2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年10月30日 - 2016年11月5日 | トップページ | 2016年11月13日 - 2016年11月19日 »

2016年11月12日 (土)

寿命の不思議の事。

『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」での不思議な事。でも、ほとんどは、解決してきておりました。
Kakinoha
                 <カキの葉>
 
あと、残る、大きな疑問が寿命の事です。
Sitirinowatasi
              <桑名の七里の渡し>          
不思議なご縁を頂戴しまして、
『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」に、
取り組んでまいりました。
現代人の常識からしますと、
どうにもこうにも不思議だと、
そう思えます事は、随分と多くありました。
ですが、
わたくし、ヲシテに取り組んでの人生の40余年来の内に、
ヲシテに書いてあって、「へー?」
と思っていたことが、あとで、あの時に良く良くちゃんと理解してればなー  。
と、何回も、後悔したことを思い出します。
つまり、「ヲシテ文献」は、本当の、記紀の原書であって、
間違いのないものなのでした。
でも、
やはり、不思議な事の多くが、
今、現在にも残っております。
 
そのひとつに、寿命の事が御座います。
まだまだ不思議なことで御座います。
               ・
『ホツマ ツタヱ』を最終編集したオオタタネコさんは、
234歳で、献上なさっています。
Tataneko

『ミカサフミ』を最終編集したヲヲカシマさんは、
247歳で、献上なさっています。
Wowokasima

現代の常識では、理解がまだむつかしいものです。
でも、
伝授してもらいました際に、
気が付きました。
気持ちの張りの有無が最も重要だと。
つまり、
オオタタネコとヲヲカシマは、
ともに、尊敬しあう畏友として、
気持ちの張りをお互いに好影響を及ぼして、
いた関係か?  そうしまして、
オオタタネコさんと、ヲヲカシマさんは、
国家の護持、キミ(天皇陛下)を、そして、国民の幸せを、
強く波及してゆかねば!!
と言うお考えに、ふたりして、励まし合っていたのでは?
と思うので御座います。
折りから、
青年時代に、「ヱヤミ」の大流行が有りました。
年表を繰ってみますと、オオタタネコは16歳、ヲヲカシマは29歳の時でした。(数え年で)
 
Hotumajiten288_2
Hotumajiten289_2
ここで、強烈な体験をしたと想像されます。9代ミマキ(崇神天皇)の5年に流行性の疾病は国民の半数もが亡くなるほどの猛威を振るったとの事でした。
そして、「アメノミチ」の乱れがその原因であると、
当時の理解でしたから、国家護持のためには、
フミ(文献)の上梓をしなくては。
と言う思いが、ヲヲカシマにも、オオタタネコにも、
強烈に心の張りになっていたのではないか?
そう言うような事も、わたくしのこころに去来してきます。
其処に至る、歴史の真相も、踏まえたいです。
そうしましたら、記述したいことの分量が、とても多いです。
一冊の本に纏めるべき分量です。もっと、多くなるかも?
というのが、
その意味の甚深さについて、どうしても、さらっとは書き切れないのです。
とは申しましても、徐々に、書き連ねてまいります。
すごい名文なのです。ヲヲカシマさんの文章は!
どうしても、原字で原文で味わってもらいたいです。

 
さて、 
『ホツマ ツタヱ』を最終編集したオオタタネコさんは、
234歳で、献上なさっています。
『ミカサフミ』を最終編集したヲヲカシマさんは、
247歳で、献上なさっています。
ここへの、
わたくしとしての、目標の設定の事で御座います。
心の張りを、ヲヲカシマさん、あるいは、オオタタネコさんと、
同じように持ったならば、わたくしは、あと、170年ほどの目標設定も、
出来得るロジック(理屈)になります。
わが国の、この、漢字国字化時代以降の、
その、暗黒の厚雲を吹き払って、
本来の我が国のうつくしさを取り戻す意志です。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
 


 
 
 
 

