2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年3月8日 - 2015年3月14日 | トップページ | 2015年3月22日 - 2015年3月28日 »

2015年3月19日 (木)

鴨長明のウタの事。 人と人との、関係は、基本がイーブンである事が重要事項です。

これまで、ゆっくりと見れないままの、

見たい書籍を読んだりしていましたら、

こころに打つ書物も多く有ります。

鴨長明の言いたいことも、

こころに響きますですね。

Photo


解説が、必要なほどには、難解な文章ではないかとも思います。

でも、読み下しを掲げます。

「(鴨長明が)(後鳥羽天皇のおわします)御所に朝に夕にと侍りし(はべり、出入りして、なに彼と御用をおおせつかっていた)時。 常にも似ず、珍しき(普通はそんな事も無いような珍しいこと)御会ありき。

『6首の歌に、皆、すがたを詠み変えて奉(たてまつ)れ』

とて、(後鳥羽天皇が)おっしゃいますのでした。(深い和歌のおもむきの、さらに、深淵の事にと、追及をなさいましてのご深慮を後鳥羽天皇はお巡らしになられますので、御座いました)

さて、その、くわしいおもむきは、

『春秋は、ふとく・おほきに。

秋冬に、ほそく・からび。

恋や、旅は、えん(艶)にやさしく。

つかうまつれ(詠んで、提出してみなさい)』

もし、思うように、詠みおほせずば(詠めなければ)、その由をありのままに申し上げよ。歌のさま(風体)知れるほどを、ご覧ず(ご賢覧に具したい、見たい)と、おおせになられにあそばしましければ、

いみじき(とっても大切にして、大変なる事)大事にて、かたへ(大方の人)は辞退す(多くの人々は、詠んで提出する事は出来なかった)。

こころ、にくからぬ人をば、また、もとより召されず」

そう言ったことから、ちゃんと、6首・3様の詠み分けが出来ない人は、もとから、お召しになられるお心が無かったわけで御座います。結局のところ、6人だけが、この「珍しき御会」に召されて参集したわけであったのでした。

Tyoumei_2


この、鴨長明のウタの、

6首は、それぞれに、趣深いものだと、感じ入っての事で御座いました。

殊の外に、最後から2首目の、「しのばしよ」は、グッときましたです。

鴨長明は なかなかの苦労人のことで、偉いと思います。

7難8苦こそが、玉にするとは、よく言ったことだと思います。

               ・

何よりも、

初代クニトコタチさまの「トのヲシテ」にしましても、

「ト」を、その高度な関係を構築しますには、イーブンの立場での相互関係の立ち位置が絶対条件ですね。

其処の処が、

漢字文化の流入から千数百年経て、さらに、難解になって来ていてしまってる事が、今現代にあります。ま、ヲシテ時代の中期にも、ソサノヲさんの大錯誤の思い違いの事も有ったわけですから、むやみに、現代の時代風潮を卑下するのも間違いですが。

そう言った、

いわゆる「支配」とか「コントロール」とか何かと言ったような、構造的な思い間違いの強圧的な関係は、どうせ、長続きしないんですね。相手が機械だったら、「コントロール」が基本的なスタンスになりますがね。

相手がヒト(人間)ならば、 基本的なベースが、機械相手とはまったく違うという事を認識せねばなりませんですね。よくよくソサノヲさんも悩まれたことで御座いましたですね。

本当の意味の

リーダーシップとは何か? 

それは、お互いがイーブンの立場に立って、創意工夫をしつつ、より良くプラスを作り出してゆく事で、其処のあたりの導き方のサポートをするのが、本来の「トのヲシテ」の実現・成立に向けてのリーダーシップの有りようなのですね。

                 ・           ・

詳しくは、

『ホツマで読む ヤマトタケ物語』(池田満、展望社)にて、お読みくださいますと、はっきりと、理解が出来るように作って御座います。

これでもって、現代人にもちゃんと解る、本当の意味での、

「トのヲシテ」を説明する書籍を作れたと、自負しております。

 

 

                    ・

ダンスでならとても良く解る事なんですが、

リズムを感じていて、お互いに、イーブンに動いてるわけですが、

次の動作にどう移るかのまでの際には、微妙なやり取りがあるわけですね、そして、

そのしかるべくのタイミングの際にはどちらかが最終決定を下さねばなりませんです。ダンスの場合は最終決定は男性の役目になってます。そこに至るまでには、イーブンの立場でのお互いのやり取りがあるんですね。 此処こそが、それが、リード、リーダーのあるが姿の根幹と言うものです。だから、リーダー(この場合は男性)の頭の後ろに目が付いてなくても、他人にぶつかって当たる事は、上手な人には無い訳ですね。  それが高次元での「トのヲシヱ(テ)」の素晴らしい効力です。 後ろに目が付いてないのに? どうしてぶつからないの?   が、どうして? 優れているのか? 「支配」や「コントロール」の次元の感覚とはだいぶ違うという事をお解り戴かなくてはなりません。それが、我が国の本来的なる「トのヲシヱ(テ)」の存立条件の基礎成る処の重要な事項です。

現代でも、ほとほと、理解が難しいのですから、ソサノヲさんも大変だったはずですね。 

       ・          ・          ・

どうして?

