2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 我が国の、本当の基礎を定礎を定めること。ヲシテ国学、記紀の原書の事。 | トップページ | 『よみがえる日本語Ⅱ -助詞のみなもと「ヲシテ」-』(青木純雄・斯波克幸、明治書院)の出版! 7月14日の発売予定です。 »

2015年7月 5日 (日)

地球に近訪の天体の事。 日々、憂いなくしての事。 追記、ホツマ37アヤのUP。

地球には、

その、生成の時代からして、多くの天体が来てるようです。
偶然にも、この西暦の2015年の7月7日には、小天体の接近があります。
Syoutenntai1
赤い色表示は、地球に近く来る小天体です。
4.9LD、1.1LDは、ルナ・ディスタンスの、つまり、お月さまとの距離との、
比較の目安の値いです。 1.0が月との距離の事になります。
384401kmだそうです。ヲシテ時代より、かなり精密に測定されてます。
ちょっと遠いからと、
簡単に安心はできません。
その、問題は、
お月様に近づくと、軌道が曲がってくる恐れもあります。
 
               ・
 
そういう事で、
地球生成の時から、ずっと、天体の衝突はあったわけですね。
ここ、何千万年と比較的に静穏な時代を経てますが、
今後も、   火山活動の活発化の時代が到来してきてますように、
小天体の衝突も、また、有り得ることも、
必然の事かも知れません。  何億年もの、先のことであってほしいですが…。
 
これは、私的な希望程度の事に、過ぎませんですね。
 
        ・            ・
 
そのような事を考えますと、
わたくしたちは、
日々におきまして、
後の日に悔みや憂いを残さぬようにしたいものであります。
 
              ・
 
そこに、
ミチを立ててゆかねばなりません。
アマテルカミの、その、尊いおこころのこと、
さらには、クニトコタチさまの、そのみこころに… 。
 
大きなミチ(道)の歩みゆくそのよすがとするべき、
本道を。 
 
 
 
          ・        ・
ちょっと修正を致しました。枝番「2」に致しました。
 


 
 
 
 
 
 
 

« 我が国の、本当の基礎を定礎を定めること。ヲシテ国学、記紀の原書の事。 | トップページ | 『よみがえる日本語Ⅱ -助詞のみなもと「ヲシテ」-』(青木純雄・斯波克幸、明治書院)の出版! 7月14日の発売予定です。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 我が国の、本当の基礎を定礎を定めること。ヲシテ国学、記紀の原書の事。 | トップページ | 『よみがえる日本語Ⅱ -助詞のみなもと「ヲシテ」-』(青木純雄・斯波克幸、明治書院)の出版! 7月14日の発売予定です。 »