2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年7月12日 - 2015年7月18日 | トップページ | 2015年7月26日 - 2015年8月1日 »

2015年7月24日 (金)

ユーチューブ、 「ホツマ40アヤ」 、「フトマニの序文」の説明をUPしました。 本居大平の和歌の事。

台風12号の嵐が、目の形状もしっかりしています。

Arasi1_2  
本日の、日ごろは、 
旧暦で言いますとミナツキ(6月)の9日で上弦のお月様です。
暑く乾き始めの季節で「水無月」の直訳の漢字も、これだけは、まあまあです。
今日は、お月様を、拝せますでしょうか?
いまは、やっと晴れ間がありますが。
局地豪雨が降りやすいようです。
お気を付けくださいませ。
 
             ・ 
ユーチューブ、
をUPしました。
この後に、
『フトマニ』
の説明をUPしてまいります。
 
             ・
 
名張、藤堂家の邸にて、
本居大平の掛け軸がありました。
Oohira1_2
Oohira2
 
 
 
何代も掛けて、はじめて、
世にも浸透してゆくのかも知れません。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

2015年7月21日 (火)

早い事です、もう、稲穂が! 青木純雄さん『よみがえる日本語Ⅱ』助詞編

定年の事など、あれこれ、

アタフタしてましたら、もう、稲穂が豊かになってました。
Ine
これからどうしてゆくか?
いろいろ考えるところであります。 
 

             ・ 
 

それは、私事の事ですが… 

 
        ・          ・
 
 さてさて、
フジ(藤)の綺麗な絹サヤを見付けました。
どちらをUPしようかと、思い悩みましたが、
いずれもが、捨てがたしでした。

Hujimame2_3
こちらは、気長な感じだと思います。

Hudimame1

こちらは、太いですね。
どっちも、いいですね。
 
たったかやるのも、いいですね。
地道に取り組むのも、いいですね。

        ・       ・        ・
 
 
ヲシテ文献の、その広め方の事ですが、
余りにもあせって、急激に、と、急(せ)いても、
上滑りするだけだと思います。
地道に、まじめに、
原文の、ヲシテ文字の読み書き暗唱から、の、
この基礎は、どうしても経なくてはならないと思います。

これは、
どうしてもですね。

何故ならば、
アマテルカミのお使いだった文字・文章形態を知らずしては、
後世に横暴を振るった帰化人たちのやりたい放題の、それを、甘んじてるままで、本当の我が国の独立には成り得ないからです。
だから、記紀との対比比較が、極めて重要な根拠だと言うわけです。
仏像を2体も取っといて、ひとつ返してきたと思ったら、指がボロボロに折られていたのです。信用ならない人達は、早めにそういう事だと、キャッチ認識しないといけません。それが、ヲシテ時代の晩期に既に解っていたのです。その知恵を、ちゃんと、今に活かすべきです。

                ・
そのような事など、
コツコツと、基本の所だけは、
どうしても押さえておいてもらわないと、
それは、
アマテルカミに対しての、当たり前の礼儀だと思います。
我が国の本当の尊厳に対しての礼儀だと、
そう思いますです。

          ・            ・
 
 本当の我が国の尊厳は、
歴史・言葉・思想史(国家論など)から、
再構築してゆくべきです。
なにしろ、記紀の原書が発見され、此処まで、
研究が進んできたからです。
奈良朝時代頃の帰化人たちなど、
酷い、その、我が国の尊さをおとしめディスられてきてきた、
その歴史に、ようやくに、定礎を定めてゆく機運を此処に、得たのです。

どうでしょうか?

我が国の、国語の本当の尊さは、
是非、ぜひ、
ご購入の程を、
御願い申し上げます。
助詞は、我が国の国語の構文の基礎で、
極めて重要な基本精神が、此処に、、
わが民族特有の、素晴らしさが、
この「助詞」のことに表れています。

 
 
それが、
やっと、数千年ぶりに、
現代人にも、スキッと解るように、
まとまりました!
 
おそらく、
この書籍を、見るか?
見ないか?
で、今後の日本人の資質にひとつの区別が付いてきましょうね。
 
 

 
 


 
 
 

« 2015年7月12日 - 2015年7月18日 | トップページ | 2015年7月26日 - 2015年8月1日 »