2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月21日 (木)

「ヲシテ国学」の構築のこと、ハチに刺されたぐらいでは?  それも、アメかも?  追記、大笑い、「神代文字」 ・ ご注意下さいませ、「偽書運動」に付きましての事。 ハチ刺されの快癒のこと。開業のお祝いの、飾り花瓶の事。 冷泉家のお題「紅葉」のウタ。

ハチに刺されました。
この数日間、くたびれました。
発熱の方も収まって、やっと、安堵です。
Hati2
 
と、いいますのも、寝床の布団に、足長蜂が居て、
それで噛まれたのでした。
何処に災難が有るのか?
これほど、テロなどの予知不可能な事項が、
多くなってきました時代は、大変で御座います。
ハチに噛まれる程度は、「ねずみ男」にかまれるよりも、
気楽なもので御座います。
さて、このところ、
国語の原初に付いて考究を深めていました、
寝床の布団で、ハチに刺されたとは、
ハチに、もっと、深くやれと言われたような事でしょうか?
まだまだ、足りない、やり足りないと言わんとしてますのでしょうか?
 Tannsann1
                <女房は、炭酸水にご執着です>
まだまだ、「ヲシテ国学」の構築には、
先が長い長い事で御座います。
国語の、
その、
わが国の本来の定理を求めて定めてゆこうと、
そうこころざしておりますから、
路行きは大変な荒行の事で御座います。
やっと、端緒に付いたばかりで御座います。
よろしく、
ご支援の、さらに、ご鞭撻のほどをお願い申し上げます。
     ・        ・          ・
とは言え、
まだまだ、
長年かけても、
もっと長年待たねば、
解かって貰えない、お人も多いもので御座います。
 
と申しますのも、
松本善之助先生が、記紀の原書であるのが、
『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」であると、
その発見をなさって下さいました。
ここが、現代における起点になります。
ところが、
そこの、一番大事な「記紀の原書」の新発見の事を、
無視して、
そして、
直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」におとしめて、
流布して金もうけしようと、そういった人たちが、
溢れちゃいまして、
もう、数十年のことで御座います。

 
微力にして及ばずながらわたくしが、孤軍奮闘しておりましたらば、
東京の青木純雄さんや、大阪の平岡憲人さん、さらに、東京の斯波克幸さんなど、
四国の合田さんとかそのほかにも、多くの傑出したお方様が出現してきてくださいました。
 
もう、
この頃の、わたくしの車の運転も、切迫感をぬぐう事が出来ました。
女房も、乗っていても、足を踏ん張らないでよくなったと言ってくれています。
つまり、
わたくしなんぞは、いつ死んでも、そうたいしたことではなくなったのです。
それで、大きな切迫感が飛んで行きまして、
もう、
ご気楽なもので御座います。
 
もはや、
時代は変わりましたですね。
昨日は、河口湖で本庄さんや、
すごく深いご理解くださいますお方様に、
お会いしてきました事でした。
Kawagutiko2
            <いつものラ・ポサーダの、お宿です。
             新築・8人仕様の部屋があいてました。
             いつものとおり、キッチンが充実です。
             ゴボウの花が美しかったでした>
以前は、寸秒が切迫されて、
いつも息を切らせておりました。
そうではない時代になりました。
そこで、
ゆっくり、あれこれ、お話ししておりましたら、
お昼から、もう、夕方の7:30の宵宮の稚児舞いのフエ(笛)の音楽が聞こえてきました。
Asamajinnjya1  
               <幻想的な、雰囲気でした。
                 河口湖の、 
                 河口浅間神社、です。
                 『延喜式』記載のは、こちらが、
                 順当であるようです。
                 北口の方、富士吉田は、
                 江戸幕府になってからが、
                 さかえて来ましたのが、
                 考えてゆく根拠になります>
夕食も、とも思いましたが、
翌日は、移動日で、その次の日わたくしは仕事です。
またの機会にと思いました次第で御座います。
 
