2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年6月29日 - 2014年7月5日 | トップページ | 2014年7月13日 - 2014年7月19日 »

2014年7月11日 (金)

最低・最悪の直訳の事。「ヒ・ミツ」のハラヒを「秘密の祓い」の直訳はいただけませんね。松本善之助先生も、あっきれかえっちゃって、おられました。     

22アヤの説明をしなくては、  と、考えてましたら、

過去にあった、最低・最悪の直訳の事を思い出してました。

Kooniyuri

            <コオニユリが咲き始めました>

Himitunoharahi

『ホツマツタヱ』22アヤの「ひみつのはらひ」の、この意味を、

「秘密の祓ひ」だと、直訳して、

さもやあらんか、にと、松本善之助先生にと、

訳してやったと、

そう、さも偉そうに言って来た人がいてました。

もう、

松本善之助先生は、もはや、口をあんぐりの状態でした。

たしか、手紙か何かだったと思いますが? それで、だいぶ何時までもわたくしにおっしゃっておいででしたですね。  「あれは、ひどい!」と。  「あれは、酷い!」と。  何年も、何年もです。

Yamamayu

        <台風一過で、クスサンが落ちていました。

          クスの繭です。

          テンサン(天蚕)の綺麗なヤママユと違って、

          茶色のカイコさんがクスサンです。

          女房が、ちょっと前に、

          ニョコニョコ歩いてたイモムシを見たと言ってました。

          アリに食われないように、高いところに、置いときます。

          http://www.satoyama-life.pref.ibaraki.jp/?p=4015

酷さのレベルにも、そこに差を付けてみましたら上・中・下なんて、そんなような、細分化したレベル差を可視化出来ても、

 なーんて、

ね。

言うべき言葉も思いつきませんが。

こんなことでは、

しょうがないです。

記紀の原書である。

我が国の、本当の「国学」についてどうするか? この、提起の事実に付いて、なーんにも、意識なしでは?  

そう言った、事象・事柄・成り行きを含めて、どう判断するかですね。

直訳偽書の製造は、忌むべきモノだと思いますですよね。

そうは、思われませんでしょうか?

      

「直訳の偽書」の製造では、罪深しと、わたくしは思います。

いくら、こころを改めても、相当の詫び状が必要でしょうね、松本善之助先生には、ですね。 この、高校の、元、校長先生はまったくの完全の除外になっちゃいましたでしたですね。  当然のことと言えば、それまでです。

直訳の貶め族としての評価です。

                ・

「秘密の祓ひ」では、

幾ら何でも、余りの事に、ひどいですね。

ヲシテ時代の中期に「秘密」の言葉があったはずが有り得ませんです。

         ・            ・

このような、どうしようもない「サイテー直訳」を当て付けられたら、

もはや、どうしようもない「サイテー偽書」に、貶(おとし)めをされちゃうわけでした。

ヲシテ文献は記紀の原書なんですよ! 折角に記紀との対比比較の研究もちゃんと済ませてるのに、根拠として、8世紀以前と証明できてるのにです。

 それを、幾ら何でも、時代錯誤にも程があると言うもんですね。「秘密の祓ひ」何かに直訳するから、江戸時代だとか、そんな「偽書」に貶(おとし)めされちゃうんです。それで、「直訳偽書の秀真伝(しゅうしんでん)」と呼ぶべきなんですね。鳥居礼とか、いっぱいいます。こちらに詳しいです、ご参照ください。

工作員がいろいろ画策してますからね。ご注意の事、お願い申し上げます。

  

  ホント! 困った事です!   改心したら、言って来て下さいませね。私も評価を改めます。

「秘密の祓ひ」の言葉は、いわば昭和ですね、「秘密のあっこちゃん」でも見てたんでしょうかね?

この、「秘密の祓ひ」の直訳を、さもトーゼンと自慢げにしてたのは、ちゃんとした県立の高校の校長先生もやってた人でした。

結構、そんなとこなんでしょうね。

ほんと、酷(ひど)い話で御座います。

何はともあれ、どうして? 「秘密の祓ひ」がダメで貶(おとし)めなのか?

