2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年6月7日 - 2015年6月13日 | トップページ | 2015年6月21日 - 2015年6月27日 »

2015年6月18日 (木)

疲れて疲れて、考えに疲れて…、 やっと、納得できる成果を見い出せたことに付きまして。

つかれて、

疲れて、無い頭を絞るからなんですが。
ようやく、今やってる仕事におおよそのメドが付いた思いが致しました。
Sumomo1
そうしてましてたら、
朝、女房が呼ぶのでした! 「スモモが成ってる! 」  と。
それは、
本当に、驚きの事実で御座います。
スモモの樹の本体は次のような状態です。
まさに、樹皮の皮ヒトヘリです。
Sumomo2
いささか、不思議です。こんな樹に? どうして実が成るの?
毎日出入りしてます勝手口のスモモでした。
逆に言えば、ここまで、生命の危機に至ってこそ…  。
これこそが、
まさに、「わひ(侘び)」の精神のそのものとも申せましょうか?
この、スモモはすでに20年は優に経(た)ってます。
Sumomo3
ここまで、生命の危険を感じてこそ、
実も成るのかな?  の、感慨でした。
それならば、  こそですが、
もはや、
今年こそには、
また、あらたなる写本の発見を見れる年ではあるまいか!
 その実現を、願ってます。
未発見の『ミカサフミ』の一部か?
また、
未発見の『カクのミハタ』の一冊など、   それが、
ひょっとして、今年には、また出現して来るのでは?
と、ひそかに、
女房ともども祈念致しております。
伊弉諾神宮の桃の絵馬にも記して飾っています。
伊弉諾神宮の、其処での祈願とも、御礼とともに。
やはり、
未発見のヲシテ文献の出現が待たれますです。
どんなに、私なんぞがねじり鉢巻きしても、
未発見のアヤが、
ひとアヤ見つかれば、ビックリするほどの、
解明の進展がありますから。
ちゃんとした未発見のヲシテ文献の出現があれば、どれ程の大きな研究・解明の進展があるか?
 
                  ・
 
長い間に、無視され続けてきていた、我が国の本当の文明の文献学以上にきっちりした掘り起こしです。是非とも、関連のそれらしいと思われる資料のご発見の際には、わたくしにご一報をお願い申し上げます。ご所蔵家のお気持ちを重要視することを主眼点に置き、最適にして、誰がどう考えても適切な対応を取らせて頂きます。
それは、我が国の事を、つねにとっても大切な事だとそう思ってるからのことで御座います。 
今発見したヲシテ文献の写本は、
現時点では、大した評価の値段も付きませんが、
わたくしに、見せて頂き、価値判断をさせて頂きましたら、石か? 玉か? 、
その判定もさることながら、
宝石ならば、
我が国の未来の光輝にも大きく関与します。
大きな事ですよ。
ヲシテ文字・ヲシテ文字で書かれた文章をご発見なさいましたら、
迅速なるご一報をお願い申し上げます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2015年6月7日 - 2015年6月13日 | トップページ | 2015年6月21日 - 2015年6月27日 »