2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「ホツマ」32アヤ、富士山の名称のいわれの事、「白人・胡久美」の内実とは? 小倉山会、定家卿のご命日の献歌の披講のこと。 | トップページ | 京都の会場変更の事。 武野紹鴎さんの大黒庵のいわれの元。  「ヲシテ国学 初めから」53話をUPしました。 »

2015年6月24日 (水)

「ホツマ」33アヤ、疫病の大流行の時代。どうなさったか? 人皇の10代の崇神天皇さまは?

疫病のパンデミック(大流行)が起きた際に、
ミマキのキミ(崇神天皇さま)はどのように、対処をなさったのか?
それが、「ホツマ」32アヤの詳しい記述です。
Hasu1
             <天龍寺の蓮池です。
 
             それなら、大賀ハスは?
             で、 近くのお寺にハスの花見に行って来ました>
Hasu2
            <つぼみも、もう、咲いてるのもありました。
             清楚にて、やさしく、あたたかな香りです。
             大賀ハス(検見川ハスです)は、
             清楚です。
             さわやか、です>
Hasu4
 
               <さて、
               下の写真は、池に降りて近在の現代品種と、
               自然交配したハナです。
               純粋の弥生時代の遺跡から出土のタネの、
               その大賀ハスとは、違ってとってもゴージャスです。
               香りも、もっと、甘やかです。ハチミツなんかのミツの、
               そこに、誘引される気が致します。
 
               時代は、本当に、進みゆくもので御座います。
               この時代、これから先の時代へ向けて…>
Hasu3

ヲシテ時代は長いので、

いつも、アマカミの表を参照して頂くようにしております。
『ホツマ辞典』(池田満・展望社)掲載の表です。
2_3
                             ・            ・

 
 
京都の「ヲシテ講習会」も、
何とか、続いてゆくような感触も御座います。
先々の事に付きましては、
まだまだ、先が長い事で御座います。此の所だけは、宣長の意見に全面的に賛成です。「倦まず弛まず」の、その地道な心掛けしか何千年来の厚い暗黒の黒雲を打ち払って行くべき手段とて、他にはあり得ないものなので御座います。
わたくしの、目的と致します所は、記紀の原書による「国学」の再構築です。
これしか、このミチにしか、
今後の我が国もそうですが、
全地球的な観点からも、「トのヲシヱ」の再興こそしか、他には、まったくの所期待出来得るものはないと私は思いますのです、このわたくしの認識は、間違いであるので御座いましょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 「ホツマ」32アヤ、富士山の名称のいわれの事、「白人・胡久美」の内実とは? 小倉山会、定家卿のご命日の献歌の披講のこと。 | トップページ | 京都の会場変更の事。 武野紹鴎さんの大黒庵のいわれの元。  「ヲシテ国学 初めから」53話をUPしました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ホツマ」32アヤ、富士山の名称のいわれの事、「白人・胡久美」の内実とは? 小倉山会、定家卿のご命日の献歌の披講のこと。 | トップページ | 京都の会場変更の事。 武野紹鴎さんの大黒庵のいわれの元。  「ヲシテ国学 初めから」53話をUPしました。 »