2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年5月17日 - 2015年5月23日 | トップページ | 2015年6月7日 - 2015年6月13日 »

2015年5月27日 (水)

初夏の大阪・寝屋川の展覧会にて。 竹久夢二のことなどにもつきまして。

竹久夢二のことなど。

ホトトギスが賑やかな、三重県から、大阪・寝屋川の香里園の古民家にと、

定年記念にと、女房の陶器の展覧会と、

また、水彩画のおばさんの絵などなど、ジョイント展をいたしました。

1_3

大勢のみんなで協力して挙行しましたら、お掃除も、らくでした。

女房の母の、実家の古民家です。

上の入り口の写真の、左手の花は、ヤマボウシのヒメの品種で、ピンクのかかった珍しい花で、さすが茶花の専門家の活けです。近づいて見ます。

2

               ・

受け付けの、記帳台です。

51

 女房の良き陶芸の友人だった、今は亡き、植かよ女さんの、ネパールとのご縁を偲んで、募金を募らせて頂きました。

植かよ女(うえ かよめ)さんは、豪放磊落な、竜馬のお姉さんの気質を彷彿とさせるところがありました。早逝の事、残念な事でした。 

それやこれや、

わたくしにも、

期間中にも、「長生きしろ」 と、

多くのお方に激励を受けました。

さて、先年に103歳でご現役の、岡山の大坪併治先生に、ご長寿の秘訣を請い受けて来ましたることを、説明してましたら、松江の島根大学で大坪先生に教えてもらったと、よく話をお聞きいたしました。いろいろ、まつわるエピソードなど、ジカの体験談は得難い事で御座います。

28

門のところ、左手が、82歳で現役の機械関係の据え付けなどの技術者のおじさんで、大坪併治先生に、その昔、島根大学で国語など一般教養での受講をしていた事のお話で、とくに、いろいろなエピソードは初耳で、興味深い事で御座いました。また、竹下夢二の来訪して、ふすまに絵を画いていた際の事々の事など、尽きない話は深更にも及びます。

なお、此処、木屋(こや)の家で、竹久夢二が描いた4面の春夏秋冬の襖絵は、岡山の夢二記念館に今現在は収まってるそうです。木屋の人々の逼塞した時代に、多くのものが、あちこちと、散逸したそうです。今に、日本のあちこちのどこかに残ってくれたのは、良かったですね。

木屋にあったままでしたら、その襖絵の前で、みんなで遊んで騒いでましたそうですから、破損が起きた可能性も大きいとのことです。

襖絵のその、画く際には、夢二さん、何日も悩んでたそうでして、ある日の朝に、出来上がってたそうです。森亮さんの、女房のおじさんですが、その著作に詳しくあるそうでして、先ほど古書店に注文しましたところです。

Yumenarebakoso

文学をやってたのが森亮さんでした。夢二さんも、悩みの常に抱えてのお人だったのかと、そう回想を致してますことになりました。

常に、創造的な思いのあふれるには、

夢二さんにもそうあったが如くに、なやみのような思いと、同一的な感性があるわけだと、そう思います。

          ・             ・

木屋では、書き掛けてきていた原稿の続きをやってましたから、パソコンに、朝も昼も夜中も向かってました。ですが、そんなにも、集中しておれる時間は少ないです。つかれますから。それで、時々、話し相手が現れたら、それで、ご説明したり、お茶を一緒に頂いたりと。