2016年11月 9日 (水)

「いせの会」の終了の事、感謝を申し上げたいと存じ上げます。   青山繁晴さんの国会の初質問です。

「いせの会」の終了の事、感謝を申し上げたいと思います。
トランプ大統領も、選出のことで、
本当の時代に、これから、差し掛かってゆくようで御座いましてのようです。
本当に、ワクワクの時代になってまいりましたですね。
Otyanohana
それも、ありまして、
今年、平成28年(2016) をもちまして、
「いせの会」を終了することになりました。
この、次回の、平成28年の11月の会が最終回になります。
 
みなさまには、大変にお世話になりました。
多くの勉強をさせて頂きました。
有り難う御座いました。 
諸事情がございまして、
「いせの会」は、終了する運びとなりました。
時代が、音を立てて変化してゆくようで御座います。

大きな変化の時節は、
大変では御座いますが、面白く興味も尽きないもので御座います。
やはり、わたくしはミーハーなので御座いましょうか?
              ・
思い返しましたら、
もう、足かけ14年にもなりましょうか?

「いせの会」を開く際に、
修養団の中山みどりさんが、拙宅をお訪ね下さいました。
何でも、先生の思うようになさって下さいと言う事でした。
また、『古事記』の世界観はどうもおかしいと、
中山みどりさんのご理解も、まさしく、わが意を得たりでございました。
それなら、と、言う事で、「いせの会」を開くことになりました。
 
当時は、
『校註ミカサフミ・フトマニ』(『新註ミカサフミ・フトマニ』の前著)と、
『ホツマツタヱを読み解く』平成13年(2001)の(池田満、展望社)を、
書き上げましたところでした。
それで、一段落と思っていましたところで御座いました。
『ホツマツタヱを読み解く』として纏(まと)め得たからでした。
『ホツマツタヱを読み解く』に使いました「ヲシテ・フォント」は、
第一回目の制作の縄文時代へ遡及のヲシテのフォントでした。
この、第一回目の「ヲシテ・フォント」制作は、
転勤先の、茨城県の1DKのアパートで取り組みました。
1DKでも、有り難いことにロフトがありました。
全紙の大きさの、和紙を広げることが出来ました。
筆で描いた、にじまない和紙を、
あたり一面に所狭しと開いて乾かす事が出来ました。
ヲシテ用にと、特別に注文をして作ってもらった筆は、
たっぷりと墨を付けないと綺麗な字になりません。
和紙に墨記の場合は、筆の腰の強さが、ヲシテの雰囲気に合うと思いました。
でも、にじんでしまうのも困りものなのです。
そこで、特別のにじまない因州和紙を発見したので、
やっと、第一回目の「ヲシテ・フォント」制作に、取り組むことになりました。
乾いた和紙を抱えて、縮小コピーをとります。
縮小の%がなかなか難しいので御座います。
綺麗に書けたヲシテは、縮小したら読みにくかったりします。
近所のコンビニにコピーに通っては、また書き直しです。
そこいらじゅうに乾かしまくって制作したフォントです。
ボテッと墨の付いた和紙は、なかなか乾いてくれません。
何回も何回もやり直しましても、展望社さんからのOKがなかなか貰えなくて、
また、山のように筆で描いたにじまない和紙が積まれてゆきました。
そうして、何とか苦労してまとまった、『ホツマツタヱを読み解く』で御座いました。

出版された『ホツマツタヱを読み解く』を見まして、やっと、ホッとしました。
やっとその回答を纏め得たのでございました。
こうした折に、転勤が解除になりまして、三重県に戻ってまいりました。
そうしましたら、不思議なご縁で「いせの会」を開くことになりました。
不思議な、グッド・グッド・タイミングの経緯でありました。

