2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年5月15日 - 2016年5月21日 | トップページ | 2016年6月5日 - 2016年6月11日 »

2016年5月28日 (土)

千葉で、勉強会を…  、 斎藤さん。   オバマ大統領の「折り鶴」のこと。 クワ(桑)のイチゴのこと。

このところ、ヲシテへの機運が急に高まって来ました。
わが国の本当のことを、
掘り下げて、新たに見直さねば、
未来が開けてくる訳も無い、
この状況への理解が、世間にも、
広がってきたようです。
Sakuranomi
            <サクラノミです。
             渋みの無い、ヤマサクラの樹を発見しました!
             早速に、お酒を汲んでみました。
             ホ11アヤ14ページに、
             フツヌシとアマノコヤネ(カスガマロ)との、
             サクラノミのナコソでの宴会の記述があります。
             ナコソは、福島と茨城の境で景勝地です> 
Sakuranomi1
 
簡単な、文字遊びから入るのも、
また、成り行きの一興です。
そこから、本当の大切なものを見抜いてゆけるかどうか?
そこに、グリグリ・グルグルと回りながら、
楽しんで学びゆきください。
Teikakatura
          <テイカカズラです。
           藤原定家が出てから、
           この名前が付きました。
           それも、定家が亡くなってから、
           だいぶ経ってからです。
           何故ならば、定家は「さだいえ」と、
           生前には読まれていたのですから。
           後世に名が残るような事、
           ヲシテの推進への尽力は、
           まさに、後世に名が残りますでしょうね。
           松本善之助先生は、「よしのすけ」と、
           いうのですが、「ぜんのすけ」の呼ばれ方が、
           多くなってからこそ、世間に通るのかも知れません>
千葉で勉強会をしたいと、
斎藤さんが言ってこられました。
「コモリカミ」の18人・18人の男女の産み分けのこと、
これは、
実践的な主張であると、見抜かれたのが、斎藤さんです。
見識の高いお人です。
それでいて、
キャキャキャと、良く笑う、愉快なお方です。
ウチにまた、ご到来のことを楽しみにしております。
Unohana
              <ウノハナです。
               もう、ウツキもあと7日ほどです。
               次は、サツキです。
               現代的には梅雨の月です。
               ヨロのアオ葉の茂る季節で、
               最も過ごしやすい季節です>
千葉の勉強会に、ご参加のご希望のお方様、
ご案内いたします。 
           ・         ・
― 追記 ―
オバマ大統領が折り鶴を持参してくれたそうです。
ホッとします。
多くの困難を、
歴史の大きな波を、
わたくし達は超え行かねばなりません。
折り鶴は、こころに響きますのは、
わたくしだけでしょうか?
20160527oyt1i50048n
 
   折り鶴の 赤・あお止まる
   広島の  ウツキから行く
   次をまかせて
           池田 満
            平成28年5月28日
 
Kuwaitiko
     クワのイチコ(実)です。
     カラスが好んで今年は食べないのは、
     日照不足で甘くないからのようです。
     手前のツボミは、カラスサンショウです。
     クワのイチコは、長生きの妙薬だと言われています。
     ヲシテ文献の用例を掲げます。    
Kuwa
 
このうちで、出色の個所は、『ミカサフミ』にあります。
Kuwa1_2
 
Kuwa2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年5月26日 (木)

「おしゃべりな腸」ジュリア・エンダースさん。 床下の修理の事。

身体の、栄養物の吸収系について、興味ワクワクです。
それは、あまりにも、無知だったのでした。
わたくしたちが、日常に目にするのは、
外界に対してのはたらき系が多いです。
Osyaberinatyou
              『おしゃべりな腸』サンマーク出版
           ドイツの、ジュリア・エンダースさん
 
身体の活動のエネルギーは、
食べ物から頂いています。
その仕組みの高度なスタイリッシュさに付いて、知らない事ばかりでした。
たとえば、腸の出口には、ふたつの括約筋が有って、
たがいに、連携しながら、
体内に対する配慮側と、
外界に対する配慮側と、
 それぞれ役目を分かち合い、協力し合って、
  整合性を高めて、日々奮闘してくれていたとは!
   など、驚きでした。
 Suikazura
          <スイカズラです。
            香りが良い花で、
            花を吸うと、甘味に、
            さらに香りも良いです>      
ヲシテ文献での「ヰ・クラ、ム・ワタ」のこと、
特に「ム・ワタ」と、消化吸収系の身体の働きとの関係性も、
もっと、深めて考えてゆかねばなりません。
そのためには、人体のシステムの理解が、
第一歩であることは、論を待たないものでしょう。
              ・ 
わたくしも、61歳になって、
今後の事を考えねばならないと、
遅ればせながら、思い始めてます。
人体に、たとえるなら、
家の床下は基礎のところに当たります。
 
まだまだ、やってゆかねばならない仕事は多く残っています。
一生懸命にと、思ってはやって来ていましたが、
仕事の大きさが尋常ではないのです。
わたくしの能力に斟酌する以前の話が多い事で御座いました。
あまりにも、仕事の大きさが、すごいのです。
言われわしても、
意見や批判を、わたくしに、ですが、
それは、不可抗力的な事が多く御座います。
そのようなことで、
達成感の事は。
まだ、1割か? 2割程度の到達感ですか?
そんな、達成程度の低い事です。
なにしろ、「ヲシテ国学」の構築と、
普及と、啓蒙です。
どう見ても、仕事は大きいです。
ですので、
あと、最低でも40年計画をと、思うので御座います。
そこで、
床の修理をしてもらいました。
洗濯機を置いていました所は、特にボロボロでした。
何回も、水散らしの騒ぎが有りました。
女房が、
床を足で踏み抜いて、入院に成ったら大変!
と、そういうのです。
段ボールを敷いたりと、応急処置をしてきてはいたのですが、
もう、限界でした。
ボロボロになるのは、当然でした。
40年ほども経つと、色々と事情が重なって、
床下が酷いでした、痛んできていました。
あと、
40年は元気にやってゆかねばなりませんから、
床の修理は、とっても重要な要素になります。
今日中に、終わりました。良い大工さんで助かります。
電線のまわしの処理なども、やっと今終わりまして、
ホッとしたところです。 こまかなところは、やっぱり自分でせねばなりません。
Yukanaosi
             <上り框(かまち)の方は、
              それほどには、痛んでいませんでした。
              でも、朝のラジオ体操のときに、
              ポコポコなるんです。
              踏み抜くほどではありませんが、
              ついでに修理をしてもらいました。
              40年計画です。
              ラジオ体操を、充分に伸ばして出来ます>
 
Take
タケ(竹)の落ち葉がうつくしいものです。
竹株と聞くと、お酒に連想がゆきます。
Takekahu

このごろ、小麦の穂が実って、
ウチの庭に撒く「くらご飯」が残るようになりました。
くら寿司で、ネタだけ食べて、下の寿司ご飯を持って帰ったのを「くらご飯」と、ウチでは呼んでいます。
「しほりさけ」は、何回も追醸造した、ジューシーな口当たりの良い、
それでいて、濃厚なアルコール度のお酒の事でしょう。


Unohana_2
         <ウノハナ(卯の花)です

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

« 2016年5月15日 - 2016年5月21日 | トップページ | 2016年6月5日 - 2016年6月11日 »