2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年11月6日 - 2016年11月12日 | トップページ | 2016年11月20日 - 2016年11月26日 »

2016年11月15日 (火)

もっと、 天皇陛下のお気持ちの事を、 ご尊重申し上げるべきだと、 私は願ってやみません。  追記、「ヌルテ」のこと。

もっと、
天皇陛下のお気持ちの事を、
ご尊重申し上げるべきだと、
私は願ってやみません。
Sakuramomiti
            <昭和 55 年(1980 年) 5 月 。
             昭和天皇・皇后陛下をお迎えして、
             第 31 回全国植樹祭おてまき行事の、
             林業センターの百葉箱とサクラ。> 
諮問会議が開かれたりしています。
わが国とは? のこと、
記紀の原書の出現と、現代研究が、
此処まで進んできておりますので、
本当の我が国の歴史を、
漢字以前の素晴らしい光輝の時代にまで遡って、
本来の姿に立ち戻ることが可能になっています。
いつまでも、
漢字国字化時代以降の残渣に惑わされても仕方がないです。
 
記紀を基にしてしか、我が国を知らないのでは、
本当の大切なことのコツと言いますか、キモの肝心の要が、
解かっていないように見受けられます。
『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」の、
本当の歴史を知らないと…  。  です。
『古事記』『日本書紀』の原書なのです!
『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」は、です。
 
早くの時期に、出来ればですが、
記紀の漢字化時代以降の世界観からの払拭を図りたいです。
Karin
              <カリンの実です。
               これは、渡来種でしょう。> 
余りにも、改竄されてヘンチクリンになってしまっていた、
記紀の世界観から、
その、
脱却が有ってこそです。
 
           ・           ・
それには、記紀の世界観よりももっともっと酷い、「直訳偽書の秀真伝(しゅうしんでん)」の、
一掃がまず第一の仕儀にあります。
 
わが国の本来の貴さを、
早くに取り戻したいもので御座います。 
 
                 ・
 
Nurute
ヌルテが、モミチ(紅葉)になってきていました。
 
思い起こされますのが、
アマノコヤネさんの貴い遺し言葉です。
Nuruteha
 この、ゆえに、
ミマコ(ニニキネさま)に召されることになったのです。
常に、蔭(かげ)のマメを為すべきです。
これが重要な事で御座います。
Hatuyoki

ヌルテのモミチ(紅葉)を見ますと、
アマノコヤネさんの、この言葉を、
私は思い出します。

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

« 2016年11月6日 - 2016年11月12日 | トップページ | 2016年11月20日 - 2016年11月26日 »