わたくしは、 
文献研究を、ヲシテの基礎研究からずっと取り組んでまいりました。
一般の聴衆のお方に、説明するのは機会がありませんでした。
ヲシテの研究が主の仕事でして、書籍に記録することも、
どうしても必要でした。
また、糊口をぬぐうための仕事もありました。
多忙と言う事で御座いました。
それが、一転してまいりまして、一般の人への説明も、
と、幅が広がってまいりました。
こうして、
人さまにご説明申し上げることも、
機会を貰えまして、「いせの会」で学ばさせて頂きました。

本当の「日本」とは何か?
それは、『古事記』『日本書紀』の原書の、
そのきちっとした根拠に、真面目に向き合ってゆくことが、
基礎の基礎だと思います。

どうしても、神憑りにもなりやすい事はありますが、
ちょっとした、こころのみだれが、
まともな道筋から落っこちてしまうという事にもなりましょうか。

                 ・                           
 
ヲシテ時代にも、草期と、中期と、
それと晩期の時代性の雰囲気の違いがあります。
現代の常識から考えますと、
逆なのですが、
時代が降った晩期の方が、神懸ってまいります。
でも、アマテルカミのヲシテ時代中期の時代は、
実に、理知的なのです。
さらに、もっと前の、ヲシテ時代草期の、
クニトコタチの頃はさらにもっと理知的なのです。
そう言った、
わが国の本当の光輝を、
今に活かしてゆかねばと思うので御座います。
それが、アマテルカミのお心と言うもので御座いましょう。
やはり、この辺りに理解が及ぶようになって、
「直訳」のレベルからの脱却と言うもので御座いましょう。
 
                 ・

わたくしも、さわやかに真面目に取り組んでまいります。
 
みなさま、本当に有り難う御座いました。
 
 
さてさて、次の仕事の事で御座います。
 
 
 
 
― 追記 ―
 

さすが、で御座います。
素晴らしいお方は、
びっくりのおウタを戴きました。
その返歌の事だけ、UPさせていただきます。
Hanawosi_3
  はなをしの こころはいけり
  いまのいま はなにははえて
  きわまりてゆく
 
ちょうど、『ホツマ ツタヱ』の序文に当たる「ハナヲシ」の解説文を書いていました所でした。松本善之助先生の『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」の発見50年の事、仕切り直しの事で御座います。
 
    ∞      ∞     ∞     ∞      ∞          
 
よくよく、考えを巡らしますと、
今現代は人工知能の「AI」との、その折り合いをどう処理してゆくか?
の事々が、一番にホットな事柄であります。100年レベルのうねりの事を考えて
です。
それは、
わたくしたちヒト(人間)の、
その存立の根拠の問い直しの、
そこが、重要なスポットなので御座います。
では?
わたくし達の人類とは??
の事が、本当に問われてきている崖っぷちにある、
と、
そう言うように、わたくしは感じております。
 
大きく考えまして、
神憑りではなくて、
万人の納得できる理念としての「トのヲシヱ」が、
今こそ、本当に必要だと思うので御座います。
さてさて、
そこに向けて、どうトライしてゆくか?
が、
私の仕事で御座います。
まずは、地道な一歩一歩からでの事で御座います。
 
 
              ・ 
 
 
              ・
 


 
 
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 

 

2016年11月 7日 (月)

これまでの私たちの歩みを振り返りまして。 「解説文」の再UPを始めています。

新しく、入門されるお方も多いです。
そこで、これまでの、わたくしたち、
松本善之助先生から受け継ぎましての、
この歩みを振り返っておきたいと思います。
 
わたくしは、『ホツマ ツタヱ』の原書の、
影印版を一冊、わけて頂きました。

そうしまして、古典だからと、
とにかくは、暗唱と朗読を始めました。
どの古語辞典を見ても、
参考になる辞書は、当時には無かったからです。

そうしまして、『ホツマ ツタヱ』7アヤぐらいまで、
暗唱が進みましたら、
本当にすごい「フミ(文献)」だと、
実感するようになりました。

でも、
やっぱり、細部については、理解困難です。
『古事記』『日本書紀』との対比比較の、
松本善之助先生の講義を、その頃受けていました。
文献の位置についての根拠確定が基礎になります。

