2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 我が国を、高からしむること。 ヲシテ時代の文明の、顕彰の事。 追記の修正をしました。 | トップページ | 糖質制限に関しての続報、宗田哲男医師の『ケトン体が人類を救う』光文社新書の近々発売の事。  京都の「ヲシテ講習会」のこと。 »

2015年10月31日 (土)

大坪併治先生のご新著のこと。『平安時代における訓点語の文法』(風間書房)

大坪併治先生のご新著の、もう、発売が間近です。

ご宝寿、105歳になられて、大著のご出版はギネスものだと思います。
Photo
早速、わたくしも予約を致しました。
刷り上がり次第に、送ってもらいます。
楽しみです。
          ・           ・
 
国語の事、
飛鳥時代・奈良時代と、
漢字国字化時代の草創期から、受難の時代が続いてきていました。
 
                ・
 
 それが、やっと、平安時代に入って、我が国風の再発露が起きてきている。
そのように、捉えるべきだと感じてきています。
飛鳥・奈良時代の、China風に染まり染まっていった、
その、果てに、
やっぱり、我が国の言葉は漢字だけでの表現では上手くゆかないと、
復活の機運が高まって、訓点語に等は特にその表れが顕著になるわけです。
訓点語の持つその特徴からです。
訓点語の特徴は、書き言葉よりも、話し言葉により近いからです。
本来の我が国語の復興の運動が、訓点語に表れてきている、
との視点から、かねがね、訓点語に表れる平安時代語には、注目していました。
 それは、
ヲシテ時代語の現代への活用を考える上においても、
平安時代語の事は重要なのです。
 後輩である築島裕さんに密かに対抗心を感じられてこられて、の、
そのご様子を、先ごろに、大坪併治先生に拝眉の折にわたくしは感じました。
柔和な大坪併治先生が、
「築島さんとは、どういう関係なのかね」と、
詰問するかのような鋭い視線を、わたくしは感じたのでした。
築島裕博士の著作は、ひととおり、わたくしも目を通しております。
ですが、説には、まだ、いくつもの疑問点があれこれと御座います。
 
そうじゃないよと、総合概説を、大坪併治先生は、この度、ご提示なさいます。
それほど、 
長く研究を、お続けになられまして、この度、大坪併治先生の、
総合解説書の刊行です。
ちょっと高価ですが、学問的にもそうですが、長生きについての大先生でもあられます。
きっと、この書籍は、お手元に置いておかれましたら、
見るごと、読むごとに、元気を頂戴できるものと存じます。
あるいは、図書館に購入依頼をして頂くのも、ひとつの手段としてよろしいでしょう。

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

« 我が国を、高からしむること。 ヲシテ時代の文明の、顕彰の事。 追記の修正をしました。 | トップページ | 糖質制限に関しての続報、宗田哲男医師の『ケトン体が人類を救う』光文社新書の近々発売の事。  京都の「ヲシテ講習会」のこと。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 我が国を、高からしむること。 ヲシテ時代の文明の、顕彰の事。 追記の修正をしました。 | トップページ | 糖質制限に関しての続報、宗田哲男医師の『ケトン体が人類を救う』光文社新書の近々発売の事。  京都の「ヲシテ講習会」のこと。 »