2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月24日 (土)

『ホツマツタヱ発見物語』の宣伝が、美術雑誌の『聚美』に載りました。 写経的な、書き写しを始めましょう! テープ貼りの朝です。

本年は、有り難うございました。明年も、良い年になりますよう、お祈り申し上げます。
Kaya
             <信貴山のカヤの樹です。樹齢1200年余だそうです。
               作庭にかかわった、片桐且元も、
               敢え無く滅んだ松永久秀も、
               このカヤの樹を見ていたのですね。
               そもそも、信貴山は天智天皇の時代にも、
               防衛拠点に整備された記録が有ります。
               その頃に生えてきたカヤの樹ですね。
               今は、尖閣ですけれど。
               で、どうだったのか? もっと前の、
               ヲシテ時代の中期の頃は?
               そこを、不可思議に思う訳で御座います。
               ヲシテ文献にも記録の無い事を、
               知ろうと言う難しさでございます。>
 
今日は、信貴山からの眺望を思い深く佇んでまいりました。
深い歴史の成り行きは、
ちょっとやそっとで、簡単に解かろうはずも御座いませんです。
下界に降りて来て、クリスマス音楽が、耳に流れ来ますのも、どうにも軽く感じます。
           ・
そうそう、
『ホツマツタヱ発見物語』これは、名著で御座います。
Hotuma

それは広めるべき。
展望社で続々と宣伝を打って下さっています。
美術雑誌の「聚美」に、掲載です。
Hotuma1

じわじわと、
そうなんですね、
実に、
じわじわと、
出ているようです。
Hotuma2
                       <「聚美」には良い記事が多く出ています>
 
それはそうです。記紀の原書の発見が、
千数百年ぶりに、突如にビッグバンのように起きたのです。
これを驚かないでどうしましょうか?
この発見物語は、
世紀の所産です!
いやいや、
二千年来の大発見なのです!

直訳してくれと、
今日も、言われましたが、
そう言う簡単コピペでは、
結局は、Chinaに我が国の本当の重大大切さを、
二束三文でうっぱらっちゃうだけに、
なるのです。
いわば、
バナナのたたき売り状態です。
腐りもしないモノを、貶めてまでして叩き売る道理は御座いません。
売り急ぎ! 何千億円もの宝物を100円で!!!??
本当にバカみたいだと、私は思います。
こんなおかしなコトが何処の論理に御座いましょうか?
お聞かせ願いたく、ご教示をお願いしたいところで御座います。
たとえば、
今村聡夫本の様な、
直訳に毛が生えた程度だと、
同様に困った事で御座います。
もうちょっと、息長く真摯に精進してくれましたら、
とても良いようになるように思います。
つまり、さらには、
「ミミズク」のように、ヲシテ文献に典拠の無い事を、
書き言い立てる事からして、やっぱり、おかしいと思います。
目的が、我が国の事を大切に思う、
わたくし達とは、ちょっと違うの思うので御座います。
でも、もっともっと酷いものも、
世の中には多く存在していますから、
むつかしいもので御座います。
 
逆に、もっともっと、研究を深めて熟成させてこそ、
わが国の漢字以前の時代の光輝が増すのです。
もう、クチも酸っぱくなって来ましたが、
やっと、
解かってきてくださいましたお方様が、
全国各地に続々とお出になられておられます。 
 
 
              ・
なぜならば、
女房も、30余年ぶりに、
書き写しをし始めましたら、
アーレーと、
こんなの違って見えて来るの?
Wosite2gyou
          <女房の書き写し始めです。
            なにしろ、30余年にして初試みです。
            ノートは、100均でもありました!>
と、ビックリしていました。
それはそうです、
お経でも、写経をしますよね。
本当に大切なもの、だからです。
それと同じで、
書き写して、初めて、 ベースの地平線が、こちらに移って来るのです。
美味しいと評判のお料理も、
食べてみないと解かりません。
 
 
- 追記 -
今日は、カヤの樹が、思い深く心に残りました。
ウタを詠みました。
わたくしも、やっと、初めの千年を少し進んだばかりで御座います。
何でもそうですが、長期視点で、長い目で見るべき物事も多いです。
 