当時は、神武紀についての比較書を、
松本善之助先生が纏められたものを、
テキストにしていました。
そして、
『ホツマ ツタヱ』の全巻についても、
『古事記』『日本書紀』との対比比較を、
すべきだ。
と、
おのずと解かります。

専用の、松本善之助先生作の三書比較用の原稿用紙を、
送って頂きまして、取り組むことになりました。

その頃、
ようやく目途が付いてきましたのが、
わたくしの、ヲシテ文献に遭遇してから、
19年目の頃の事で御座いました。
平成3年(1991)に、
『ホツマ神々の物語』を出版いたしました。
つまり、
『古事記』の「神」の捉え方をスイッチバックして、
ヲシテ文献の縄文時代的な哲学に戻そうと、
その試みです。
永遠のテーマです。
この本は、松本善之助先生から良い評価を得ました。
として、朗読のCDも付録いたしました。

そうしましたら、平成4年(1992)に、
すぐに飛んで行きまして、

大切な、親写本ですから、
おおやけに公開する必要があります。
そこで、

さて、
これで、『ホツマ ツタヱ』の完写本が4本発見されたわけでして、
従来使っていました小笠原系統本と、
細かな文字使いに多くの差異がみられました。
そこで、
写本の文字使いの校異・差異を一目一覧できる必要が、
生じたわけです。
このため、
『古事記』『日本書紀』との対比比較の『ホツマ ツタヱ』全巻と合わせて、
『校本三書比較ホツマツタヱ』として出版を致しました。
当初は、松本善之助監修、池田満編、新人物往来社でまとめました。
流通の問題が有ったり、誤植が多く発見されてきて、
やり直しの必要が出てまいりました。
そこで、
 
さて、そうしておりましたら、
まだまだ、世の中には、ヲシテ文献のちゃんとしての手引書が御座いませんでした。
そこで、
出版することに致しました。平成11年(1999)の事です。
語彙解説を主にして、系図、年表も作成してありましたので、
このセットが有れば、ベースになる手引書たり得ると、
そういう運びになった次第でした。
 
そうそう、
『ミカサフミ』も『フトマニ』も、
とっても大切な書籍です。
これも、おおやけに出版しておかねばなりません。
そこで、
『校註ミカサフミ・フトマニ』(松本善之助監修、池田満編、展望社)として出版いたしました。
この書籍はのちには、解説文を更新しまして、
として出版いたしております。
 
さて、 
その頃に、
ニューヨーク工科大学で教鞭をとった事のある馬野周二博士から、
話を聞きたいと、申し越しが御座いました。
湯の山温泉の上等のお宿で、ゆっくりご説明いたしました事、
思い出します。

この際に宿題を出されまして、
それに答える書籍として、
わが国のそもそもの国家の成り立ち、
哲学など、総合解説の書籍です。
この本は、
国家とは何か? などの、がしっとした、骨組みを読み取りたいお方にお勧めしたい書です。

 
ヲシテ文献の読み解きは、むつかしくて、
ややもすれば、直訳的な現代解釈に陥りがちです。
わたくしも、ヲシテ時代の言葉のひとつづつに付きまして、
玉ねぎの薄皮を少しづつはがして、
本当に美しい我が国本来の言葉の語意を、
探っておりまして、
そのやり方を、一般に提示する必要があると、
強く実感し始めました。
何と申しましても、此処が肝心要で、しかも難しいところで御座います。

どうやったら?
漢字以前の時代の美しさに辿り着けるか?
この、漢字の壁を打ち破るのは、
誰がやっても、一番の急峻な山です。

その、路筋の歩みを展開して記述して、
出版いたしました。
と、
かねてからの、宿題がありまして、
それこそ「どうしたもんじゃろのー」の、
「夢のまた夢」だと、
嘆きの日々で御座いました。
 