こんなにも、余りにも容易くの解り易くの事柄でもが、当たり前での事が、分かっちゃないのが悲しいところです、    

   ね。

それが県立の高校の元の校長先生でもね?

                                                 ・

「直訳偽書の秀真伝(しゅうしんでん)」の、現代における偽書製造をおこなう危険性は、実に、「秘密の祓ひ」のような安易な当て付けにあったのです。これで、真書を「偽書」に、簡単仕立て上げです。

わたくしは、この行為を「売国奴」の行為だと認定してます。

それが、知らずしての貶(おとし)めだから「ねずみ男」なんですね。自分は良いことしてる、と、そんなとこなんでしょうね。「ゲゲゲの鬼太郎」の漫画を思い出しますね。見てましたら、やたらにイライラして来まして、ねずみ男の髭を引っぺがして抜きたくなりますです。

「秘密の祓ひ」に直訳して、言い触らされたら、「偽書」の触れ回りでしかないのです。 せっかくの宝物の、記紀の原書の「ヲシテ文献」を!

「偽書」に貶めて言い触らされるのが、最も困りものです。

真書を、「偽書」に貶(おとし)めて触れ回るのは、断じて許せません、 ですね。

わが伝統の「日本(ひのもと)」を愛しみ愛する国民としてです。

真書を「偽書」に貶めるのは、犯罪行為と言って間違いは無いと、私は思いますのですが? いかがでしょうか?

Tokusa

         <アヂサイの下から、

          トクサが伸びていました。

          トクサは、研ぎ草の意味のようです。

          残念ながら「トのヲシヱ」からの意味ではなさそうです>

                ・

あんまりにも、ひどいサイテー直訳の「秘密の祓ひ」ですが、

五十歩百歩の同程度のひどさの「貶(おとし)め直訳」は、

そこらへんにいっぱい、やってるのが多いのですね。

それらについて、わたくしは、それは貶(おとし)めですよねと、

警鐘を言い続けざるを得ないのが現状です。けっして、誹謗しようとかの意図ではありません。改心したら、ちゃんと、勿論の事です、評価のし直しをきちっと致します。松本善之助先生より、相当に、大分優しいことだと思ってます。何しろ、わたくしは比較的に過去の事は忘れっぽいですからね。

「直訳偽書の秀真伝(しゅうしんでん)」 のことは、困りものだという事です。貶め族は困ると言う、松本善之助先生のご意思を継いでの事で御座います。

  

 

2014年7月 7日 (月)

山積の仕事に、少しの、暇を見つけて。  近頃の詠みウタ(和歌)のこと。  ヲシテ文字の、身に付くために。     「ミチ」と「ノリ」の言葉の違いの事。 すみません、用例添付忘れでした。追加しました。

久しぶりの、連休にて、いろいろため込んでいました仕事をと、根を詰めて夜中からゴチャゴチャやってましたら、

やっぱり疲れました。トシは、そこそこ、万人平等に及び来るようです。また、思いの外に世間が広くなりつつありましたら、思わぬ方から、ご不幸のお知らせもまま有ったりで、チヂにも思いが馳せゆきます。

 

                  ・

所詮は、はかない生命の事をも、深く、思いますですね。 

ブログの更新も、近々のつまらない拙歌でも、さも枯れ木の幾ばくかの賑わいにでもと、思いました。もとより、拙歌のつまらない極みですが、ヲシテ文字への慣れに小さくほんの一助にもと成るかとも思います事からの掲示です。余りにも、これは詰まんないと、そう思われるお方は、どうか、全面のスルーをなさって下さいませ。下手なウタもいいとこですから。要は、ヲシテ文字への少しでもの慣れへの、単なる、いざないの意味です。