Inotinomaso
 

なお、「いのち」の言葉の用例検索をUPしておきます。
思いの外に、用例数は少ないとわたくしの感覚です。
Inoti
Inoti2_2
 
161217_132400010001
 
先日の、京都の「ヲシテ講習会」
(H28,12,17)で、
写真を写して下さいました。
後ろの掛け軸は、松本善之助先生の絵です。
「いのち」の文字をお記しになられた「絵」です。
 
 
  ― 追記 ― H28,12,29
『記紀原書ヲシテ』の在庫が、
もう無くなったと、
展望社から連絡がありました。
そこで、修正テープ貼りです。
頒価を、下げようとして、多く刷ったので、
修正テープ貼りが、まだまだ続きます。
 
物置に、本の箱を取りに出ましたら、
夜明けが綺麗だったので、
掲げます。
Tepuhari2
 
Tepuhari1
 
Tepuhari
 
スズメと、イカルが、騒いで催促しています。
くら寿司で持って帰ったご飯をいつもやっています。
この頃は、カラスも来ます。
「くら寿司・ご飯」を撒きに行って来まして、お茶で一服です。
 
カラスは、大き目のご飯の塊を喜んで食べます。
「ミヤモル カラス」は、
Karasu
アマテルカミの東北留学時の「アマツミヤ」のことです。
現在地考証として、
涌谷町の黄金山神社でありましょう。
金華山は間違いです。
 
茨城地震の事、大丈夫でしょうか? 心配です。
 
 
          ・           ・
 
 
直訳偽書との違いはなんですか?
そう聞かれて、
即答に苦しみました。
結構に、むつかしい問題です。
簡略に申し上げましたらば、
何処か? 構造的な建て方の建て据えの基礎が違うようです。
訳そうと、訳そうと、
その思いの根幹が違っているのだと思います。
直訳的な、それは、China媚びで、
文化的な隷属なのです。
方向性が違います。
わが国の古典を紐解くのに、
初めっから?  外国語に直訳的にコピペで訳すのですか?
その、根本的な心の在(あり)り処(か)が、
どうにも、
間違っていると思います。 
そこの、大きな間違いについて、
心から解かって貰えますのは、
原字・原文で1~2アヤを朗読・暗唱・暗記をしてくださいましたら、
母国語が日本語の人ならほぼ100%近くに解かって貰えると思います。
本物が見つかったのに、
どうして? それを、インチキに貶めようとするのか!
 
結局は、そう言う人達の行為は、
せっかく見つかった我が国の大原理の放棄なのです。
これって、やっぱり、売国の事々だと思うのですよね、わたくしは。
こんなにもすごくて、素晴らしいものを、
追っ払っちゃうのは、二束三文にですね、
いわば、犯罪にも等しいと私には思えます。
 
簡単に申しましたら、
「訳します」・「訳そう」と言うのは、
どうにも、おかしげな発想なので御座います。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

2016年12月14日 (水)

京都のヲシテ講習会が、12月17日です。

http://woshite.wixsite.com/kousyuukai/services
Tatutayama
                  <竜田山から竜田川を見ます。
                   まさに「水くくる(潜る)とも」です>

深い我が国の哲学を、「縄文哲学」とわたくしは呼んでいます。
このレベルに入り込んで説明していますと、
感動して下さいますお方が出て来て下さいます。

― 引用 ―

クニトコタチさまは大哲学者にして

現象宇宙の成り立ち・作用を

五態×10相の48文字で表現し

ヲシテ文字に込められたのですね。。。

 

我が国の文明の創始・礎に

これほどの高度な叡智と体系が仕組まれていたとは。

驚き感動です。

Momiti1
                 <竜田山のモミヂの敷き詰め>
そうなのですね。

直訳では、全然ダメなのですね。
Sikisann
             <竜田山から、信貴山を見ます。
              シギは東の方なのに、
              西の入り口がなぜ信貴山なのか?
              不思議な所です>
近頃、
奈良にちょくちょく出かけては、探訪して思いを巡らせております。
いろいろ発見も多い事で御座います。
写真をいくつかご覧いただきましょう。
Hutonisama
              <7代フトニのキミ(孝霊天皇)のご陵です>
Kataokamuro
           <フトニのキミのご陵から、カタオカムロを眺めます。
            カタオカムロは、タギシミミのお墓が有ると、
            考えられます>