中世の和歌の事にまで広げて思考をしようとするのか?

それは、

ヲシテは記紀の原書ですから、

ヲシテ文献での「ヲシテ国学」の樹立をしてゆくためです。

ウタの歴史は、

従来考えられていたよりも、ずっと長い訳ですから、

その、中世にも至る歴史も見ておこうという事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年3月18日 (水)

京都のヲシテ講習会の事。 H27、5月なか頃です。 

京都での「ヲシテ講習会」の日程が決まりました。

平成27年(2015) 5月中頃

         13:30~ です。

ヲシテ文字の読み書きから…、

古典に接する王道を、進める会です。

http://woshite.wix.com/kousyuukai

http://woshite.wix.com/kousyuukai#!services/cihc

会場は、四条からほど近くの公共施設です。

ご連絡くださいましたら、詳しいご案内を致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年3月16日 (月)

一期一会のこと、一座建立の事。武野宗延さん『利休の師 武野紹鴎』。    夏井睦先生の「豚皮揚げを食べる会」のこと。

茶道では「一期一会」の言葉をよく耳にします。

        (いちご いちえ)

「いちご」のファンドの名称にもなっていたりと、結構、現代にもにぎやかに活きてます。

前から、思っていた事なのですが、 

どうも、

 

「一期一会」の言葉は、寂しい響きがあると、寂寥感とも言えますでしょうか?

 

そこのところが、合っ点したのが、

 

武野宗延(むねのぶ)さん『利休の師 武野紹鴎』(宮帯出版)です。

                         (たけの じょうおう)

Photo

さて、「一期一会(いちご いちえ)」の言葉は、茶道の精神的な基盤の出来始めた初期には、形容詞的な意味で使われていたことが、武野宗延さんの解説で良く解りました。

 

本来的な意味では「一座建立」(いちざ こんりゅう)の言葉が主体的な意味合いを持っていました。

それは、「一期一会」の言葉の感触よりも、もっと、前向きで明るいのが「一座建立」の考え方だと思うんですね。 能動的にやってゆこうと言う心持が、「一座建立」の言葉には色濃くあると、私は思います。何となれば、健康増進の有力な効果のお茶に付いて、それを一つの種として、より良い人間関係を此処に加えて、どうやってこれから未来に向けて…   。  の思い、 だと思うんですよね。

「一座建立」、その会に顔を合わせての人々は心を合わせて、より良き会になるようにと、気持ちを尽くすと言う意味です。 詳しくは、武野宗延さん『利休の師 武野紹鴎』(宮帯出版)をお読み下さい。示唆に富む記述が満載の書籍ですから、買っておいてしばらくは座右に置いて決して損にはならないと思います。

ただ、余りにも正しいことを主張しても、当時の人々からの反発も有ったりで、「当時きらわれ候」の事態にも遭遇することは、いまもむかし、ですが。

「一座建立」の考え方が主であるのことが解りました。反発が起きたので、ちょっと引いて、形容詞的な意味合いに控えての再主張が「一期一会」の言葉だったと、そのような理解にわたくしは思うので御座いました。そうしましたら、 それで、「一期一会」の言葉だけを野放図にこのままにしてほっといて良いものなんでしょうか? と言うような展望にも心が動き始めますですね。 国家の未来、民族の未来を思いますと、薄っぺらなままの理解で終わらせて見過ごすのは、愛国者魂に棘が刺さると言うものだと思うんですね。

 

こう言った、ブレーン・トーキングに近いことを言ってましたら、

また、青木純雄さんから、わたくしの言ってる事々は、解りにくい文章だと、そう言う、クレームも頂くような事でしょうね。  でも、芭蕉の  その、繊細な感触は、まだわたくしには理解が未だ及ばないので、 そのあたりのことも、これからの勉強・解明の其処に向かうスタンスとしてご理解願いたいと思っています。

さて、 

そんな、そんな事から、忙しさにまぎれていた事由にもあって、

中世など置き去りにしていた事々も御座いました。やっと、ここにも理解の輪を広げ行くことが可能となって嬉しいことの限りで御座います。そんな事の、成り行きも御座いまして、

武野紹鴎さんの時代ころからの由来の、

 

