2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年2月14日 - 2016年2月20日 | トップページ | 2016年3月6日 - 2016年3月12日 »

2016年3月 1日 (火)

「縄文 カレンダー」が出来ました! 素敵なカレンダーに仕上がりました!

志摩市の富山喜子(よしこ)さんが、
「縄文 カレンダー」を作って下さいました。
良い出来に仕上がっています。
Jyoumonn1
                     <ブログの設定で1メガの画像が限度ですので、
              スキャンでは、明瞭さが出ません。
              実物は、素敵な印刷に仕上がっています>
 
ヲシテ時代の中期ごろまでに精緻に整っていた、
我が国の本来の季節感。
とても精緻なので、現代人の私たちには、
言うのもなんですが、理解が、ちょっとむつかしいほどです。
そこを、富山喜子さんは、持っての感性で上手く表現して下さいました。
本筋を、立てつつ、現代にもマッチして解かり易いのが特徴です。
Hinamaturi
たとえば、今日の3月2日は、下弦(シモのユミハリ)でして、旧暦のムツキの24日にあたります。
明日の雛祭りの新暦の3月3日は、左側のオレンジの色表示の新暦の行事に相当します。
右側の説明が、ヲシテ時代風の本来の我が国風のコヨミのお祭りの事項です。
ちなみに、今年の、本来の季節感の「ヒナマツリ」は、西暦の暦の4月9日です。
おそらく、その頃に、ウチの鞍居桃も咲く事でしょう。
 
印刷の用紙も、「竹紙」でしっとりとした風合いです。パンチングして、壁にかけても良しです。裏表紙には、パンチングの印も付けてくださってます。また、見開きの2ページ分を広げて、クリップで挟んでぶら下げても良しです。
Jituyou_2
 
トヨケカミの御述べになられた文章を主にして、その自然観を、現代に解り易いです。トヨケカミは、アマテルカミの、「アメのミチ」のお師匠さんですから、とっても貴い教えが、この「縄文カレンダー」(A4版、18ページ)で良く解ります。
Jyoumon2
頒価は1000円程度と聞いています。くわしくは、富山喜子さんへお問い合わせください。
 リンク→ 富山喜子さんブログ  メール
富山喜子さんが、志摩市に移住なさってこられた切っ掛けは、5年前の大震災によるのだと、お聞きしました。それが、「ホツマツタヱ」などヲシテ文献に触れる初めての端緒。これも、不思議なことです! 大震災からの、生まれた端緒だったのだそうです。
人生、何がどうなってゆく巡り合わせが、何処で生まれるのか、不思議なことが多いです。
わたくしが、「ホツマツタヱ」などヲシテ文献を知ったきっかけは、古本屋の、安い落丁本の端本でした。摩訶不思議なことは、本当に多いです。
「縄文カレンダー」の制作で、
特に、難しかったのが、
色の表現です。
ハル(春)の色合いは、シロ(白色)であるのは、「ホツマツタヱ」などヲシテ文献では常識です。ですが、印刷物に刷ろうとしますと、「白色」の文字は、解り易く印刷することが出来ません。そこで、どうするか? 上手な白抜き文字を駆使して、「白色」のヲシテ文字にと表現をしてくださいました。
Jyoumon3
各季節の解説文は、ヲシテの原文も引用したうえで、現代人の私たちが見て読んでフィットする感覚です。感性の力と言いましょうか? とても、立派だと思います。
 
 
プリンターの、印刷が、
時間が掛かっていたりして、間がありました。 3~400枚のボリウムになりますと、インクも切れたり、ほっとくわけにもゆきません。
 
季節の、写真を掲げます。
Kuromoji1
                <クロモジの新芽です>
 
Kuromoji2
           <クロモジがほころび始めています>
 
Hikakekatura
                 <ユキのヒカゲカツラです、
                  とっても元気です>
今は、「ヒ」の季節です。
全体が4本の内、2本のあたたかい力が立ってきた季節です。
ですから、雪が降っても、すぐに、溶けてきます。
温かな季節は、もうすぐそこに、来つつあります。
どうして?  2本の温かい力なのか?
富山喜子さんの「縄文 カレンダー」を見ますと、
よくよく、解かり易いです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2016年2月14日 - 2016年2月20日 | トップページ | 2016年3月6日 - 2016年3月12日 »