2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月22日 (日)

コメント欄からのやり取りの事。ウマシマチの系図の事。ヲシテ文献による 「本当の国学」の樹立についての事に付きまして。 松本善之助先生の絵「青は藍より出でて」

ブログのコメント欄から、こんな事で引っ掛かってる人もあるのか?

と、
思いました。 正直、びっくらぽんです。
公開のことOKだと、確認いたしましたので記事に致します。(コメント欄は、字数が少ないので、此処に掲示いたします)
                ・ 
 
「ある人・1」
からコメントを頂きました。
 
1、

「や行え」の表記について

WikipediaWeblio辞書に解説がある。

平仮名は「江」の草書体、片仮名はエである。

片仮名として「イ」と「エ」の合字を用いる場合もある。

現行の「ゑ」および「ヱ」はわ行の文字であり、や行の文字として使用するのは間違いである。

           ・          ・

 

返信です。

2、

拝復

 

ご指摘の通り、

ヤ行のカタカナ表記には、ヲシテ時代との吻合を考え合わせると問題が多くあります。

 

そこで、

48音図表などには、

「ヤyiyeヨ」「やyiyeよ」

といった風に、表示を致しつつあります。

http://www.zb.ztv.ne.jp/woshite/page22.htm

 

ヲシテ時代の国語が、本来の我が国のものであると、

記紀の原書の発見・研究から、根拠を得ております。

本来はヲシテ文字で表記するのが、ヲシテ時代の国語のあり方です。

ですが、漢字国字化時代を千数百年たってしまった今の段階で、

折衷的な当面の妥協的な準用をせざるを得ない事、

ご理解ください。

 

詳しくは、

『よみがえる日本語』と続編の『よみがえる日本語』をご覧ください。

 

                         草々

 

 

 

                           池田 満

            ・            ・

そののち、

あれこれと、質問が続きまして、

返答をしたり致してましたら、

ウマシマチさんの系図について、

質問がありました。

                ・

3、

「ほつまつた江」二九-54

ニギハヤヒ イトミカシヤヲ

キサキトシ ウムミコノナモ

ウマシマチ

とありますから、ウマシマチはニギハヤヒとミカシヤの

間の子です。

松本善之助「続ホツマツタヘ」162頁の系図、

Net検索でも同じです。

 

ほつま辞典付録1系図は違っていますよ。

     ・           ・

そういう風に、

単純に考えて読みますと、そのように取れるのが、

ヲシテ時代中期ごろの文章のむつかしさです。

そこで、説明を致します。

          ・       

4、

 涼しさから、寒さへ、 の季節ですね。

 

さて、

ヲシテ文献の読解はとっても難しいですね。

 

ホ29-5のあたりも困難です。

また、

ホ27-17あたりとの文章との、総合理解が難しいのですね。

ひとつ考えねばならないのが、

そういうような、お申し越しの系図でしたら、

何も、ご養子さんを遠い親戚から迎える必要性が、

起きてくるとは、無い、と、

そうは思われませんか?

 

そうでしょう、

カクヤマヲキミがミカシヤを妻となされたら、

そのお子様は十分にお世継ぎの資格あり、

だと、

私は思うんですね。

 

そこで、

 

この辺りの事情を、

筋道の通る感じで読解を深めてまいりますと、

 

此処の文章は、

ホ17-17

「ハハと召す」なのに、

「コは召せど 来ず」

そうして、

「ミカシヤを ツマとして ウマシマチうむ」

だから、タクラマロがミカシヤさんを妻として、

そして、アスカのミヤのイエ(家)の外で、

ウマシマチが産まれた。

だから、

アスカヲキミの崩御の際に、

継ぐべき人が居なくって、ススカヒメの嘆きになった。

アマテルカミもご同意を為されたほどでした。

 

そうは思われませんでしょうか?

 

アスカのミヤのイエ(家)の内に、

立派なウマシマチが居てれば?

何故? ご養子が必要となるのか?

 

 

その疑問について、

考慮をしてるような、

のは、

私だけなのでしょうか?

ご検証下さい。

 

 

また、「ヤ行」「ワ行」の現代表記の問題の件は、

国語の今後をどうしてゆくか?

