2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年1月24日 - 2016年1月30日 | トップページ | 2016年2月7日 - 2016年2月13日 »

2016年1月31日 (日)

「ヲシテ国学」は、松本善之助先生のご意志の「新々国学」からの発展形の事。 『ミカサフミ』を説いてゆきます。  追記、今日は旧暦の「おおつごもり」です。

松本善之助先生は、ホツマツタヱなどヲシテ文献の発見から程なくして、
「新々国学」の提唱をなさっておられました。
昭和49年(1974)の9月の「月刊ほつま」誌です。Sinnsinnkokugaku1_2
Sinnsinnkokugaku2_2
一番のこころざしの原点は、「国学」のヲシテ文献による再構築です。
松本善之助先生は、昭和41年(1966)の『ホツマツタヱ』3アヤ分の発見以降でも
早い時期に、 「新々国学」の着想を得ておられたと想像されます。
 
「新々国学」
この提唱に、わたくしは、強い感化を受けました。
そして、ご意志を継いでゆく事になったわけです。
 
数年前から、「新々国学」の発展形の表現として「ヲシテ国学」の提唱をしております。
 
『古事記』『日本書紀』の漢字文への翻訳前の原書がヲシテ文献として立派に発見されました。すなわち、我が「国学」の再構築が出来るようになったわけです。
この正道を進めてゆくことは、真面目な取り組みです。
 
            ・           ・
 
この頃、ちょくちょく見直してます。
ここには、漢字仮名混じり文への直訳文を、さも翻訳文の扱いで多用していました。
ここは、大きな問題点でした。
今に至る禍根を残す事でした。なぜならば、漢字仮名交じり直訳文は、ヲシテ文献の直訳で、これを見たら、江戸時代ごろの創作の文章だという事になってしまいます。それでは、折角の本物に泥を塗ってしまう事です。抵抗勢力に、「偽書」扱いさせる余地を見す見す与える結果となってしまいました。
この後に、
松本善之助先生が、「ルビ無しの本を作るように」と、厳命なさっておられたのは、
歩んでゆく路筋に付いて、疑問を感じられてのことだったでしょう。
 
つまり、
啓蒙を急ぐあまりに、直訳文に頼って理解促進を図り過ぎたばかりに、
解かり易いではあっても、
擬古文のランクから抜き出で得ないので、
「偽書」扱いのままに、「三種の神器」の解説をしたり、「天照大神」の解説をしたりに終始してで、一遍聞いたら「へー ?」の反応の事で終わってしまうからです。何を「偽書」がほざいてるか? の、感想になります。仕方ありません。
これでは「国学」
を、再構築する路線には進み得ません。
 
何が問題か? と問われましたら、
土台も基礎工事も無しに、基礎の杭も岩盤に到達しないで、高層建築を建てましたら、「豆腐ビル」です。数年もしないうちに、大問題が発生してしまいます。これは、ゆゆしき事態を作る、やっつけ仕事のやり方にほかなりません。
わたくしたちの「国学」の基礎を作る仕事に、そんな手抜きは、どうあっても困りものだと、わたくしは思ってます。
 
 
                  ・
 
ルビ無しの本。
つまり、
わたくしは「はじめに」のところに、次の文章を書きました。
Kannjiwokoete_2
 
Wositenohukasa
 
Rousyou
 
「ヲシテ国学」として、基礎を作ってゆくためには、
『ホツマツタヱ』などのヲシテ文献を、土台として、わが古典として、親しんでもらう必要があります。
ヲシテ時代の文字が、ヲシテの文章が、地道に身に付いてきてからが、
母国語的な自分自身の宝物として、
この位置に付いてから、
やっと「ヲシテ国学」への一歩が歩み始める最初になると思います。
 
「秀真伝」の直訳に、どっぷり浸かってては、真の展開に、
一歩が踏み出せないままでしか有り得ません。
結局のところ、「秀真伝」の直訳は、毒まんじゅうの路線そのものだったのですね。「三笠記」なんて言って直訳の劣化を、恥じも感じもし無いのも、同様ですね。
ヲシテ文字の構成の要素の概念から、醸成された「ヲシテ時代の哲学」ですから、
「ヲシテ文字」が読めないままでわかろうはずがありません。
 
どう言われても、
ヲシテの原字・原文の尊重あるのみです。「ヲシテ国学」への道は。
 『ホツマツタヱ』だけ、先行してきていましたが、
『ミカサフミ』に接してこそ、わが「縄文哲学」への認識が開くと思われます。
『ホツマツタヱ』だけ読んでても、「縄文哲学」はと、現代に押し開いてゆくべきの、その必要性を実感しにくいからです。
 
『ミカサフミ』を今年からは、さらに、説いてゆこうと考えております。
どう、控えめに見ましても、ヲシテ時代の文章に少しは親しんでから…  、
が、第一歩なのだと思います。 さてさて? わたくしの、この思いは間違っているのでしょうか?  ???
 
                  ・
 
なお、
「解題」のところに、禁止の「な」の用例の解析から、
ヲシテ文献の文章は、平安時代以前にあること、
つまり、西暦の780年ごろよりも、もっと古い時代であること、
奈良朝の終わる、西暦780年ごろよりも、
もっと古い文章であることを、
立証して解説しています。
p377あたりをご覧ください。
この論証からも、江戸時代ごろの偽作説は、根拠を失うわけです。
ヲシテ文献の、真書の証明根拠は、『日本書紀』と『古事記』との原文比較から得られた前後関係が大きくあります。これは、『定本ホツマツタヱ』『ホツマツタヱを読み解く』などにて論証してあります。
さて、
ここまでは、入り口の序の口です。
ヲシテ国学に極めて製錬して研ぎ澄ましてゆきますことが、さらに求められます。
そこを、わたくしは、ずっと、この先に付いても取り組んできている訳で御座います。
 
つまりまして、申し上げるべきのところ、
わたくしたちは、松本善之助先生の本当のおこころざしを尊重するべく、
「ヲシテ国学」に進んでゆくべきなのです。
松本善之助先生を尊ぶならば…  、のことです。
もちろん、本当の「日本」を尊ぶことにも同意義になります。
直訳の「秀真伝」や「三笠記」を強いてわたくしに強要してくるのは、現代における「ハタレちゃん」だと、私は思うんですね。  なぜならば、せっかくに、松本善之助先生のお志を継いだわたくしたちが、此処まで、ちゃんと進めて来つつあるのに、無視するのは間違っていると思うからです。わたくしたちとは、青木純雄さんもいますし、平岡憲人さんもいますし、斯波克幸さんなど、もっと多くの賛同者がすでに現われてきて下さっているからです。わたくしだけの、ひとりごとではないからです。
 

    ・      ・       ・       ・      ・    
 
今日は、
旧暦の、おおつごもりです。西暦の2月7日です。
漢字表記では、大晦日です。
「つきごもり」のことです。
明日のハツヒを、楽しみにしています。
さてさて、
あたらしく、構えてまいりましょう。
古いことは、スパッと忘れて。
明日のこと。
未来に向けての事に、
すべて、焦点を定めてまいりましょう。


 
やっとのことで、わたくしも、
40年来にて、ダンスの方も音楽を感じてステップを踏めるような感覚を少し持ち得てきました。何事も、簡単では有り得ません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2016年1月24日 - 2016年1月30日 | トップページ | 2016年2月7日 - 2016年2月13日 »