いろいろと、どんな事でも、勉強になります。

書軸の扱い方の詳細も、勉強になりました。おじいさんから仕込まれた長老の、大正時代のやり方は精緻でした。見習って、  と、そうは、切実に思ってます。

その、孫に、自詠の漢詩を書いてみるような人も現れました。

27

そう言えば、

富永仲基の、ただ一点の自筆のすぐれた書に「孤騖」の言葉がありました。

行書のように、想いを込めてさらっと記しますと、「孤雁」の雰囲気にも似てます。

富永仲基の、あの書は、目に残って離れません。

いまだに、です。

         ・           ・

そうそう、

本題は、女房の陶器でした。

11

カキツバタの、葉が、活き活きしてます。

女房の初期の作品で、雰囲気がふんわりとしていて力強くて良いです。

右側が、酒屋の前掛けの作業中の女房です。

左側が、絵の、倉八千代さんの娘さんです。

                 ・

14

正面の床には、「イセ」

を、掛けてくれました。これを、朝夕に我ながらに見てて、やっと思い付きました。「イ・セ」の語源の事です。 また、そのうちに、ご説明致したいと思ってます。

日々に、解明です。

竹久夢二さんと、同じようですね。

夜に昼にと、  。

花は、シャクヤク(ピンク種)のつぼみと、ヒメの珍しいリョウブです。

62

開花すると、豪華になります。

64

           ・          ・

ざっと、全体像を、見渡してみます。

19

左手の、枝が、ミズキの、ちょっと変わった品種だそうです。

61

近くに接近して見ますと、珍しさに気が付きます。

12

中央の、アンズの絵が、人気でした。

22

桜島の絵です。

手前は、ミズキの枝で、かなり、珍しい品種のようでして、

はじめ、見たとき、さっぱり判りませんでした。

           ・        ・

 空間が、広いのが取り柄ですが、

やたら、蚊にやられます、蚊取り線香をつけると、目が痛くなるし、それで、早々にと三重の我が家に戻りたいでした。他の人は、そうでもないようですが、なぜか? わたくしばかり、頻繁に蚊にやられます。

6

54

蚊さえなければ、快適です。

15

7

ピンク色のタイ紐は、広島の鶴岡タカさんの染めで、梅のコケの染めだそうです。

得難い色合いです。

ちょっと、着けてみました。

13

82歳の当屋の長老の、おすすめで、

赤いのも、これからは、良いと  …    。

          ・       ・       ・

4

カキツハタに成り得ますでしょうか?  どうでしょうか?

44

女房の、作品です。

8

10

42

41

43

3

控えの床には、ホトトギスです。右の中段です。ちょっと見えにくいですが、そもそも、ホトトギスは、声は聞けども、です。

                 ・

さて、

「ヲシテ」のコーナーです。

5

「タ」

と、

「カ」

のこと、 季節の配列の「トホカミヱヒタメ」の語意が生じての時代から、

「たのし」

「かなし」

の言葉が、その概念の発生を迎えた。

と、そう、気が付いたのは、

H26年、昨年の事でした。

16

17

            ・            ・

姪の鮎子ちゃんが、

イグアナか? トカゲ? かの、とっても良い、ピカソか、ムンク風のぬいぐるみを作ってました。売れちゃいまして、写真も撮りもらしてしまいましたが、ひょっとしたら、後世に残る作品かも知れません。

30

カエルしか残ってませんけど。 色遣いや、足のカーブの曲線など、よく見ると、びっくりする表現です。ピカソ風が、こころの奥底にあるんでしょうね。

模倣は、結局のところ飽きられて忘れ去られる運命にありますが、 オリジナルの創造・創作は、長い時間を掛けて、人々のこころに訴え掛けてきます。竹久夢二も今でこそですが、当時には、かなりの亜流でした。

              ・            ・

和歌山で、織りなどをやってる人もジョイントでした。

入り口の洋館で。

24

わたくしの使えるような作品はありませんでしたが、

欲しいと思うものは多くありました。

25

織りの、和歌山・泉南の人から、おいしいフグを頂きまして、森家でお姉さんの茉莉さんがテンプラにしてして一杯頂きました。

お掃除も、本当に、助かりました。

何でも、何かプラスの協力ですね。「トのヲシヱ」です。

 

                  ・

 

ここまで、記しましてましたら、ホトトギスが、一声、鳴きました。

やはり、

こちら、三重県の山の方はホッと致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2015年5月17日 - 2015年5月23日 | トップページ | 2015年6月7日 - 2015年6月13日 »