何しろ、もう、定期貯金も、生命保険も、
すべて解約して、出版費用に充てておりました。
そして、売れてる書籍の戻り金が、
入って来てない状態で、在庫切れを起こさせることも出来ず、
再版で、本当に苦しい思いを続けておりました。
 
そうしましたら、世の中捨てたものじゃありませんでした。
ポンと、出版費用をご用意くださいまして、
それで、
「よし、やろう!」
と、
決意したわけで御座いました。

これが、看護師を長年やってこられました、
松本不二子さんです。健康維持のためにと、
こちらから、お野菜などを定期的にお送りいたしてます。

さて、
展望社に女房と二人で説明に行きましたのを思い出します。
あの時も、暑い折りだったと記憶しております。
「えー? そんなもの、売れるんですか?」の、
展望社の反応です。
でも、
これをやり遂げねば、
わが国の国家の未来を背負えるか?
と、
そういう事で、
女房も、「やるんだ!」
と、
決意を示してくれました。
展望社さんの方は、しぶしぶのめんどくさいな、のことでした。
でも、重要な仕事だったのです。
こうして、
を出版いたしました。
 
この頃から、
真面目なお方が、続々と出現してきてくださいました。
の出版は、とても大きな転機になった事で御座いました。
 
それは、
ヲシテ時代の国語の解明をしなくてはならないと、
かねてからの、大きなテーマに、
共鳴して取り組んでくださいますお方が、
出現してくれたのです。
として結実しました。
次には、動詞編等など、まだまだやってゆかねばなりません。 
 
また、
ヤマトタケルの歌舞伎が上演されたりで、
『古事記』『日本書紀』に記載のヤマトタケルの人物像では、
大問題なので、
『古事記』『日本書紀』の原書では、本当のところは、どうなのか?
それを、語り口でまとめたものを、

さてさて、此処で一段落、と思ったのもつかの間でした。
平成24年(2013)の暮れに、『ミカサフミ』の一冊が発見されました!
ようやく、
「ナカクタ」とは天の川の事を指すのだと、
気が付いた頃の事でした。
そうしましたら、
平成24年(2013)の暮れ、『ミカサフミ ワカウタのアヤ』の発見が起きました。
不思議なことで御座います。
「ナカクタ」とは天の川だと、解かった途端に、
それっと、『ミカサフミ ワカウタのアヤ』の発見です。
おかげさまで、不思議なタイミングでして、
短期間で書籍に纏める事が出来ました。
後の世に「言霊」として流布される前の、
もっともっと、すごい「ネコヱのミチ」を、
アマテルカミがご解説して下さっているアヤでした!
四国の合田さんのご協力も大きい貢献で御座いました。
 
「ネコヱ」のミチ(道)の、其処に嵌め込まれた大きな理念・哲学的な理解は、
後世にも委ねざるを得ないと、
そう思っています。
 
さて、
松本善之助先生の『秘められた日本古代史ホツマツタヘ』正・続編(毎日新聞社)
の出版から、三十六年にもなります。
引き継ぎましてから、の研究の進展も、
青木純雄さんなど多くのお方も出て来て下さいました。
その、積み重ねをふまえまして、
再出版をしました。
 
              ・ 

基礎を、真面目に整えました。
ベースは、まともに整備しました。
研究の多くの発展は、これからで御座います。
すごい天才が現われてくれるかも知れません。
わたくしは、これを、待望です。
良いものは良いと、
その判断は、実は… 、骨董屋さんに教えて貰った秘訣でした。

前途は、
何が待ち受けておりますやら、
あれこれ、変化域が大きいです。
これからの出来事も、
トンと想像も付きかねます。
そう言っての難しい時代こそに、
この時代こそ、大切なることは、
我が国の貴さを、もっと磨いてゆく事、
此処に尽きるのではあるまいかと、
そう考えております。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年11月 6日 (日)

