2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« やっと、漢字直訳からの脱皮が、40年ぶりに…  やっとで御座います。  旧版の『ミカサフミ・フトマニ』のこと。 | トップページ | インパクト小天体の事。『縄文日本のたから』をお勧めします。  『米中開戦』渡邉哲也さん。 »

2017年1月30日 (月)

時代の流れ、面塚、広瀬神社など。ヲシテを取り戻すことの重要性。

トランプ新大統領の選出で、

米国も、世界も大きく変わります。時代の流れを、

招いてきた原動力は我が国の近隣諸国かも知れません。

この激動期、安倍首相が復活していて良かったと思います。

広瀬神社に詣でましたら、日露戦争時代の遺品が展示されていました。

Hirosejinjya5

ロシア製の大砲と、砲弾です。

Hirosejinjya4

そうそう、わたくしの母方の義理の祖父も日露戦役に従軍したと、

言っていました。そして、一粒種だった長男が、フィリピン沖で戦死でした。

その、数奇な成り行きで、母は再婚し、わたくしが産まれたので御座いました。

不思議も不思議、世界は、摩訶不思議で御座います。

時代は移り変わって、サイバー戦争にも世の中変化してきています。

Hirosejinnjya3

広瀬神社の「タチハナ」は旧正月になっても実が綺麗に色付いていました。

筑波山の「ふくれみかん」は11月が最盛期ですけれど、

「タチハナ」にも、いろいろ個性が有るようです。

全国的にも、網羅的に調べたいですね。

明治以降の図鑑類は、我が国の固有種を尊ぶ意識が無かったためか、 

詳細さに明晰でありません。

広瀬神社の入り口大鳥居は大きいです。

Hirosejinnjya1

中の大鳥居には、地元の河合町のマスコットがお出迎えしていました。

Hirosejinnjya2

頭に乗っけているのは「ウシ(牛)」のお面だそうです。

              ・

Manduka3  

「面塚」は、観世流のお能の、発祥地のひとつで公園になっています。

Menduka4

室町時代に猿楽からの別れで、ひとつの芸術の域に高めて、

室町将軍から手厚い庇護を得て隆盛を獲得していったのです。

Menduka2

ヲシテの国学は、事業規模がさらに大きいのですから、

どう組み立ててゆくか? 悩みは尽きません。

Menduka1

       <面塚のところ、大和川の支流の寺川です。

        大きなアシが昔もたくさん生えていたのでしょうね。

        西の隣の支流が飛鳥川です> 

            ・

Simanoyama1

島の山古墳のお堀で、カモが飛び立ちました。

どなたが埋葬されたお墓であるのか? 

こんなにも大きい古墳なのに、伝えが失われてしまっているのは、

「千と千尋」のような、ヲシテの忘却こそが、

根本の問題だったと私は思うので御座います。

女房も、毎日欠かさずヲシテの原文を2行づつ、

書き写しています。

これが、「千と千尋」からの、本当への回帰です。 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

« やっと、漢字直訳からの脱皮が、40年ぶりに…  やっとで御座います。  旧版の『ミカサフミ・フトマニ』のこと。 | トップページ | インパクト小天体の事。『縄文日本のたから』をお勧めします。  『米中開戦』渡邉哲也さん。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76499/69420531

この記事へのトラックバック一覧です: 時代の流れ、面塚、広瀬神社など。ヲシテを取り戻すことの重要性。:

« やっと、漢字直訳からの脱皮が、40年ぶりに…  やっとで御座います。  旧版の『ミカサフミ・フトマニ』のこと。 | トップページ | インパクト小天体の事。『縄文日本のたから』をお勧めします。  『米中開戦』渡邉哲也さん。 »