「一座建立」の考え方を、やっとのことで、私は勉強し得ましたので御座いました、です。遅きにと、お叱りの事、申し訳なきことだと、まことに恐縮いたしますばかりの次第で御座います。

 

― 追記 ―

いろいろ、お聞きしたくて、

武野宗延さんにお会いしてまいりました。

実際に、お話を伺いますと、

あれこれと、氷解することが多いもので御座います。

 

 

          ・       ・       ・

  

話は変わりますが、

 

一昨日は、夏井睦先生の「豚皮揚げを食べる会」に参加させてもらいました。

 

糖質制限を実行している人々の情報交換会です。

 

くわしい報告は、江部康二先生のブログに掲載があります。

 

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3312.html

  私の持ち込み品は、リストの初めの(一番下) 自然栽培のラム酒と、

                    ピーカンナッツなど無添加厳選ナッツ、

                    それと、

                    リストの 殆ど最後の、「お抹茶」です。

   結構に、美味しいと、お抹茶を喜んでくださいましたで御座いました。

               お湯が無かったので、冷水仕立てでお茶をたてました。

               会場がみなさんの熱気で熱かったので、氷手前が、

               成り行きでも良かったようでした。

               ちょっと濃いめに立てると、

               さすがの柳桜園さんの「初昔」香りが立ちます。

               はじめて、お抹茶の立てだしの香りに接した人は、

               相当に驚かれておいでのようでした。

               百聞は一見にも如かず、です。

 

                   ラム酒も思いの外に、好評でした。 

                    上等のワインも押しのける勢いでした。

                        (ここは、極めて、私評)  

さて、 

3回目参加ですとか、4回目参加ですとか、 

そんな猛者の多かった会でしたが、

 

「一座建立」の武野紹鴎さん由来の教えを得ていたわたくしは、

 

その精神から、心を尽くしておりました。

 

そうしましたら、夏井睦(なつい まこと)先生から、初めての参加で、一体全体、あの人はどうしてそんなに此の会に溶け込んでいるのだろう?!!  と、言われるような事でした。

 

そう言った事々が、

 

「一座建立」が精神の主体を表していて、

 

「一期一会」は、その、期するところの気持ちの状態を表しているのだと、改めて思う事にとなりました次第で御座いました。

               ・

ついでながら、

夏井睦先生と、江部康二先生との、おふたりは、

ウグイスの友の鳴き声を響き合わせるような、うるわしさを感じました。

    ひとふたり 友ウクイスの

    梅の香の 為得や(しえや)新し

    苑(その)も広がる

糖尿病の早期根絶を目指して、

ご尽力の事、ご声援申し上げたいと思っております。

 

 

             ・          ・

さらに、しつこいようですが、

もう一言、

ご説明をしたいと思いました。

「一期一会」と、「一座建立」との違いの事で御座います。

簡単な、少しの違いに、一見はそう見える事なのですが、

ずいぶんと、違う趣だと、そのようにわたくしには感じています。

「一期一会」だと、あとは、もう無い事に付きまして、切迫感を、強いるような心持ちだと思うんですね、いわば、脅迫的な、切迫感とも申せましょうか?

ですが、

「一座建立」の言葉には、そのような切羽詰まらせてての、責めてどうすると言った、厳しいような事々は御座いませんですね。出来得ることを、それなりに、持ち寄り、力を合わせてゆく、   …     と言った、 初代のクニトコタチさんの精神にも合致しての、そのような雰囲気であると、そのようの事だと、わたくしは思っています。

ダンスでもそうですが、

1年前から始められたお人には、1・2・3の断定的なリズムこそが、解るんですよね。わたくしは、その人となりに合わせてゆきます。

それで、道路の譲り合いのようなギクシャクは、いっつもあるわけで御座いますが。それは、そのような事で御座います。2分割のリズムや、4分割のリズムの解る人には、そういうようにフィットしまして参ります。

それよりも、何よりの事に、ご相手のいかに楽しんでもらえますことを!  と、その事だけに付きますですね。123、あるいは、1234のリズムが基本ですからですね。

そこのところには、

複雑な、微妙な1/4分割にも細分化しての詳しいことのリズムには説明も難しいことなんですね。 あんまりにも複雑怪奇な事は最低必用限にとどめて、本来的にはどう楽しむことが出来るか? に、主目的を建てるべきですね。  あれこれと、いろいろと、考えなくてはなりませんです。何でも、勉強の事で御座いますです。 さすがに、昨日は2時間半をお水を飲む間もほとんどない状況でしたから、足も、こたえましたでした。 今日には、もう回復しました。

文章の上達・訓練には、ダンスはとっても役立つものだと思っています。お茶の修養も同様の事だと思っております。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2015年3月8日 - 2015年3月14日 | トップページ | 2015年3月22日 - 2015年3月28日 »