2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年1月26日 - 2014年2月1日 | トップページ | 2014年2月9日 - 2014年2月15日 »

2014年2月 6日 (木)

「鵜河(ウのトリの川、鵜飼のこと)」お題歌のこと。  ベベさんの広島講座の事。

お題歌を、

冷泉家の、出題のもとに、詠んでます。春・秋の2首です。

Mume1

          <早や咲のウメが、一花(ひとはな)>

次回の定家卿忌のときの、詠みウタのお題が「鵜河」でした。

鵜飼も臨場で拝見したこと無くて、どうも、詠めないでいました。

今朝、詠めました。

手先が縮こまってて、ヲシテの字がクチャットしてすみません。

H25093

     ウのトリの ひろげるはねの

     かわかせの そよぐもとには

     木立の掛け巣

            ・

Kiku1

        <目を使ってくたびれますので、

         キクの花があったら、ご馳走です。

         今のは、沖縄産だそうでした。

         黒いのは「ぬはたま」のカラスアフギの実です。

         ムラサキは、自生種のヤブムラサキで、

         園芸種のムラサキシキブの原種の方です>

Kiku2

            ・         ・

ベベさんが、広島で講座を開始です!

http://woshite-1nensei.doorblog.jp/archives/36154125.html

原書を読むことが、

何と言っても、ベースです。

勿論の事、原字のヲシテで!

読み書きが基本中の基本です。

 

原字原文のヲシテの本来の5・7調の古格の文章が読めなかったら、

やっぱり、

どうしようもない、直訳偽書のレベルですから、

ウソばっかしに成っちゃうわけですね。

 

「直訳偽書の秀真伝」の人たちが、

ヘンなことばっかり言うもんですから、

揚げ足を取られるばかりで、評判を落とすばっかりで、

それが、どうしようもない「ねずみ男」ですね。

ゲゲゲの鬼太郎の苦労も、解ってやって下さい、ませ。

 

そんな呆れた人たちの多い中で、

ベベさんは、ちゃんと、王道を進んで照らして行ってくれてます。

 

ちょっとは、爪の垢でも煎じて飲んで欲しいものだと思いました。

「直訳偽書の秀真伝」に付ける薬が有るような?

 

 

 

« 2014年1月26日 - 2014年2月1日 | トップページ | 2014年2月9日 - 2014年2月15日 »