なので、

国語の考究書の『よみがえる日本語』を、

まずは、読んでから、

もう少し考えを纏めて進めてから、

また、

言ってきてください。

こちら、「日本ヲシテ研究所」に集う私たちのサイドとしましては、

真摯に取り組んできております。

東京の青木純雄さんや、斯波克幸さん、大阪の平岡憲人さんなどが、主のメンバーです。

 

直訳レベルであれこれやってる、

他の人々に対しましての、

ご不満は、あなたが直接に論究して直させるようにして行って下さいませ。

お願いいたします。

こちらサイドでは、とても手が回りかねます。

 

草々

 

 

                 池田 満

          ・            ・             ・

 

 

ヲシテ文献を、

国学にまで、そう、現代にちゃんと通用するレベルの「国学」です。

そこにまで、持って行こうと努力してきています。

何と言いましても、

直訳のその低レベルからの脱却を世に問うたのが『ホツマ辞典』の書籍です。

もう、

3回目の改版をしています。

言われてきました修正・間違い直しも相当に進んでおります。

とは言え、

精密な事柄につきましては、まだまだの事も御座います。

これまで私たち「日本ヲシテ研究所」として、

そして、これから、

さらにさらに、もっと努力してゆきます。

此れまでもですが、今後のこの事ごとに、

どうぞ、ご助力の事をお願い申し上げます。

また、

ひとくちの言葉で表現しますと、

松本善之助先生の時代から、今現在には、

すこぶる飛躍的に、研究が進んだことは事実ですね。

でも、まだまだなのです。

 

松本善之助先生が、よくよく、おっしゃっておられましたのは、

「師を乗り越えてゆくのが、本当の、弟子の仕事だ」と、

 

です。

このお言葉の、その、重要性は、

わたくしは、

良く思い出すので御座います。この事をで、御座います、重要性の事々で御座います。松本善之助先生の、この、お言葉を。

Photo_2

       <そういえば、松本善之助先生の絵がありました。

               「青は藍より出でて、藍より青し」

               昭和51年は1976年ですから、

               このお教えは、もう、39年も前、

               わたくしの21歳の時の事でした>

すなわち、

この辺りに付きまして、

この、状況の勘案の事、  は。

 

1、

系図の事、

ウマシマチの血筋は、

『ホツマ辞典』に記載のことが、最も適切です。

 

2、

「ヤ行」「ワ行」の現代表記のこと、

本来はヲシテ文字で、ちゃんと、

真面目に

Wagyou_3  

と、表記をしてゆくべきです。

ただ、

弾力的に、カタカナやひらがななど、

妥協的な表記法としてどのようにしてゆくか?

議論の事が残されています。

わたくしは、アルファベットを交えた表記法の事、

これも、議論の内に入れたいと思っています。

ひらがな・カタカナも、所詮は漢字由来の事々でしかありませんから。

とは言え、

こちらサイドは、

真面目にちゃんと取り組んでおります。

『よみがえる日本語』のこと、

第一冊目も、

そして、

今夏には、

第二冊目も、上梓いたしております。

それを、

最低の事でもあるようにも思うのですが、

買わないまでにも、図書館で借りるなり、

それなりにもの、対応を、

して下さってましたら、こちら側でも、

それなりの事にと評価・対応をさせて頂きます。

そういう事で御座います。

 

          ・          ・

そののちに、

「ある人、1」のお方から、返信が参りました。

 

やっと事情が分かりました。

 

定本ホツマツタヱは本日入手予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年11月19日 (木)

宗田哲男さん『ケトン体が人類を救う』(光文社新書)。  京都の講習会は、新展開のご当地モノに進みます。

実際の病院の内外でのやり取りをつぶさに見聞きする思いで、

とっても参考になりました。
Ketontai1
世間の現実におこなわれている趨勢が、
日本の、ナウの本当の医療現場でこの宗田哲男さんの記述する、そのような事かと、
相当に、衝撃を受けているのが、
わたくしの今現在です。
 
