2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年7月19日 - 2015年7月25日 | トップページ | 2015年8月2日 - 2015年8月8日 »

2015年7月31日 (金)

済南・通州虐殺の慰霊祭の事。  「ヲシテ国学 フトマニ」004「ア・チリ」の項目の事。

通州事件などの、
私も賛同いたしました。

Tuusyuujikenn

靖国神社に、済南・通州虐殺の慰霊祭にその日は伺えませんでしたので、
玉串料を贈らせてもらいました。
それで、慰霊祭記念品が来ましたので、
わたくしのところの、小さな神棚に上げさせて頂きました。
 
              ・
 
をUP致しました。
 
 
 
 
 
 
 
 

 

2015年7月28日 (火)

「ヲシテ国学 フトマニ」をUPし始めました。   水間政憲さん『日の丸で歓迎されていた 日本軍』(PHP)のこと。

お暑う御座います。

暑中のお見舞いを申し上げます。
今年は、クーラーを時々点けたりして、日中の熱さもしのいでおります。
外国の関係の「日中」もかなり熱いですね。国防はしっかりしなくちゃなりませんです。
H25455
水間政憲さんの、「一目でわかる」シリーズです。
『日の丸で歓迎されていた 日本軍』(PHP)見やすくて良く解ります。
そう言えば、国語の大坪併治先生は、おっしゃっておられたです。「鉄砲を一発も打たずに、帰還してきた」と。 それは、要するに治安維持活動だったわけですね。今のPKOと同じです。昭和14年に、大坪併治先生は凱旋帰還なさったそうでした。大坪併治先生の参加されていた部隊での主なる活動は、飲料に適した水の作成と給水活動だったそうです。
なめられると、酷く「此処まで来い」みたいな、そんな対応をっとてくるような相手には、きちっと向き合わねばなりません。
ですが、本当の理想は「ニのこころ」「トのヲシテ」の自立のある相手だったら、そんな心配はないのですがね。要は、相手の目的の事を見誤る事が、最大の過誤に繋がるという事ですね。
 
               ・
 
さて、
我が国のこと、
ヲシテ時代中期にまで溯らないと、本当の尊さ素晴らしさは見えては参りません。
『フトマニ』も、非常に大切な精華のひとつです。
ですが、むつかしいのですね。
基礎の『ホツマ ツタヱ』がそこそこ、頭に入ってないと、意味不明の直訳になっちゃいます。それでは、折角の素晴らしさが台無しです。
少しでも、オカルトちゃんに貶めされてはならじと、
出来るだけやさしい解説をユーチューブでし始めました。
やり始めると、
あーだ・こーだ、と、四国の合田さんと、意見のやり取りが活発になります。これが、本当の解明作業ですね。
そこで、ウタです。
H25454
右の一首は、冷泉家での献歌の藤原俊成卿に捧げる詠みです。
茶道のその始まりにおける「わひ」「さひ」の概念のその醸成に関わる草創期には、藤原俊成卿や、藤原定家卿のことが、大きなウェイトがあるようです。ここは、外せませんです。
左は、新しい見地の事などの思いです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2015年7月19日 - 2015年7月25日 | トップページ | 2015年8月2日 - 2015年8月8日 »