2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 他人の幸せを願う気持ちのこと、「トのヲシヱ」のこと。 | トップページ | 「おしゃべりな腸」ジュリア・エンダースさん。 床下の修理の事。 »

2016年5月21日 (土)

ちさの花が、良い匂いでした。 「トのヲシヱ」のこと。

熊本地震のこと、
お見舞い申し上げます。
Tisa
           <チサは、エゴの樹とも言います。
            チサは、花の麗しさを言う呼び名です。
            ヲシテ文字でのイメージで、良く、納得できます。
            エゴは、実がサポニンを多く含んでいて、
            魚毒になり、溶液を流して、魚採りに使った、
            実用面からの呼び名です。
            なんでも、物事には二面性をみれます>
災害も、 。  本当につらいことです。
明日は我が身で御座います。
地球のダイナミックさの動きのおかげで、
大きな電磁バリアーが形成されていて、
X線からも、太陽フレア―の脅威からも、
大きく守られていることも、事実です。
Hamabouhuu
               <ハマボウフウのつぼみです> 
日々のしあわせを、どう噛みしめるか?
それを、その大切さを思えてなりません。
Hamaasagao
                 <ハマアサガオです>

大伴家持も、なげいて戒めて歌っていました。
家持は、
「ちさ」の花を、家庭円満のたとえにして、形容詞的意味に使っていました。
「ちさ」の花を手折ろうとすると、虫がわんさか群がっていますので、
ご注意ください。
それを目指して、鳥達もやって来るのですね。遠い遠地からも。


ちさの花を、香りに、
ほだされまして、詠みました。
Tisanohana
そうしましたら、
女房も詠みました。 

「トのヲシヱ」の、現代復活が、
建国の理念としての、
その復活をしてゆく事だと思うのです。
 
Utuki 
ウノハナの、
手前の薄紫の花が、何の樹なのか?
まだ解からないでいます。
もしも、お解りのお方様、
お教え願えますと有り難いです。
香りもすてきな、良い色です。
  -追記-
この花は、
「コアジサイ」であると、
昨日からの来客の人が調べて下さいました。
なお、
やっと今日(H28,2016,5,23)になって、
ホトトギスが、朝に鳴きました!
ホッとしました。

 

Asebi
              <アセビの新芽がうつくしいです。
               白い花は、ガマズミです。
               つぼみはウツギ(卯の花)です>
 
Yamabousi
                    <ヤマボウシです>
 
Sagyoutyuu
                <いまやってます探究の仕事です>
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 

« 他人の幸せを願う気持ちのこと、「トのヲシヱ」のこと。 | トップページ | 「おしゃべりな腸」ジュリア・エンダースさん。 床下の修理の事。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちさの花が、良い匂いでした。 「トのヲシヱ」のこと。:

« 他人の幸せを願う気持ちのこと、「トのヲシヱ」のこと。 | トップページ | 「おしゃべりな腸」ジュリア・エンダースさん。 床下の修理の事。 »