさも。 「珠光茶会」のこと。 »

2017年1月14日 (土)

武田邦彦先生のお話。 新年早々からの新発見・新解釈の事。

武田邦彦先生の
興味深い話が、ある、
と、あるお方がお知らせくださいました。

―引用します―
虎ノ門サイエンス「日本のルーツ」として
武田邦彦先生の解説による
興味深いお話がありました。

(1:17:55あたり)

気温の研究、Y染色体の遺伝子DNAなどから、
日本人は大陸から来たのではなく寒冷化で南回りで来たとのこと。
縄文時代には朝鮮半島に人はおらず、南朝鮮に日本人が住んでいた。
日本の文明(稲作等)が大陸に伝わった。

etc.

なかなか面白いです。
(1:17:55あたり)まで、飛ばして見ると良いです。
わたくしは、該当箇所だけ見ました。
 
 
               ・
 
今年は年初から、小池さんの新解釈の発見が有って、
「ニの精神」がもっと大きく諸事情に敷衍していたと考えて良さそうだ。 
と、いう事でした。
そこに、平岡憲人さんがさらに広範囲な意味での「ナカレキ」「オヨクキ」の考え方の敷衍を提唱なさいました。
 
それやこれやから派生しまして、「ナヘ・カマ(鍋・釜)」のヲシテ時代では? どうだったのか?
や、
『ホツマ ツタヱ』13アヤの、オキツヒコが悪かったのか? 妻の方が悪かったのか? の疑問に焦点も移ってきて、議論百出でした。
このあたりは、「あいまいにと、あえてボヤーッと記述したのではあるまいか?」 
の、解釈が出て来ました。
 
さてまた、
『ホツマ ツタヱ』8アヤなどの「ハタレ」に付いての解明にも、
長足の発展が有りました。
わたくしの提起しました新解釈説に、合田さんからまた、新解釈が生まれ、
また、私もそこから、また新たな解明を引き出すのが往復するといった状況で、
新年早々、まだ、半月も経っていないのに、
従来なら半年分の成果が上がっております。
もう少し纏まってくれば、
お知らせもしたいところです。
あまりにも、ハイペースで御座います。
これも、
「糖質制限」のおかげだと、
それが、雪の日の「湯たんぽ事件」が原因だったのですから、
何が幸いするか? と、女房ともども大笑いの、お正月で御座いました。
「湯たんぽ事件」は、女房が女学生時代の友達からのプレゼントで、
何を思ったのか? したことない私の世話を焼いてくれて、
酔っぱらって熟睡中に「湯たんぽ」で、
低温やけどの500円玉ほどが出来たのが切っ掛けでした。
それで夏井睦先生をネットで知り、そこから「糖質制限」も知りました。
 
                ・
 
年末は、訂正テープ貼りに追われまして、
年初は、ビックリ、ハイペースの新発見の日々でした。
一昨日は、『定本ホツマツタヱ』の訂正テープ貼りをやっておりました。
もう、そろそろ、『定本ホツマツタヱ』の増し刷りの準備にも、掛からねばなりません。
そのような、諸事忙中のことから、年賀状も返信ばかりに追われておりました。
 
みなさま、本年のご多幸をお祈りいたします。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 

 

« 「サミタレ ヨソカ」の事、気候の寒冷化にも? | トップページ | 奈良の、シカとカモの事。  ダバオの温かさも。 「珠光茶会」のこと。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76499/69237094

この記事へのトラックバック一覧です: 武田邦彦先生のお話。 新年早々からの新発見・新解釈の事。:

« 「サミタレ ヨソカ」の事、気候の寒冷化にも? | トップページ | 奈良の、シカとカモの事。  ダバオの温かさも。 「珠光茶会」のこと。 »