2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ヒオウギの花、ねぢれの事。   『よみがえる日本語Ⅱ(助詞編)』のこと。 | トップページ | 近況のご報告。パソコンを更新しました。 津市・松阪市、糸川ダンス教室のこと。 »

2015年8月25日 (火)

坂東忠信さん『中韓に食い物にされるニッポン』

昔からの知り合いで、坂東忠信さんが、最新刊です。

もう9冊目だそうです。
Bandousan_2
 
時代が、
やっと、
我が国の事を大切に思う気持ちを、
表現しても、大きな違和感に受け取られないで済むようになりました。

ですが、
まだまだ、
先は長い事で御座います。
漢字国字化時代に出来た、常識について、
これを、問い、
そして、見直しを掛けてゆくまで…、
まだまだ、先の長い事ですね。

 
 
「イサナギ」さまと、わたくしは表記をしております。
どうして「イザナギ」と「ザ」に濁音にしているのを避けるか?

それは、『古事記』が、「伊邪那岐命」と、
」の文字を使って、貶めしているイメージを、払拭したい意味も含んでいるわけです。
どうですか?
どうして? 「伊邪那岐命」なんて、わざわざ「」の「よこしま」の意味の漢字を当て付けるのか? 『古事記』は!  また、此処でも、ディスってると、貶めですね、これを目論んでるんだと、わたくしの目には映ります。
ちなみに、『ホツマツタヱ』など、ヲシテ文献では勿論のこと、「イサナギ」の「サ」は清音です。
つまり、「邪」の文字を当て付けたいから、「ザ」で「邪(よこしま)」に漢字翻訳したのでありましょう。此処に、悪意を、わたくしは感じてしまうのであります、『古事記』筆者の悪意ですね。今の、反日の人たちにも通じるものかも知れませんです。

何故をもって、このように言えるのか?
それは、『ホツマツタヱ』などヲシテ文献が、記紀の原書であるからです。
つまり、
『古事記』『日本書紀』の原書を土台にして、モノを言ってるわけですね。
そんじょそこらの、偽書の「神代文字」の類いと一緒にされたら、困ったことで御座います。我が国を貶めるようなものと一緒にしてはいけません。
 
 
                                       ・
 
 
姿勢を直すには、社交ダンスが有効です。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 



 
 
 
 
 
 
 
 
 

« ヒオウギの花、ねぢれの事。   『よみがえる日本語Ⅱ(助詞編)』のこと。 | トップページ | 近況のご報告。パソコンを更新しました。 津市・松阪市、糸川ダンス教室のこと。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂東忠信さん『中韓に食い物にされるニッポン』:

« ヒオウギの花、ねぢれの事。   『よみがえる日本語Ⅱ(助詞編)』のこと。 | トップページ | 近況のご報告。パソコンを更新しました。 津市・松阪市、糸川ダンス教室のこと。 »