2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年12月13日 - 2015年12月19日 | トップページ | 2015年12月27日 - 2016年1月2日 »

2015年12月24日 (木)

忘れられていた大切な事。次ぎに出版するべき書籍への工程の事。

『ホツマツタヱ』など、ヲシテ文献を、ヲシテ国学に構築してゆくには、

写本の発見も必要ですし、こまかで地道な研究も必要です。

Yuyake1

さらに、ご説明も、もっともっとしてゆかねばなりません。

もっと解かりやすく、もっと深い意味合いも、

毎日毎日、少しずつ、思索は深まってまいります。

Photo

            <カラス・サンショウの実です。

             少しだけ、香ります。

             食用のアサクラ・サンショウのように、

             良い香りになるように、私の文章も、

             いろいろ、勉強と修業の毎日です>

次に発表すべき書籍に向けて、

準備を整えつつあります。

以下、一部の文章の下書きです。

 

 

       ∞      ∞     ∞     ∞     ∞

 

 

 忘れられていた大切な事 

 

 『ホツマツタヱ』など、ヲシテ文献を熟読してわかったことは、我が国の漢字以前の時代にあった高度な理念でした。これを現代・未来に復活してゆく事がこれからとっても重要だ、と、わたくしには、強い信念が生じました。

 従来までの一般の常識ですと、漢字以前は文化・文明以前だったと、思われてきていました。ところが『ホツマツタヱ』など、ヲシテ文献の出現と研究成果から、ものの見事に、従来の常識は打ち破られました。

 爽快です。何故ならば、我が国の光貴さがもっとますます光るからです。千数百年もの、長い間に先行していた常識は、もはや、非常識と考えるべき時代が近付いて来ています。

 

     最重要の「トのヲシヱ」

 「トのヲシヱ」と聞いても、多くのお人は初耳でありましょう。「トのヲシヱ」とは、『古事記』『日本書紀』などに漢字文へ翻訳した8世紀のころには、すでに隠蔽されて隠されてしまっていた高度概念でした。漢字文への翻訳過程も、一度っきりではなくて、複数、何回にもわたって切り貼り当て直しがされたと推測されます。今でいうならコピー・ペーストが漢字文翻訳過程で何回も繰り返されたため、劣化が起きたわけです。『古事記』『日本書紀』などに漢字文は、こうして、時代変遷を受けつつおこなわれてきています。千二百年にも及ぶほどの時代変遷の荒波を受けたためです。

それで、「トのヲシヱ」と聞いてもピンと来ないのは当然の事です。今初めて、わたくしが現代的説明での「トのヲシヱ」を説き始めたばかり。そういう状況が、今現在の偽らない実状です。

ヲシテ時代中期の高度概念の「トのヲシヱ」は、漢字に直訳では上手くゆきません。(ケイ・あかいたま)」の漢字に当てるのが、『日本書紀』以来おこなわれてもいました。ですが、実に、この「瓊(あかいたま)」の直訳の誤訳を広めることが、私たちの宝物を隠蔽する計略そのものでした。漢字にコピー・ペーストをする際に、

恣意的で低俗な誤訳をかぶせて高度な概念を隠蔽するわけです。わたくしたち「日本民族」の高度な高貴さを隠ぺいして隠ことで、

貶めをするのです。こうして、8世紀の頃に帰化人たちは、重要な指導的地位を奪っていったのでした。

 「トのヲシヱ」の精神の概略の考え方は、「自立した人々が、協力をすることで、相乗効果が発揮できて、1+1=2よりも大きな結果を生み出せる」ということです。だから、社会を築いてゆきましょう。と、国家の建国の原動力にもなってゆくわけです。これが、漢字渡来以前の、本当の、我が国の国家建国の精神の根幹でした。

 「トのヲシヱ」を、「瓊(あかいたま)」の漢字に当てては、大間違いです。

 

 

       ∞      ∞     ∞     ∞     ∞

 

とは申しましても、

従前に刊行してます解説書籍は、それはそれで、

生命を十分保っております。

国家の成立・構成と、記紀との対比などを纏めて述べた『ホツマツタヱを読み解く』。

アメのミチや縄文哲学と、一神教との関係を詳述した『縄文日本のこころを旅する』。本当の意味での世界平和をもたらしてゆく考え方を述べました。


ヲシテ時代の終末期にあたって、ヤマトタケさんのおこころを探る『ホツマで読むヤマトタケ物語』。

そして、

総合的入門書の『ホツマ縄文日本のたから』。我が国の国風の温かみのある雰囲気が如実に解かる。天照大神のことより、もっと、本当のアマテルカミの素晴らしさを知る本です。 


これらの四冊の書籍は、これから何十年経ても、価値が減ることもない書籍だと自認しています。

どなたさまにも、四冊の内に、こころの琴線にビンと触れる本があると思います。

国家に思いのある人。

大きな哲学・宗教に思いのある人。

ヤマトタケ(日本武尊)さんのこと、ヲシテの終末期に思いのある人。


我が国の本当の姿に、本心から訪ねたいと思う人。


それぞれの、思いの切り口に合わせたわけの、

四冊の入り口です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2015年12月13日 - 2015年12月19日 | トップページ | 2015年12月27日 - 2016年1月2日 »