2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年10月26日 - 2014年11月1日 | トップページ | 2014年11月16日 - 2014年11月22日 »

2014年11月 3日 (月)

『群書類従』のデジタル版が完成です!  ヲシテ文献、ヲシテ国学には、「腑抜け派」や、「日和り見派」も、困ったものですね。それらは、断然として、含めないと言うべきだと思います。  「カクのミ」が届きました。  ユーチューブ29話~32話UPしました。

やっと、

デジタル版の『群書類従』類が完成です!

Gunsyoruijyuu_edited1

『群書類従』は、わが日本の文化・文明の礎えのひとつです。

デジタルになると、

有り難い事、この上なしです。

大空社版のものも持ってますが、今回の、八木書店版は、

「続」も「続々」も、収録して、さらに、検索機能が、飛躍的に向上! です。

この、

索引の検索機能の飛躍的なる向上が、とっても有益な事のひとつです。

さらに、読み難い旧字体や江戸期頃特有の仮名文字体など、現代人に寄り付きにくかったのですね。そこが、大々的に変わって我々が日常的に読めるようになります。

これまでの、奥歯に挟まったような、違和感がだいぶ取れますですね。

まあ、

それは「漢字文献」のことです。

  

ヲシテ文献の場合だけは、やはり、ヲシテ文字・ヲシテ時代の文章を原文で読んでもらわないといけません、が。

江戸期頃の文章なんかは、現代的文字に置き換えてもそんなに問題が発生するわけでもありません。

漢字国字化時代以降の時代の話ですからね、江戸時代なんかは、ね。

                    ・

ぜひとも、

デジタルの『群書類従』類の、広まりを願うものであります。

我が祖国の、ひとつでも、尊さが増すならば、わたくしは応援すると言うスタンスです。

そうではない、逆の方向の、

「反日」や「直訳の貶め族」には立ち向かってまいります。

             ・            ・

とは申しましても、

記紀の原書である、

ヲシテ文献に於きましての場合には、

直訳がどれほど酷く、我がアマテルカミからの尊い大文明を貶めている行為なのかが、解らない「直訳偽書の秀真伝(しゅうしんでん)」族にとどまっている人がとてもとても多いことです。「直訳ではいけませんよ」と、啓蒙をしっかりと及ぼしてゆくことは、本当に困難な事・難しいことです。強力にしてやさしい教師役の人の出現も大いに待たれるものであります。とても大きな仕事です、この事案の事も、本当に重要ですね。

我が祖国を、どうやってちゃんと直してゆこうか?  が、テーマなんですから、ね。

この、大きな枠組みの解らない人にどうやって解ってもらえるか? で御座います。

ですが、

ヒト(人)はその認識が刻一刻と変わって直ってゆくものなんですね。

例えましたら、20年前・30年前のわたくしの認識がどうであったか?

ほじくれば、いっぱい間違いが今に検出されます。

そうでなくて、未来においてどうしてゆくか?

その事だと思います。

これ程の、激変の時代ですから、

1年・2年前の、その事などは、遠い昔の出来事だと、

そう言うような、

リセットの掛けるべきタイミングもとっても早くなりつつあるように思います。

とは、申しましても「革マル」のグループなどは、どうしても、大きなミソギを経てからの事でないと困っちゃいますね。佐久良東雄は、仏教から抜け出る際に素っ裸になって還俗したそうです。そのぐらいの気概が必要だと思います。

そこまでゆかない「日和り見派」や「腑抜け派」なんかも困っちゃいますものですね。

「しればさち しらねばオトへ

こまはいに わびことあれ」

と、『ホツマツタヱ』25アヤにありますね。

Wabikoto

「腑抜け派」や、「日和り見派(ひよりみ)」は、

結局のところ、直訳偽書の「秀真伝(しゅうしんでん)」と同族だと思いますね。

何しろ、

松本善之助先生が、記紀の先行文献であるから、とっても大切だ。

だから、真面目に取り組もう!

と、先導なさって下さってたわけです。

その、大切な目的を、引き継がないのは、どうかしてます。と、言えますね。

この意味で、

「日和り見主義」の「日和り見派」も、始めっから降参してる「腑抜け派」も、共に、消えゆく運命の泥船に乗ってる訳ですね。

                ・

カクの木の実の「ふくれミカン」が届きました。

Kakunomi

今は、有り難いですね。居ながらにして、「カクのミ」を戴けます。

いつもの、「みなみ みかん園」さんからです。

カラスがひとつ、つついていました。

カラスは、友だちのように私は思ってます。アマテルカミのミヤを守るカラスですから。

  ツクハやま ミヤも守れる

  カラスにも カクの木の実の

  味わいを知り

ウチに居ました柴犬が、

初めは納豆を毛嫌いしていましたが、

味を知ってのことで、  それからは、

容器を洗う必要が無いぐらいに舐めてました。

もう、柴犬が亡くなって10年は経ちましたが、いまだに女房との話題に上ります。 

                ・

ユーチューブ「ヲシテ国学 初めから」29話をUPしました。

https://www.youtube.com/watch?v=G1fIm1G4Te4

        「ヲシテ国学 初めから」30話をUPしました。https://www.youtube.com/watch?v=RFdlR678uhU&feature=youtu.be

        「ヲシテ国学 初めから」31話2です。

https://www.youtube.com/watch?v=cyeYJDGC3QY&feature=youtu.be

       「ヲシテ国学 初めから」32話です。

https://www.youtube.com/watch?v=yBSIpc3qxYg&feature=youtu.be

 

 

 

 

 

« 2014年10月26日 - 2014年11月1日 | トップページ | 2014年11月16日 - 2014年11月22日 »