             ・           ・
 
なお、
ハチ刺されで、
ご心配下さいましたりしました。
もう、快癒いたしております。
ご心配、有り難うございます。

Photo
              <キノコのおかげも大きいと思います。
               岩出菌学研究所さんのおかげで御座います。
               まだまだ、これから、少なくとも40年を、
               最低目標にと仕事を元気にやってゆこうと、
               そう、考えております>
また、
今回の河口湖訪問の主の目的は、
本庄家の富士山御師の再興のお祝いです。
女房の梅鉢文の飾り花瓶をお祝いの品に、
贈呈致しました。
Photo_3 
             <梅鉢紋様が、本庄家の家紋とのことです。
              特別制作の、飾り花瓶です。
               いつもの、焼き立てほかほかの状態です。
               前日に焼き上がりのほかほかですから…。
               文字どうりの、ほかほかです。
              日・月・年が経つと、陥入が入ってきたり、
              色合いが落ち着いてきたりします。
              おそらく、萩のピンクの発色も、
              少し出て来るのかも? と、想像しています。
              金属の微量の鉄の、
              還元性の発色が、薄くてピンクです。
              特別の記念としての製作の花瓶なので、
              本庄家に長く置いておいて欲しいですね。
              『ミカサフミ ワカウタのアヤ』の記念です。
              感謝にと、その記念の花瓶です。 
              また、数年後、数十年後にどんな調子になったか?
              見るのも楽しみです。 
              活けても良し、活けなくても飾っても良しです。
              花一輪の、活けにも映えます花瓶でしょう>
 
 
          ・            ・
 
冷泉家の、藤原俊成卿の法要の秋山会に、
献歌のお題が「紅葉」でした。
昨日(7月29日)に、わたくしは詠みました。
Tuisokawaranu  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年7月16日 (土)

比較的に大きな「ヲシテ文法」の発見の事。 また、さらに、特に、スグリのうつくしいこと。

青森から、いつも素晴らしい美味しいものを頂戴していますが、
スグリのこと、初めてでした。
Suguri
あまりに、ピカピカ美しいので、
ピントも合わせられなくてすみません。
Annzu
さらにも、アンズも完熟で、とっても美味しくて、ビックリ仰天の、
美味しさでした。

綺麗ですね、その美しさに、ビックリしています。
北の大地のうるわしさです。
 
    ・      ・

このところ、
わたくしは、

国語の源流に挑んでいました。
ちょっと、目を引く発見を得ましたです。
つまらないような地道な積み重ねの作業が、
わっと、アイデアを展開発展させてくれます。
縄文文明の素晴らしさは、
まだまだ、発見途上にあるその事ごとです。
ちょっと、
解明のカイマを提示いたします。
解かる人には解かることです。解からないお人は、、そうですね。
 また、お勉強の事をお願い申し上げます。
数日来の集中的な洞察の結果が下記です。
Nnnokoukyuu1
解かる人には、ちゃんと解かると思います。
結構重要な発見です。
もっと、ベースには、何十年来の基礎研究が、
その事からの疑問点について、あーでもない、こーでもないと、
思案に暮れていての事がたたき台には御座います。
この、ベースが解かって貰えますと、
何を思考の思案に暮れているのかが?
其処のご理解にも来て頂けるかとも思います。 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

2016年7月11日 (月)

どこに、アマテルカミの、男性のことと、実存のことが、記載があるのか?

先日も、
東京で、靖国神社のすぐそばで、
大きな事務所を構えておられて、
ご著書も10冊をゆうに超えるほどの、弁護士さんから、問い合わせが来ました。
わたくしの上京の際、靖国神社に参拝の折には、
お訪ねしたりする,
旧知の弁護士さんからの、
お問い合わせです。
「アマテルカミの、男性のことと、実存のこと、
何処に書いてあるのか? 」
とのお問い合わせです。
そこで、
すなわち、
わたくしの書籍には、すべて記載をしています。
と、答えました。
また、問われます。
「端的に解かるのはどこだ?」
とも聞かれました。
やはり、『ホツマ辞典』(池田満、展望社)が、
冷静な立場で淡々と語りつつも、
大きな枠組みは、きちっと、はめ込んであるので、
良く解かるとお奨めしました。
その、「序文」のところを、掲げます。
この事からしましても、数年来の旧知のことでもなくて、
一般で、『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」を、
近々の事にお知りになられたお方様には、
まだ、
『ホツマ辞典』も、見ても貰っても、
ありませぬ、お方さまも多いような事で御座いますか?
と、思いました次第で御座いました。
世の中は、とっても、広い事で御座います。
 
