2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 京都のヲシテの講習会の盛会のこと。「ノ・テのキサハシ」の事。 | トップページ | 初夏の大阪・寝屋川の展覧会にて。 竹久夢二のことなどにもつきまして。 »

2015年5月20日 (水)

ホトトギスのこと、「ホツマ31アヤ」のご説明のユーチューブの事。

ホトトギスが、気持ち良く、鳴いてましたので、

その、とっても気持ちの良い鳴き声に、
ついつい、
わたくしも、
朗読・説明をお供させて頂きました。
今回は、「ホツマ31アヤ」です。
https://www.youtube.com/watch?v=MmkHH0Xfo8c&feature=youtu.be
と、 思ってましても、
飛行機が、ヘリコブターが、草刈りおじさんが、いろいろと、音を立てます、あれやこれや、ややこしい事で御座います。 その合間を縫って、録音しました。
こうと思うほどには、上手にはむつかしかったですが、ホトトギスの声はバックベースにかなり聞こえるかと思います。
 
          ・            ・
 
このところ、『万葉集』を、見てたりしますと、
ホトトギスは、
その存在のウェイトは奈良時代には大きいです。
でも、
不思議なのは、ヲシテ文献にはホトトギスの用例は無いのです。
何か? 他の表現であるのか? とも、探しても、今のところは手をむなしくしております所です。

                  ・

さて、
「ホツマ31アヤ」は、360年以上もの長い年月の記述です。
さらっと、読むだけでは、なかなか、解らないところも多いです。
ユーチューブを見てもらってから、
また、思い出したころに、
ヲシテ時代晩期の初頭の「カツラギ時代」のこと、
数年か、数か月かののちに、また、見てもらいましたら、
ハッと、気が付くことがあると思います。
「ホホマのオカ」が、大きなキー・ワードだと思います。
それを、
ここに、記録しておきたいと思いました。 
 
わたくしたちが、目指してゆくべきは、
我が国の文明の、ヲシテ文献によるさらなる高度化です。 それが、もうそこまでにも、目標も見えて来ているからです。 
その、
良い事への循環の対応と言う、本来のわが「日本精神」の再構築がまともな道筋であると考えます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 京都のヲシテの講習会の盛会のこと。「ノ・テのキサハシ」の事。 | トップページ | 初夏の大阪・寝屋川の展覧会にて。 竹久夢二のことなどにもつきまして。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 京都のヲシテの講習会の盛会のこと。「ノ・テのキサハシ」の事。 | トップページ | 初夏の大阪・寝屋川の展覧会にて。 竹久夢二のことなどにもつきまして。 »