ヲシテ文献は、原字原文から。『ホツマツタヱを読み解く』にてきちっと説明しております。

どうして「直訳」は、おかしくなるか?
と言う経緯は、
「直訳偽書の秀真伝」のへんちくりんの、
変革の過程はですね、
漢字文への直訳時に、
China思想に取り込められてしまうからです。
 
べべさんが、いみじくも言って来てくれました。
このところ、素晴らしいお人が続々と出現です。
 
         ・     ・
『 「記紀に個人的な恨みとかは私にもありませんが、比較してみれば「そこまで賎しめられて来たのか!?」と哀しくなって来ちゃいますよね…

なんちゃってでクソミソ一緒ではどうしようもないですよね…。

例えば自然神ヤマサカミは、
五要素のウツホ、カセ、ホ、ミツ、ハニに「メ・ヲ」の別があるからこそ、

ハニヤスメ(ヒメ)、ミツハメこそあっても「埴安比古」だなんて(΄✹ਊ✹‵)!?
まるで「父の母乳は美味しかった」位、おかしなことですよね…!?

(しかも屎の神だなんて!?)

なんでもかんでも「あなありがたや」という「信仰心」も良い人で美しいのかもしれませんが、
それを「盲信」で、「どうでも良い人」というのかと??  』
 
べべさんは、もう、ホツマ20アヤまで暗唱して更に暗記も出来るのだそうです。
わたくしは、7アヤまでしか出来ていません。
さすがべべさんは、すごいです。
で、どう? 「直訳偽書の秀真伝」は、へんちくりんで、
おかしいのか?
実感していてくれています。
同じく、愛国心からの、何とかせねば!!
と言う思いなのです。

勿論、解かって下さいますお方は、
段々とその%を増加してきています。
やはり、いずれの時期には、
世間に判明します。
 
それは当然です。
真実ほど強いものは御座いませんから。
いくら、蓋(ふた)をしようとしても、
いずれ、明らかになって、
極めて個人的な私欲の思いから、蓋(ふた)をしようとした人は、
そのおかしさが、自然と現われ出でます。
Tokoronasi
      <さすが、ヲシテ文献には典拠もありますね>
それで、
すべて、
「千畳敷」に、広く、裏話も公開してゆくべきだと思っています。
もちろん、
個人情報の開示について、問題のある場合は、
迷惑にならないよう、
ぼやっとベールを掛けたり致します。
世に、参考として、問うための公開です。
わたくしのやり方が、間違っているのかどうか?
それを問うための、大切な公開でもあります。
 

            ・
 
(291ページ~306ページ参照)で、
ヲシテ文献は原字原文でと! 説明しております。
べべさんは、ちゃんと、実行・実践して下さいました!
だから、偉いので御座います。
『ホツマ ツタヱを読み解く』(池田満、展望社)
(291ページ~306ページ参照)で、
ヲシテ文献は原字原文でと! 説明しております。
べべさんは、ちゃんと、実行・実践して下さいました!
だから、偉いので御座います。
平成13年(2001)の出版です。
もう15年も前から、きちっと説明いたしております。
ちゃんとやるかどうか?
そこが、分水嶺です。 
 
 
だって、古典を、
原文を見たことも無いのに、
云々するなんて、
それは「騙(かた)り」の、
「かたりべ」でしょうかね。
 
その、おかしげに、落っこちるのを防御するには、
原字で原文を朗唱することが、
唯一の道です。
今のところはそうです。
「はじめに」の文章に、
明瞭に記載いたしました。
Kikigennsyo
真実の世間一般に明らかになるのは、
わたくしの死後かも知れません。
でも、
焦ってどうなるものでも無いです。
時が来たら、
おのずと、真実は現われ出でます。
ですから、
たましいを売って、後の人から、
後ろ指を指されることは避けます。
わたくしは、そうします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 


 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2016年10月30日 - 2016年11月5日 | トップページ | 2016年11月13日 - 2016年11月19日 »