2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年11月16日 - 2014年11月22日 | トップページ | 2014年11月30日 - 2014年12月6日 »

2014年11月28日 (金)

いろいろな道筋の、別れゆく道筋の、あるは、停滞の沼に落ちてゆく場合との違いの事。  「ヲシテ国学 初めから」34話の「ホツマ16アヤを朗読しましょう」をUpしました。

万物流転の事、

福岡伸一さんの、「日経新聞」の文化欄の記事からも、

つれづれ思う事も御座います。前記事のブログには、下記のアドレスに記しました。

http://wosi.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-f80b.html

              ・

「まつはねぢけて」の言葉を思い出します。

何が「ねぢけ」か? そう言われますかと思います。

Nasike

この用例では「ねしけ」に作られてますが、「ねじけ・ねぢけ」の意味合いですね。

真っ直ぐの事、ネヂケのこと、その対比は明瞭だと思います。

初代のクニトコタチさん、また、アマテルカミのおこころに、

真っ直ぐの事がよろしいのではないかと…、 そう、私は考えます、ですね。

アマテルカミだったら、「このように判断なされられるのではあるまいか?」

そう言うように考えて、その思いに真っ直ぐ、 と。

その事を、申し上げたい、 と、つとに願うのです。

わたくしは、です。

まっすぐとは、なにか?  です。

         ・           ・

『ホツマ ツタヱ』という、スゴイ文献が見つかりました。

どうしてゆくのか?

私たちに課せられた大きな課題だと思います。

China風の漢字直訳なんかしたら、アマテルカミのおこころに沿え(添え)ますか?

その事を、わたくしはずーっと申し上げて来てます。

『ホツマ ツタヱ』の他にも、

『ミカサフミ』や、

『カクのフミ(カク・ミハタ、『フトマニ』など)』も、

発見されました。

ここにおいて、やっと、我が国の縄文文明からの蘇生が成しゆけるわけですね。

                 ・

ユーチューブにて、

「ホツマ」朗読からの、わが古典の再定着をはかろうとしております。

ヲシテ文献に馴染んでゆくのには、時間が掛かりますが、

着実な一歩こそが、とっても大切です。

気長に朗読や、暗唱・暗記の基礎からだけが、古典に向き合う王道です。

この他に、ミチ(道・路)は無いです。

ヲシテ時代の文章に馴染んで下さいましたら、

アマテルカミのおこころが、眼前に見えてきますよ!

このような、嬉しい幸いの事が、他に御座いますでしょうか?  ね。

長い長い遥かなわが故郷の時代のヲシテ時代への旅には、気長な取り組みが欠かせません。ゆっくり楽しみつつの道のりを歩んでゆきましょう。

縄文哲学の、その、ふるさとの時代です。

我が文明の、縄文時代や弥生時代の高度さを、今に、復活させて、

そうしてゆきたいと、

その、縄文・弥生の時代の哲学の素晴らしさを、

知りてこそ、わたくしは何をも擲ってヲシテ国学の樹立に生涯かけて進んできております。

「ヲシテ国学 初めから」34話「ホツマ16アヤ」です。いろいろな写本などの異動にも言及しました。

https://www.youtube.com/watch?v=y580FBNKowg

2014年11月23日 (日)

万物流転のこと。 神田の古本屋さんの事。 ユーチューブ33話をUPしました。

「日経新聞」の最終面の文化コラムで、福岡伸一さんが、

「万物流転」のことを、ニューヨークの空の透明さに思いを起こして、

ヘラクレイトスの「パンタ レイ」だと言ってた言葉を引用してました。

万物の流転の事は、わたくしも本当によく思います事です。

                  ・

さて、ギリシャ哲学にも、思いを致すのもいいでしょうが、

わが古典として『ホツマツタヱ』など「ヲシテ文献」が身に付いてきましたら、

わが縄文哲学の高度さが、如実に解ってきます。ギリシャにも教えてあげたいですね。

「物質の三態は、あ・え・お」で表されています。

「物質の態変化をさせるのが、い・う」で表現されてます。

つまり、

ギリシャ哲学よりも、我が縄文哲学は、より高度であることが言えると思います。

「あ・い・う・え・お」には、5要素の表現が現代的にはそぐわしいと、近頃には私は考えています。元素の表現じゃそぐわしくないと、気が付いてきたからです。

我が縄文哲学の5要素の「あ・い・う・え・お」は、やはり、ヲシテ文字での表記でないとピンときませんですね。

発音する口の形にも一致もしてますからね。

Photo

どうでしょうか?

やはり、ヲシテ文字の復活は今後にも必要だと、私は思うんですがね。

動詞の活用の原理だって、ヲシテ文字なら、一発理解ですよ。

明治期に導入した西欧文法の直訳的当て付けでは、『大言海』の文法の記述のように何回読んでも解りにくいんですよね。

          ・              ・     

万物流転で、書籍もグルグルめぐります。

わたくしの場合の古書店は古くは、「日本書房」さんが主のルートでした。

この頃は「西秋書店」さんが何だか多くなってきました。

きょうも、「西秋書店」さんから届いた書籍を、数日かけてみようと思ってます。

「せいしゅうしょてん」じゃなくて、「にしあき しょてん」さんと、読むのだそうでした。

解らない事は、殊の外に多い事で御座います。

近頃は、Netで便利になりました。

                   ・

すでにして、江戸時代以降からの蓄積においても、

一個人がすべてを目に通すことも、困難に成るような、膨大な記録が積み重なってます。

いわんや、漢字国字化時代の以降においてもそうですし、

さらに、

今般に、発見・研究が目白押しのヲシテ文献に至っては、

ナイヤガラの滝かと思いますですね。

           ・            ・

しかし、

短兵急に現代日本語に直訳の、『広辞苑』何かの程度の辞書を元にしては、全くの意味不明の坩堝の螺旋にはまるだけです。

辞書のなかで、『大言海』だけが多少の参考程度までに使えるものです。

他のどんな古語辞典も、現代語辞典ならなおさらで、ヲシテ文献の理解には役には立ちません。混乱を招いてしまうばかりのモノですね。

        ・        ・        ・

 

 ユーチューブ「ヲシテ国学 初めから」33話をUPしました。

 https://www.youtube.com/watch?v=gMwPu3ks8pc

 

 

 

 

« 2014年11月16日 - 2014年11月22日 | トップページ | 2014年11月30日 - 2014年12月6日 »