片岡神社について調べてみます。明治の初期に、
神社調べがおこなわれています。
『古事記』的感覚で進められた調査でした。それで、観点がズレを生じていたのでした。
Kataokajinnjya1
 
Kataokajinnjya2
 
Kataokajinnjya3
 
Kataokajinnjya4
神社には、歴史の重層関係が、幾重にも、此処でも見れます。
 

さて、奈良盆地の中央部から少し南へ行きます。
曽我川がキーポイントになります。
西を望みますと、二上山です。
Hutakamiyama
            <フタカミヤマと言うべきですね。
              漢字以前の時代はそうです>
東南に向かいますと、畝傍山です。
畝傍山の南側がカシハラです。
ヒトノヨの初代のカンヤマトイハワレヒコ(神武天皇)の
「カシハラ ヨシ」(ホ29-63(7768))と、おっしゃいました所です。
Unebi
              <少し暗くなってきましたが、
                カモの泳ぐのが見えましょうか?>
Sogatuhiko
              <蘇我都比古神社です>
Kanahasimiya
             <27代の安閑天皇さんの御宮(首都)の跡地です。
              26代の継体天皇さんの後を受けられて、
              ナラの盆地の中央部におミヤをお構えになられました>
 
Biwa
            <今年は、ビワの花が立派です>
                              ・
 
世代交代の事、パラダイムシフトの事。
Sedaikoutai

http://www.wound-treatment.jp/new.htm#1216-5


誰が見ても解かり易い、医療技術の進展の分野でも、
そのような事であるとの事です。

増して、歴史認識の事項は、もっと、複雑にして難解です。

歴史認識の事は、
漢字文献から、ヲシテ文献への、パラダイムシフトは、
まさに大きな変革です。
世代交代を前提に進めてゆかざるを得ない事項だと思います。




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年12月 1日 (木)

縄文カレンダーの、平成29年版が出来ました!!

縄文カレンダーが、
H29年(2017)の版が出来ました。
昨日、刷り上がったばかりです。
H29年は、
ウルウ(閏月)が入りますから、
編集に困難が伴います。とても、むつかしいです。
Jyoumonnkarenda1
Jyoumonkarenda2

そこを、
独力で富山喜子さんは成し遂げて下さいました。
ひとりで、責任を背負ってやってゆく事が、
とても重要です。


 
 
Kihamioti
           <右の赤っぽいのがウリハダカエデです。
             左の黄色っぽいのは、香りの良いクロモジです。
             中の、ムラサキシキブは、ちょっと見えにくいでしょうか?>
今日も、
フユの季節感をと、黄色のセーターを着てまいりました。
山々も、黄色に色付いています。
しっかりと、ネ(根)を育てる季節にあるのかも知れません。 
 
なぜならば、
もう、手分けの時代に、入ってきているようです。
ヲシテの研究と啓蒙の仕事は、
黎明期をそろそろ脱しつつあるようです。
すごいお方が、出て来て下さいつつあります。
わたくしは、アドバイザーに徹して、ゆくようです。
それが、良き路行きで御座います。
 
この、現代発見から50年で、
直訳族と、マトモ派との区別が付いてきたことが、
ひとつの、石据えの出色であります。
わたくしは、鬼でも魔物でもありません。
わが国を心底から貴いと敬慕するだけの心情で御座います。
その心からの事ですから、変なことされたらムッとなると言う訳で御座います。
目的が、愛国的なら、すべて、共有できると思うのですよね。
          ∞     ∞      ∞     ∞       ∞
 