いくらなんでも、  …
   絶句の状態です。
ためいき  の、ばかり、です。

なお、
自作の3大栄養素の簡単計算表をエクセルで作って、
自己管理をしています。
ご希望の旨が御座いましたらお知らせください。
メールで添付します。お使い下さい。
重要な要点は、タンパク質の摂取量を、日量で100g以上に維持することです。
Eiyou1
このところ、体力維持のため、わたくしはタンパク質を126g程度に摂取量を増やして体調の経緯を観察してます。また、フィードバックさせてゆくため、このエクセルの表を使ってます。フィードフォアードと言った方が良いかも知れません。
と言いますのは、
糖質制限を簡単に又聞きしますと、
減らした炭水化物のエネルギーの、その、補填に気が付かないで、
栄養失調の状態に陥ってしまいやすい、
弊害があります。
夏井睦先生や、江部康二先生の著書などを参考になさって、
間違いの起きないように取り組んでくださいませ。
新規のこういった取り組みは、
ちゃんとした、理論の原理の理解が抜けると、
かえって問題を起こしかねません。
3大栄養素の他に、ミネラルや、ビタミン類など、その考慮も必要です。
 
この事は、
『ホツマツタヱ』など、ヲシテ文献の事でも同様の事で御座います。
単なる、軽い、簡単な聞きかじりで物事を進めるのは、
わたくしとしましても、大いに、危惧を此処に提示させて頂きます。
 
糖質制限の場合は、
江部康二夏井睦の両先生の著書など、また、掛かり付けの医師ともよくよくご相談をなさってくださいませ。

 
              ・
 
ヲシテ文献の、
その、
世間での受容の過程において、
奇しくも、
似た、
相似形にも思えます。
 
賢い妊婦さんのように、
それなりに、上手に渡ってゆくしか、
今のところは、しょうがないわけです。
しかるべき時を、待ちつつ… 。
 
それにつけても、
直訳の、「秀真伝(しゅうしんでん)」の、人達、それはしょうがないことで、
現代の健康関連の学会であったりするような、
マイナスの仕事しかしていない場合が多いのですね。
          ・          ・ 
 
ちなみに、
わたくしは、
ちょこちょこ良く行く、
くら寿司に行きましても、
シャリは残して帰ります。
綺麗に山積みした握り寿司のシャリの山を見て、
どこのお店でも、店員さんに目をぱちくりされます。
「糖尿病っぽいので」と、言いますと、
いつも行き慣れないくら寿司のお店でも、「あー、そうですか!」と、納得して下さっています。
わたくしは、全国、あちこち、くら寿司に行きますが、何処でもこの言葉で納得して下さいます。

そのような事ですので、
書籍の中で、気になりましたのが、
回転すしのくだりで、
シャリを、 
ダンナに全部食べさせてしまうのは、ちょっとどうかと思います。
ダンナに、やっぱり、健康の事、真剣に気を使うまごころが、ひいては、自分にも回りまわって良いようにかえって来るのだと思います。
 
何故ならば、
わたくしは、ちょっと前まで、シャリをタッパーに入れて持ち帰ってカラスにやってましたが、
どうも、
このところ、
トリ達も食べ具合がすぐれません。
カラスにも、
気持ちが伝わるのでしょうか?
ヲシテ文献にも、カラスの敏い事があります。
Karasu_2

押し付けは、やっぱり良くないようです。
それで、おおよそ、残してくるようになりました。
「糖尿病っぽいので、  すみません」
の言葉が、
納得してもらえるようです。
 
 
 
            ・              ・
 
 
さて、
我が国の国家の成立のあたりを、4回までじっくり説きました。
次いで、今度の5回目からは、
ご当地の由緒にちなんでのご説明に進みます。
京都御所のすぐそば、地下鉄からも、足の便も良い会場です。
早めに行くと、京都御苑の散歩も楽しいです。
巷間、幕末の志士の話も盛り上がります、で、
良く考えますと、
ヲシテ文献にヲシテ国学を樹立してゆくこの、
私たちの運動は、
もっと、
もっと、大きな意義を此処に含んで在るという事を、
お気付きのお方様、
御集い願いたく存じます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2015年11月12日 (木)