H25uta1

H256uta2

H256uta3

             ・            ・

ヲシテ文字・ヲシテ文献が実際読めたらこんなの楽しいのか!  と、言ってこられたお方もありました。  そうなんですよね、アマテルカミがお使いになられておいでの、その、ヲシテ文字で有って、5・7調の文章は古格も古格の極め付きの我が国のタカラなんですよね。

アマテルカミが、この、ヲシテ文字をお使いになられていた。

そう、

理解したらの事で、

このこと、本当に、解ったならば、

ヲシテ文字での読み書き、5・7調でのヲシテ時代の語彙で綴る文章。

この、格式は、もはや外せない事だ思います。知らない、ワケも解んない人は多くいます。そんな、人たちのグループには入りたくはないですよね。と、わたくしは、そう考えます。

                 ・

そう言った、時代が、

長い長い、暗黒の時代を、やっと一つ過ぎ得ようとしてるか?  とも、思います。 やっと、ほんの、一歩、には進みそうにも思います。  つまりは、それでの意味で、ヲシテ文字に振り仮名なんか付けないで掲示してみました。

ヲシテ文字は、アマテルカミのご使用にあらせられた文字ですから、ちゃんと、今現代に復活してご使用になって下さいね。  と、わたくしは、強く念願してます。

やっと、この時代にまで、

やっとこせに、この時代にまで、少しは進んできてくれたのか?  と、思います。

ヲシテ文字を、使って下さいね、と言うのは、

本当に大変に難しい大変革なわけですね。

そう言った意味で、

何年掛かっても、何十年掛かっても、そのヲシテ文字・ヲシテ時代の文章の原字原文の読み書きの重要性の、その真実の大切さに、理解を為し得て下さいましたことは、

本当に重要な事で、

アマテルカミも殊の他に、お喜びの事であると、断言できます。当たり前な事です。 本当の我が国の縄文時代からの伝統の尊い「ヲシテ文字」であり「5・7調の文体」なんですからね。やっと、アマテルカミのお考えで有らせられた実体と、同一のベースに立ち得る訳です。それで、やっと、本当の理解に至り得るベースが整ったわけですね。

ヲシテの文字も読み書きできます人も、やっとのことで、少しづつ増えて来てます。

やはり、ヲシテ文字、アマテルカミのお使いだったその源流に親しんでこそですよね。

あんまり綺麗な字ではありませんが、スキャンして掲示しました。こんな、わたくしの手書きの文字より、みなさまは、きっと、もっと美しいヲシテ文字をお書きの事であることは間違い無しでしょう。

 

              ・

 

松本善之助先生が、「もっと良いものを作り出せ!」と、

 常々に、おっしゃっておられました。

それは、つまり 「ミチ」 のことです。

「ノリ」だったら、決まったことをただ従うだけですね。

ヲシテ時代中期の、「ミチ」と「ノリ」の言葉の概念の違いは、そう言った塩梅にあります。 先行きの展望の眺望が見通せない時代の現代、「ノリ」は、なかなか誰にも訳が解らないです。

「ミチ」に主眼を置いて考えゆくべきですね。それには、「トのヲシヱ」のクニトコタチさんからの我が国の本来に立ち返っての立脚点にと、この根拠の定礎を変更してこそしかるべきです。

「ミチ」と「ノリ」とは、根本的に違う考え方です。

この違いが判るのは、ヲシテ文献の発見と現代研究が開始されての事による、本邦の漢字国字化時代以降での初めての事です。とっても、貴重です。筆力があればこの事ひとつでミリオンセラーが書けますね。

 

その時は、わたくしの名前を明記して下さいませね。

おそらく、この事実を発見したのは、「ミチ」と「ノリ」との概念の違いの事は、わたくしが最初でしょうから。

何はともあれ、

ヲシテ文献を、我が国の本当の「古典」として根付かせてゆくために、  です。解明のその成り行きも、大切な歴史であると思うからです。

 