とは、申しましても、おかしなもの挿入は、本当に困った事で御座います。
困り困りの大問題で御座います。
ミミズク、なんて、ヲシテ文献には金輪際に典拠が有りません。
「因幡の白ウサギ」も同じく、ヲシテ文献には金輪際に典拠が有りません。
よくよく、
みなさま、『古事記』『日本書紀』とも比較をなさって、
原典に沿った読み方をなさって下さいませ。
ミミズクも、白ウサギも、ヲシテ文献には、一再合切に記述が有りません!!!
やはり、そのようなことを云々と喧伝して言う人は、
へんてこなくっ付けての、貶めの、人達でしょうね。
ミミズク・白ウサギなどのおかしげくっ付けの、
人達は、根本からの目的を、
わたくしたちとは大きく違える人種なのでしょうね。
いわば、現代での、一種の「ハタレ」と、申して間違いなきことで御座いましょう。
Chinaでは、嘘も、騙すも能力のうちといった風潮も御座いますが、
それは、我が国の、縄文建国の歴史からしましたら、
100%相容れない事項です。
 
3代住んだら、当国人と、
京都でも言われてきてもいました。
融合の事も必要です。それには、我が国の事を尊ぶ気持ちが、
ひとえに重要ですよね。
そして、
その指針を指し示すにも、
ヲシテ文献、「ヲシテ国学」でなくてはね!!
と、私は思うので御座います。
考えてもみて下さい、
帰化人の人に『古事記』『日本書紀』だけ読んで、
さあわかっただろー、と言っても、
それは無茶なことだと、
私は思うので御座います。
 
 
 
ミミズク教だ、白ウサギ教だと、
そう思われたら、
千年のミソギが必要です。
 
ここのところに、
間違いなきようにと、
わたくしは、心を込めて来てまいりました。
 
              ・
 
 
本来の、
わたくしの主力を注ぐべきは、
解明の方面の仕事だと思っています。
まだまだ「なんだろーな?」の個所は多いのです。
ここを、
もっとやってゆくべきだからです。
つまり、
それぞれ、得意とする分野で協力してゆくのが、
現代にも活かす「トのヲシヱ」の意味になります。

べべさん組の人が、「ヲシテを原文で読み書きすると、良いです」
と、説得すると、
結構その気になってくれる人が出ます。
わたくしが、
どんなに真剣に同じことを言っても、右の耳から、左の耳へ直通して流れ去ってしまいます。
 
それぞれの、得意分野と言うものが、
それぞれあるのです。
 
わが国の本当を取り戻すには、
わが国の本来の国字の「ヲシテ」を取り戻して、
千と千尋の隠されてしまった、本物を取り戻すことが、
何より第一です。
 
          ・         ・

現代の「有識者」諮問も、
ほんとに嘆息もので御座います。
『古事記』『日本書紀』を、Chinaイズムの除染を、
ちゃんと成し遂げないと、
本当にひどいもので御座います。
それには、
何より、
わが国の本来の国字の「ヲシテ」を取り戻して、
千と千尋の隠されてしまった、本物を取り戻すことが、
何より、第一歩です。
「湯婆(ゆ ばば)」のインチキから、本当の我が国の真実を取り戻しましょう!
 

 
毎日、二行、書くだけです。
『ホツマ ツタヱ』の1アヤから始めて下さいね。
「奉呈文」は、大体のストーリーが解かってからだと、
名文だと解かりますが、初めてだと、意味韜晦で、それで直訳に走っちゃうのです。
 
ひと月の、30日、2行づつ書き始めたら、
確実に見えてくる世界が変わって来ます。
それが、China除染です。
 
 
女房も、やっと、30年余ぶりに御神輿が上がりました。
何時が初めでも、それは、いっこう差し支えありません。
何でも巡りのぐるぐるのウチの事で御座います。
ウロボロスのことで、此れも真実だと思うのです。
卵が先か、ニワトリが先か?
議論などしていても、所詮は、詮無い事です。
ヲシテを二行づつ、毎日、30日やってみて下さいませ。
今日も、女房も、ヲシテを書いていましたです。
わが国の根本の取戻しです、ゆっくり、気長に…  たのしみながら…  。 
 
 
 
だって、
ヲシテで考えるから、アマテルカミのお悩み事と、同一の土俵で渡り合えるのです。
これって、すごいことだと、
わたくしは、そう思えるのですが。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »