2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年11月22日 - 2015年11月28日 | トップページ | 2015年12月13日 - 2015年12月19日 »

2015年12月 7日 (月)

忘年会のシーズンで、こんな事もあるのかと、何か参考になりそうな。   「いせの会」の録音の事が電池切れで、発送が少々遅れております。

夏井睦先生のブログは、

いろいろな、勉強になることが多いです。
健康面や、人付き合いなど、その他に多岐にわたります。
時々ご覧になられたら、きっと面白いと思います。
 
ちょうど忘年会のシーズンになり、
お酒の飲めない人の苦労なども、
目の当たりにする感じを持ちました。
人は様々で御座いますね、わたくしなどは、
お酒との距離をどう置くかで、
常に試行錯誤ですが…。
 
そのような事で、
どうぞ、
おもしろいので、ご覧下さい。
また、
も、
また、参考になると思います。
Photo_3
             <ヲシテ時代の中期の「キハミオチ」は、
               現代語では「黄ばみ落ち」に、
              そんな感じになってまいりましょうか?
              ハゼの写真を掲げましたが、
              クロモジの黄色いモミチも美しいものです>
『カクのミハタ』の一冊の『トシウチニナスコトのアヤ』には、
「きはみおち」の言葉が出てまいります。
 
Photo_4
ヲシテ文字の5・7調の原字原文を見ますメリットは、
ここでは、特に感じられますこと、
それは、
外二点濁点表記の事です。中一点濁点は、ヲシテ時代にもさかのぼる可能性が強いです。
でも、外二点濁点表記は、伝承時代の、後になってからの付着物だと理解されるべきです。
その区別が、ヲシテ文字の原文で一目瞭然になります。
 
Photo_7
「ヲのカミ」とは、温かさを齎す働きの事を意味します。
お月様も、もう、下弦を過ぎました。
あと数日で、ネツキ(旧暦の11月、シモツキ)に入ります。
いよいよ、フユの本番になり、シモ(霜)の月になります。
 
                 ・
思いがけずの事は、
日常茶飯事に起きてまいります。
昨日のダンスのパーティでは、
手を握ったグリップを、放(はな)させてくれない人が居て、
どうしても、簡単なリードでさえも出来得ませんでした。
この事態は、私に取りまして40年来の初めてのことでした。
聞くと、手を放すと「コケそうで怖いから」とのことでした。
スタンダード(モダン)ならともかくも、簡単なラテン系ダンスなら、
セパレーツが基本ですから、手を放してもらえないと、
簡単なリードも出来ませんでして、大笑いで、こんなにおなかの底から笑ったのは久しぶりの事でした。百人百様で、よくよく、勉強の事で御座います。
足腰の衰え防止にもさることながら、リードとフォローとリ・フォローの勉強の良いモノです。
十人十色よりも、
ヒトはもっと複雑で、ひとりひとりが、まったく違うことから、
その理解をしてゆくべきだと、
改めて、
このあたりの事々を思い新たにしました次第で御座いました。
こういう観点から勘案しまして、百人百様も、まだまだ、軽過ぎる認識だという事だと思います。
なにしろ、
40年でも、初めての事が起こることは、
そんなに珍しい事ではありません。ヲシテの事でもそのことは明瞭に言い得ます。
 
    -追記-
どうして手を放してもらえなかったのか?
よくよく考えてみましたら、
わたくしがタッタか踊ってるのを、見てたのでしょうね、そのお人は。
それで、硬くなって身構えちゃったんではないか? ガチガチに。
アイス・ブレーキングが、私の方からもっと適切にしていれば良かったのかも知れません。反省しています所です。リズム感覚が良さそうだったので、そこそこ踊れそうだと思ったのが、ちょっと、即断に過ぎたようでした。

 
            ・            ・
 
11月末日の「いせの会」の録音機の具合が、上手くゆきませんでした。
電池切れが途中で起きてしまいまして、申し訳ないことで御座います。
そこで、
参加のお人に録音データの郵送をお願いしています。
データが、上手く移せるか? そこが、とても微妙なところのようです。
 
と、申しますのも、
わたくし、前日に、
ユーチューブ録音でごちゃごちゃやってて、録音機が電池の消耗がひどかったようです。
朝に確認しましたら、
3本の柱が立ってて、電池の状態は大丈夫と思ってましたのが、失敗でした。
 
お願いしました録音機の方は、
もうそろそろ、
録音データの到着があるかとも思いますが、
無理なようでしたら、
『ホツマツタヱ』37アヤの解説の部分はあきらめまして、
前半の一部の部分だけの録音と、資料の発送だけを先にしておきまして、
37アヤ部分の録音があれば、後日に、追加の発送にしたいと思っています。
もう少し、数日のあいだの様子見をさせて頂けますようお願い申し上げます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2015年11月22日 - 2015年11月28日 | トップページ | 2015年12月13日 - 2015年12月19日 »