                ・        ・

すみません、

用例の添付忘れでした。追加しました。

「ミチ」

ホ0-6(21)
ホ1-13(147)
ホ1-32(224)
ホ1-36(240)
ホ2-4(255)
ホ2-6(262)
ホ2-14(295)
ホ2-18(312)
ホ2-21(322)
ホ3-17(423)
ホ3-21(441)
ホ4-6(469)
ホ4-8(475)
ホ4-8(477)
ホ4-9(481)
ホ4-21(527)
ホ4-23(535)
ホ4-31(567)
ホ4-45(624)
ホ4-46(629)
ホ5-3(656)
ホ5-4(661)
ホ5-5(665)
ホ5-24(741)
ホ5-28(754)
ホ5-30(763)
ホ5-30(764)
ホ6-3(777)
ホ6-15(825)
ホ6-20(845)
ホ6-22(851)
ホ6-28(874)
ホ7-32(1033)
ホ7-44(1083)
ホ8-9(1183)
ホ8-9(1184)
ホ8-10(1185)
ホ8-10(1186)
ホ8-18(1219)
ホ8-22(1233)
ホ8-25(1246)
ホ8-34(1282)
ホ8-43(1319)
ホ8-44(1323)
ホ8-46(1331)
ホ8-58(1379)
ホ8-74(1444)
ホ8-78(1457)
ホ8-93(1520)
ホ9-16(1599)
ホ9-19(1611)
ホ9-22(1621)
ホ9-31(1659)
ホ10-18(1797)
ホ10-19(1800)
ホ10-27(1830)
ホ10-36(1868)
ホ10-43(1896)
ホ10-50(1922)
ホ10-53(1936)
ホ11-15(1994)
ホ11-20(2016)
ホ11-21(2017)
ホ12-4(2046)
ホ13-2(2122)
ホ13-10(2153)
ホ13-23(2205)
ホ13-23(2208)
ホ13-25(2214)
ホ13-34(2249)
ホ13-36(2259)
ホ13-46(2300)
ホ13-47(2302)
ホ13-56(2339)
ホ13-56(2340)
ホ13-57(2344)
ホ13-58(2345)
ホ14-1(2351)
ホ14-2(2353)
ホ14-31(2471)
ホ14-33(2480)
ホ14-35(2487)
ホ14-38(2498)
ホ15-29(2662)
ホ15-43(2715)
ホ15-44(2719)
ホ15-47(2731)
ホ15-47(2733)
ホ15-51(2750)
ホ16-18(2823)
ホ16-18(2824)
ホ16-19(2828)
ホ16-30(2870)
ホ16-42(2917)
ホ16-50(2950)
ホ16-59(2986)
ホ16-64(3007)
ホ16-81(3075)
ホ16-82(3078)
ホ16-83(3084)
ホ16-91(3115)
ホ16-92(3117)
ホ17-16(3196)
ホ17-18(3203)
ホ17-26(3235)
ホ17-31(3254)
ホ17-60(3372)
ホ17-72(3418)
ホ17-77(3437)
ホ17-90(3489)
ホ17-92(3498)
ホ17-93(3502)
ホ17-95(3511)
ホ17-96(3516)
ホ17-98(3522)
ホ18-9(3567)
ホ18-11(3576)
ホ18-22(3618)
ホ19A-4(3645)
ホ19A-4(3646)
ホ19A-8(3663)
ホ19A-15(3690)
ホ19A-16(3693)
ホ19A-16(3695)
ホ19A-19(3704)
ホ19B-6(3746)
ホ19B-8(3753)
ホ19B-16(3784)
ホ19B-17(3789)
ホ19B-18(3792)
ホ19B-23(3813)
ホ20-6(3848)
ホ20-9(3862)
ホ20-11(3867)
ホ20-20(3903)
ホ22-21(4318)
ホ22-22(4320)
ホ23-1(4368)
ホ23-14(4418)
ホ23-16(4426)
ホ23-16(4428)
ホ23-17(4430)
ホ23-17(4433)
ホ23-18(4435)