フユ(冬)の到来です。  「ヲシテ」の商標が10年目の更新時になりました。

旧暦でも、フユ(冬)のカンナツキになりました。

山の景色は、うるわしいです。
Urihadakaete1
                      <ウリハダカエデの紅葉>   
「カンナ・ツキ」or「カナツキ」とは、温かさを齎す働きの「カミ(繋がり来たらしむる、化するはたらき)」の、4っつのすべてが地表の下にもぐってしまうことを意味する、ヲシテ文字のイメージです。
 
季節の移る様子は、
実に実に、うつくしいもので御座います。
Kaki1_4
              <自生種のカキはかわいい実です。
                結構、美味しいのです。あなどれません>
Kaki2
              <自生種のカキの深いモミチです>
 
Momiti2
              <白いうつくしくも爽やかな紅葉です、
                何の樹木か? まだ、未調査ですみません。
                あまりにも、美しいのでUPしました>
Momiti3
            <赤と黄色の共演も美しいです>
Hase1
                 <ハゼの樹のしっかりのアカも目に鮮やかです>
 
 「ヲシテ」の商標が、10年目になり、継続の期限になりました。
Photo_3
早速に、
本日、継続の申請に行ってまいりました。
手続きが完了しました。
次の時代への、ステップです。
いずれにせよ、記紀の原書であると、この重要なメッセージを伝え続けているわけですが、真の理解には、なかなか世上の理解レベルは、期待のほどには、上昇しては参りません。これまでもですし、今後のところ、またまた、長い長い年月を必要とするのでしょうか? ハラを決めて、 気長に捉えてゆくよりしょうが無いことで御座います。
 
帰路にいつもの橋で見ましたら、
もう、フジ(フヂ・藤)の実は、すっかりと、充実して実っていました。
触ったら、パチッと弾けそうな雰囲気にもなってきています。
Huti1_2
 
 
さてさて、これからなのですね、
我が国の、本当の国学について、
ちゃんと、真面目に進めてゆく、
方途を大きなビジョンに立って構築してゆくことです。
だれか、ちゃんと活かしてゆく事を為しゆく人が… 、
サルタヒコさんでもないですが、ヤヨロホマチシの、そんな事にもならないことを願っています。
Yayoroho1

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2015年11月 7日 (土)

糖質制限に関しての続報、宗田哲男医師の『ケトン体が人類を救う』光文社新書の近々発売の事。  京都の「ヲシテ講習会」のこと。

江部康二先生の紹介で、

宗田哲男医師の新著が近々の出版にあることのお知らせがありました。
まだ、未発売ですが、
これは注目すべき新著であると、
思われます。
糖質で、ヒトの身体は作れませんですね。
アミノ酸などタンパク質が主な成分であることが、論を待つまでもないことです。
アマテルカミもおっしゃっておいででしたですね。
「昔は長生きで、今は、寿命が短くなってきている」  と。
それは、
糖質食を多く摂取するようになってきた、時代の変化からの原因にあったわけです。
つまり、糖質を摂取しなくても、脂肪酸を短鎖の水溶性のケトン体に変化させて、脳のエネルギーに使ったりしますのがヒトの身体に能力として備わっています。この意味からしまして、タンパク質と脂質を摂取していれば、特に、糖質の摂取の必要性も無いわけです。糖質について、多く摂取をしますと、インシュリンの分泌を過分にしなくてはならないため、何万年とその機能が貧弱だった習性がヒトの身体にあるため膵臓が疲れちゃうわけです。それで、動脈硬化も引き起こしますし、糖尿病にもつながりますし、高血圧にもなってきやすくなります。 要するに、糖質の過剰摂取が、多病のドミノ倒しの引き金だったという事でした。 ケトン体の詳しい調査で、宗田哲男医師の『ケトン体が人類を救う』(光文社新書)の発表が楽しみです。
 
その根本が、
今現在に、やっと判明してきているとも言えます。
 
                  ・
 
 
アマテルカミなら、
この新解明を、糖質制限のことですね、
どういうように、
おっしゃいますでしょうか?
            ・           ・
 
 
今日は、これから、
京都の「ヲシテ講習会」に出かけます。
 
筑波山の「フクレみかん」が来ましたので、持ってまいります。
いわゆる「カク(タチハナ)」の木の実に近い柑橘です。
皮を一緒に食べると、かぐわしい、  です。
この実でなら「カク」の木の実だと、実感があります。 
 
なお、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »