2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年2月15日 - 2015年2月21日 | トップページ | 2015年3月1日 - 2015年3月7日 »

2015年2月26日 (木)

おウタの事。心敬僧都(しんけい そうず)の氷の論の事。茶道の「わび・さび」の事に関連しまして。

「なべ」「かま」の違いの考察から始まりまして、

茶道の「わび・さび」の事柄にも、考えが及んでまいりましたら、

やはり、和歌の論にも話が至ってまいります。

Tuhaki1

            <織田有楽斎ゆかりのウラクサイの椿です>

なぜならば、

千利休も、藤原定家の和歌の掛け軸を掛けたりもして尊重しているからですね。

そこには、和歌で培われた境地に付いての、尊重が見て取れるからです。

                 ・

さて、

漢字文献を見ただけでも『日本書紀』からはじまり、『万葉集』『古今和歌集』や『新古今和歌集』など、あまたにも、多くの和歌が詠まれ残されていました。時代も遷り変わります。『万葉集』の和歌の風(ふう・風情)と、『新古今和歌集』とでは、随分とその歌風が違ってます。

その後には、段々と連歌にと、また、俳諧にと時代変化が起きてくるわけでした。

Ake

さて、

歌論の事も、古くから多くのモノが記されてきています。

漢字文献を見ただけでも、多いのですが、茶道の「わび・さび」に直接にビビッと響いて思い出されるのが心敬僧都(しんけい そうず)の歌論です。

特に、『ささめこと』『ひとりこと』が注視されるものです。

Photo


『ひとりこと』は、「続・群書類従」の第17輯下の1120pにあります。

その中で、1129pを、上に掲げました。

「群書類従」「続群書類従」「続々群書類従」は、大きな図書館なら置いてありますから、図書館利用をまずはお勧めします。

さて、上掲の心敬さん(しんけい さん)の説ですね。

3行目の下から2文字目から、お読みください。

現代人には多少読み難いかとも思いますので解説を交えて読みゆきますね。

「げにも(如何にも)、水ほど感情深く清涼なる物は無し。 春の水といえば、いとのびらかにて(のどやか・平らか)にて、おもかげも浮かびて。何となく不憫なり。 夏清水の本泉のあたり又ひら寒し。 秋の水と聞けば、心も冷えて清々たり。 また氷ばかり(氷ほどにも)、艶(えん・つや)なるは無し。(氷こそが艶そのものである)   苅田の原などの朝、うす氷。 (雪の)降りたる檜皮の軒などのツララ。 枯野の草木など。 露霜(つゆ・しも)の閉じたる風情。  おもしろくも、艶(えん・つや)にもはべらずや!(あるであろうや!) 」

こんな、雰囲気の事を心敬さんは述べてます。

水が、目にも明らかに物象を変化させて、それが、天地の成り立ちの原理を知らす極みに見えて、それを艶(えん・つや)と表現してるようです。

それは、ひとり、心敬さんが言いだしたことか?  とも、ならないようなのですね。

心敬僧都の『ささめこと』をご覧いただきましょう。「群書類従」正編の17輯の32pです。

Photo_2
心敬さんは、『ささめこと』の中で、上掲の7行目に「先人かたり侍る(はべる、お語りになられました)」として、先人の説にあると、根拠を述べておられます。

ちょっと、現代人に読み難いかとも、思いますので、一緒に読んでおきましょう。

「先人がお述べになられておられます。

水無瀬殿(後鳥羽天皇)の御世にぞかし(の事でした)。

いにしえにも、おさおさ(及ぶべきはか)越えたる歌の仙(名人)、数を尽くしていまそかりける(今に出現した)。さまざまの風(歌風)をしたひ(慕い)塵(多くの)を尽きて道の奥を極め    

  ~   云々   ~ 

かしこき和尚(清巌正徹和尚)の生まれ合いたまいて、いときなき(幼少のとき)より、としたかき(壮年・晩年)まで、ことの葉の林の多くを尋ねて、心の泉の底を尽くして、  水より出でたる氷のごとく、浅きより深きにうつり給えり」

と、つまり、心敬さんからしましての先人の伝えに拠るわけです。

「水より出でたる氷のごとく」が、キーワードですね。

 つまりは、 おそらく、心敬さんのお師匠の清巌正徹さんの教えからのものだったようです。

でも、清巌正徹さん(せいがん しょうてつ さん)の独創であるかどうか? は、まだ、不明ですね。清巌正徹さんには『清巌茶話』(「続群書類従」第16輯下、921pに所収)が残されていますが、そこには具体的には述べられてはおりません。 水と氷の話の譬えは、もっと、古い時代からのアイデアであった可能性が高いです。

また、心敬さんは、他にも多くの面白いことを言ってますが、そのうちのひとつ。

Photo_3

『ささめこと』下の、「群書類従」17輯の58pです。

10行ぐらいから、世の無常の事を、述べてます。

「わび・さび」のこころの根底には、この心情、世の定めに付いての諦観と、肯定的に受け入れてゆく心情のさとりがあっての事であるかとも、思うのです。

 

                 ・       ・

さて、そのように考えますことが根底にありまして、

茶道においての「わび・さび」の事柄、その心境の事ですが、

千利休にもそうですが、

がちっと、まとめられましたのは、

武野紹鴎さん なのですね。『紹鴎茶湯百首』を、残しておいでになられます。

この書は「続群書類従」の第19輯下の、447pに掲載されています。図書館で見て頂くと良いでしょう。

最後の一首を掲げます。

  習うをは(ば) 塵芥(ちり・あくた)そと(ぞと)

  これを知れ 書物は反古(ほご)

  腰張り(下張りのようなもの)にせよ

と、あります。意味深なもので御座います。不立文字とも言いますか。筆舌に尽くしがたき事々の多いことを思います。武野紹鴎さんのことは、『利休の師 武野紹鴎』をお読み下さいませ。

             ・         ・         ・

さて、

此処までが、漢字文献類でのことですね。

でも、本当の日本の文明は縄文時代や弥生時代にも溯る事は考古学の発掘によって物証的に、誰の目に見ても明らかになってます。縄文・弥生は、我が国の基層の文化・文明だとその理解はもはや動かせないでしょうね。

そこを、ソフトとして文明の姿を理解出来得るのは、記紀の原書としてのヲシテ文献による文献学なのですね。  

どれほどにも大変でも、やっぱり、ちゃんとやって行かねばなりませんです。ヲシテ文献が現代発見・現代研究が進んで此処まで来てるのですからね。記紀の原書の出現なわけなのですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2015年2月15日 - 2015年2月21日 | トップページ | 2015年3月1日 - 2015年3月7日 »