2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大村智先生のこと。 | トップページ | 国家意識のこと。「ヲシテ国学」の意味合いのこと。 追記、長島の一向一揆のこと。 『国書総目録』の事も追記しました。 »

2016年8月29日 (月)

京都の会場が定まりました。

お寺で「ヲシテ」?  と、
疑問に思われる向きもありましょうが、
愛国者精神の基本姿勢で一致しているのです。
Kyoutowosite1_2
9月には、開催しません。
次回の日程は、10月29日です。
11月から、第三土曜日の定期の開催になります
          ・         ・
日蓮さんは『立正安国論』で、
国家の安寧を強く願いました。
思えば、松本善之助先生の菩提寺も日蓮宗です。
そう言えば、松本先生から、日蓮さんの事を書けと、
言われても居りました。
実現は出来ていませんが、その思いはあります。
そうなのです、
縁(えにし)は、不思議につながっていました。
愛国者精神の基本姿勢で、よくよく考えたら一致でした。
また、思い起こせば、
日蓮さんは、最晩期に、病を押して富士山に行った帰りに、
富士山御師の本庄家にも行って居ました。
そこで、愛国者精神の共感から、
当時の当主の本庄采女(ほんじょう うねめ)さんは、
弟が住職をしている寺を、日蓮宗に改宗させた、
経緯もありました。
これも、愛国者精神からの成り行きです。
当時、お寺の関係のお方にも、愛国者精神は、
充実してみなぎっていたのですね。
そのような訳から、
日蓮さん所縁(ゆかり)のお寺で、
「ヲシテ」の講義も、
愛国者精神からの成り行きと、
そう理解をして頂けますでしょうか?
コモリカミの瀬見の小川の、糺の森にも、すぐ近くです。 
 
Photo_2
 
Photo_3
 
Photo_5
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 大村智先生のこと。 | トップページ | 国家意識のこと。「ヲシテ国学」の意味合いのこと。 追記、長島の一向一揆のこと。 『国書総目録』の事も追記しました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都の会場が定まりました。:

« 大村智先生のこと。 | トップページ | 国家意識のこと。「ヲシテ国学」の意味合いのこと。 追記、長島の一向一揆のこと。 『国書総目録』の事も追記しました。 »