Jisyo1_2  
Jisyo2_2
Jisyo3_2
Jisyo4_2
Jisyo5
Jisyo6_2
Jisyo7_2
         ・        ・
つまり、
『ホツマ辞典』の「アマテルカミ」の項目を見て頂いたら良いわけです。
でも、
その前提条件に、
『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」は、
『古事記』『日本書紀』の原書である。
という、
最も大切な事実に付いて、
理解をして貰わねば、
スカスカの、お話になってしまって、
「ほつま(直訳偽書の秀真伝)」では、
こんな話になってる!!
と、
いささか、自虐史観的な、
その理解ベースに貶められる危惧が濃厚に、
此処に有ることを、私は見て取らざるを得ないので御座います。
我が国、わが祖国、わが本当の「日本(ひのもと)」の、
文化・文明の素晴らしさを、ヲシテ文献の研究で、
やっと、わたくしは解かり得たので御座います。
その、貴い光輝を、
貶めされたら、心外なので御座います。
これは、アマテルカミの貴さを慕い敬慕するが故なので御座います。
スカスカの、お話の、
「ほつま(直訳偽書の秀真伝)」では、
こんな話になってる!!
に、貶め族に、バカ話の提供に終わるのは、
幾ら何でも悲し過ぎると言うものなのです。
と、
わたくしは思います。
これは、
高貴なダイヤを、誰もなかなか買ってもらえないので、
100カラットを、10円で売りますと言うような、そんなバカ話です。
それじゃいくらなんでも、悲しいわけですね。
時が来たら、
ヲシテの貴さは、万人に認められますから、
今世間が、不理解だとしたら、だまっておいて、
研究や、波及の仕事の基礎の仕事をやっておくべきです。
無理強いして、押し売りしても、なにも、良い結果はついても来ません。
至ってバタバタやる安売りは、破滅を招くだけです。
時を待つしかないのです。
時流の経過は、
それは、時代の流れです。そこには、大家の(大厦のまさに)行き行くむねについて、
一人や二人の竿を指してどうなるものでもありません。
 
極めて、先の先を目指すものは、
究極の真面目さによって起き得ます。
つまり、
ちゃんとした研究をやっているのだという事に尽きます。
わたくしや、青木純雄さんなどなどは、
まったく真面目にやっております。
そのところの、ご理解と把握をして貰って、
その上でお尋ね下さいます、のかどうか?
此処を、わたくしは、きちっとしておかねばならないのです。
アマテルカミに、申し訳ないですからです。
直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」と、
一緒にされたらたまりませんです。
     ・     ・     ・
直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」は、
どう見ても、江戸時代頃の偽書になってしまっているからです。
 
せっかくの、「真書」を、
「偽書」にして、貶めて良いのですか?
誰に聞いても、直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」は、
江戸時代頃の偽書です。
色々なお人も居られますから、
わたくしの一部の言葉の端々を、カットして、
その人の言いたいような高度な加工をされたら、
まったくもって、
別次元の回答を、私が言って居るような事にもなりかねません。
そこが、注意のしどころの事で御座いますね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年7月10日 (日)

記紀の原書に、真面目に取り組む、その気概の事。『ホツマ ツタヱ』など「ヲシテ文献」の、本当の路筋の事。

南シナ海情勢で、
世界は緊迫をしてきています。
小笠原諸島の近海に、赤サンゴの暴力的な密漁でも、
やられっぱなしに近い被害を受けていました。
酷い近隣国もあります、のです。
防衛の事は、きちっとやってゆかねばなりません。
 
さて、
青山繁晴さんの、ご当選のこと、安堵いたしております。
         ・       ・
ヤマ百合の花が美しいのが有りました。
Sayuri
     サユリ花 ひとふるさけよ
     かおりくる 風に声あり
     幸いにゆく

     ∞      ∞      ∞

さて、
わが国の根本のこと、
『古事記』『日本書紀』の原書が発見され、
マトモな研究もここまで進んできています。
どう言った心構えが、「マトモ」だと、
わたくしの主張は、余り皆さまに届いてもいないようです。
序文やまえがきなどは、読まない人も多いような事を、
この頃聞きました。
そこで、
『記紀原書ヲシテ』(池田満、展望社)の「まえがき」を掲示いたします。 
 
Kikigennsyo1
Kikigennsyo2_2
Kikigennsyo3_3
Kikigennsyo4_3
 

 

 

 
 
 
 
 
 
 

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »