2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 疲れて疲れて、考えに疲れて…、 やっと、納得できる成果を見い出せたことに付きまして。 | トップページ | 「ホツマ」33アヤ、疫病の大流行の時代。どうなさったか? 人皇の10代の崇神天皇さまは? »

2015年6月21日 (日)

「ホツマ」32アヤ、富士山の名称のいわれの事、「白人・胡久美」の内実とは? 小倉山会、定家卿のご命日の献歌の披講のこと。

『ホツマツタヱ』32アヤの、説明をUPしました。 ちょっと修正を2回しまして、枝番が「3」になりました。

 『日本書紀』『古事記』に翻訳削除の重要な事項の記述が、

「ホツマ」32アヤに載せられてあります。

Nemu
            <ネムの咲き始めです>
旧暦もサツキ(サのころ・旧5月)に入りました。
サミタレです。 梅雨と聞くと、うっとうしい思いが強いですが、
サミタレのヲシテ時代の中期には、もうちょっと、良いイメージの方が濃厚です。
雨が降ってこそ、草木は葉を茂らせ、木の実を成らせる養分を作り出せます。
降り過ぎては、水害になるのも困りますが、降らなくては干上がってしまいます。
 
                  ・
 
昨日は、
小倉山会で藤原定家さんの法要でした。
珍しく天龍寺さんで開催でした。
二尊院さんが瓦の葺き替え工事のために変更でした。
昔は、厭離庵さんで開催してたのですが… 、 
庵主さんの… ご健康が気掛かりです。
厭離庵が藤原定家の別荘で、
100回以上来ているのだ、と、調査した結果を教えて下さった事もありました。
厭離庵近くから、小倉山が遠望して遥拝できます。
小倉山に藤原定家のお墓があると伝えられています。
 
天龍寺さんの賑わいには驚きました。
天龍寺は後醍醐天皇さんをお祭りしているそうです。
美術史上に大きな位置を占める天龍寺でして、
美術史をやって居られる冷泉為人さんは、
とても、思い出深いお寺だとおっしゃっておいででした。
Tennryuuji1
         <お庭が世界文化遺産になったそうで。
          外国人の来訪が特に賑わっての事だそうです>
Hikou
               <献歌の披講です>
 
外国人のお客さんがとても多かったようでした。
帰り道に、錦市場に所要があって寄りましたら、
ここも、外国人のお客さんでごった返していました。
一頃前と、随分と時代が変わってきていますことを、
こんな事でも、実感いたします。
 
 それだけに、
わたくしたちの国家の根底の再構築、
ヲシテ文献による「ヲシテ国学」の樹立の事が、
喫緊に急がれる事項になってきていると、
感慨を深めております。
 
 
 
 
 
 

« 疲れて疲れて、考えに疲れて…、 やっと、納得できる成果を見い出せたことに付きまして。 | トップページ | 「ホツマ」33アヤ、疫病の大流行の時代。どうなさったか? 人皇の10代の崇神天皇さまは? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 疲れて疲れて、考えに疲れて…、 やっと、納得できる成果を見い出せたことに付きまして。 | トップページ | 「ホツマ」33アヤ、疫病の大流行の時代。どうなさったか? 人皇の10代の崇神天皇さまは? »