2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年12月6日 - 2015年12月12日 | トップページ | 2015年12月20日 - 2015年12月26日 »

2015年12月17日 (木)

大坪併治先生、105歳のギネスものの、ご新著の事。追加:「笑う事」。   「ほそり」と「しおり」、「わひ」と「をせ」のこと。

新しく考えが及んでゆく事は、

いつも、
常の事で御座います。 
Photo
            <京都の上賀茂神社に向けてのバス停で、
             女房がひらっと受けたイチョウです。
             土に触ってないと、言ってました。
             そういえば、「ひとはおつれは」
              の、言葉も思い出されます>
枯れてゆくうつくしさ。
枯れ木にも、凛としたうつくしさ。
かれて、そして、次の季節に生え行く息吹のうつくしさ。
時代に、
時の移り変わりに、
翻弄されるとは、一面の見方であるようです。
つねに、移り変わり、千変万化に変容してゆくのが、
あたりまえの自然です。これが「アメのミチ」の真実です。
Photo_3
そういえば、
連想はあれこれと続きますね。
 
芭蕉は「ほそり」と「しおり」の区別について解かってきたようです、本邦初の感覚だと思います。
おもしろい感慨深い感覚です。芭蕉ならではの、天才を思います。
        ・         ・
 
「わひ」の言葉の概念に付きまして、いろいろ考えるところも多く御座います。
まだまだ、先の事になりますでしょうか?
此処と言った詳しくわかるようなご説明に結びつきますのは、まだまだ先の事になりますでしょうか。早い時期に至って来ることを、常々つよく希求致しております。
 
             ・
 
さてさて、
大坪併治先生のご新著が刊行されました。風間書房さんからの刊行です。
今日、やっと、到着いたしましたところで御座います。
わたくしの作業現場の中に、入りました。
その成果が、ここに、結実しています。今年105歳になられておられます。
下巻のp955から、p1079まで、「事項索引」と「語彙索引」とに、
二本立てになさって、工夫を凝らせておられます。
さすが、大坪併治先生ならでは… !
Gennba2
現場は、本当の現場は、この写真でも                                                               だいぶ整理して写した様なことで御座います。
さらにいいますと、根幹の本当の現場は、こころの中ですからね。
『記紀原書ヲシテ』の在庫がなくなったと、展望社の唐沢さんからのお求めです。訂正シールを張るのが、いつも、おおよそ3日掛かりの作業です。一生懸命にやって、です。それが、美味しいお酒を送って頂いたりしまして、ホッともしましての今日でした。実は、朝から、歯医者さんで、虫歯をゴリゴリ削られて、思わず涙も流れての後ですから、ご憐意のことも頂戴頂けますでしょうか?  訂正シール貼りも4日か5日の作業になってしまいますようです。たまには、こんな事の成り行きも、許してもらえますでしょうか? 「しおり」の事々だと思召して頂けますれば …  。  ジンジン来る虫歯から、腫れ上がりの来ないことを願いつつ。

 
 
お抹茶も、値段が高いから良いともそういう事ではないと思います。
わたくしのいつもの常使いは、柳桜園さんの「初昔」です。
上等のお茶をお贈り頂くこともあったりして恐縮します。
柳桜園さんにも、もっと高価な上等のお抹茶もあって、かつてはいろいろ試しました。
高価なお抹茶は、お腹にもきつく、わたくしのように朝晩にもないように、頻度が頻繁にも多く頂いておりますと、中程度から、ちょっと下がる程度のランクの濃茶仕様のお抹茶が良いようです。
何でも、
実際に試してみまして、そこから、工夫の事が大事だと思います。
それが、
大坪併治先生に、授けて戴きました最も大切なお教えであると思っております。
つまり、
実際にやってみてどうなのか?
そうしたら、これから、
さらには、どうやっていったら良いのか?
そこの工夫の所の考え方の事です。

         ・          ・
 
そうして、
もうひとつの秘訣を、
付け加えます。
 
工夫したことで、上手くいったら「あはは」と楽しみましょう。
工夫が上手くゆかなかったら、「えへへ」と笑いましょう。
そうして、次にどんな工夫をしてみようかと、
楽しみを、考えましょう。


 


 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2015年12月6日 - 2015年12月12日 | トップページ | 2015年12月20日 - 2015年12月26日 »