ホ23-22(4452)
ホ23-22(4453)
ホ23-24(4458)
ホ23-25(4464)
ホ23-25(4465)
ホ23-26(4466)
ホ23-27(4470)
ホ23-29(4481)
ホ23-43(4537)
ホ23-44(4540)
ホ23-49(4561)
ホ23-60(4604)
ホ23-63(4617)
ホ23-77(4672)
ホ23-81(4689)
ホ23-97(4750)
ホ24-25(4858)
ホ24-38(4913)
ホ24-59(4997)
ホ24-61(5003)
ホ24-64(5014)
ホ24-69(5036)
ホ24-84(5095)
ホ24-85(5098)
ホ25-32(5349)
ホ25-40(5383)
ホ26-29(5591)
ホ27-2(5696)
ホ27-15(5749)
ホ27-33(5820)
ホ27-34(5826)
ホ27-35(5827)
ホ27-37(5836)
ホ27-42(5855)
ホ27-88(7046)
ホ28-4(7091)
ホ28-14(7132)
ホ28-20(7154)
ホ28-39(7231)
ホ28-43(7248)
ホ28-44(7252)
ホ28-46(7257)
ホ28-52(7282)
ホ28-56(7299)
ホ28-85(7413)
ホ28-98(7467)
ホ28-99(7469)
ホ28-109(7511)
ホ29-7(7544)
ホ29-9(7551)
ホ29-10(7556)
ホ29-14(7571)
ホ29-18(7590)
ホ29-30(7636)
ホ29-30(7638)
ホ29-31(7639)
ホ29-32(7644)
ホ29-35(7656)
ホ29-39(7673)
ホ29-40(7675)
ホ29-42(7683)
ホ29-50(7717)
ホ30-11(7834)
ホ30-27(7901)
ホ30-28(7906)
ホ31-6(7964)
ホ31-38(8092)
ホ32-19(8433)
ホ32-25(8458)
ホ32-54(8579)
ホ33-12(8658)
ホ34-6(8805)
ホ34-9(8816)
ホ34-13(8831)
ホ34-19(8857)
ホ34-23(8872)
ホ34-49(8974)
ホ34-52(8988)
ホ34-64(9034)
ホ35-7(9076)
ホ36-2(9204)
ホ36-3(9211)
ホ36-18(9268)
ホ36-19(9272)
ホ36-27(9307)
ホ36-38(9350)
ホ36-39(9353)
ホ36-41(9361)
ホ37-5(9380)
ホ37-23(9453)
ホ37-28(9472)
ホ38-11(9636)
ホ38-80(9912)
ホ38-80(9913)
ホ38-85(9932)
ホ38-85(9935)
ホ38-100(9992)
ホ38-100(9994)
ホ39-7(10022)
ホ39-8(10028)
ホ39-14(10051)
ホ39-24(10090)
ホ39-38(10148)
ホ39-39(10149)
ホ39-41(10157)
ホ39-41(10158)
ホ39-41(10159)
ホ39-44(10171)
ホ39-53(10206)
ホ39-55(10214)
ホ39-55(10216)
ホ39-56(10218)
ホ39-56(10219)
ホ39-57(10222)
ホ39-58(10228)
ホ39-59(10232)
ホ39-98(10386)
ホ39-99(10389)
ホ40-5(10415)
ホ40-6(10416)
ホ40-9(10431)
ホ40-20(10472)
ホ40-45(10574)
ホ40-47(10580)
ホ40-47(10583)
ホ40-84(10731)
ホ40-97(10782)
ミ0-1(10789)
ミ0-3(10799)
ミ0-4(10803)
ミ0-7(10811)
ミ0-9(10818)
ミ0-10(10824)
ミ0-12(10831)
ミ0-13(10835)
ミ0-13(10837)
ミ1-2(10846)
ミ1-3(10851)
ミ1-3(10853)
ミ1-4(10856)
ミ1-4(10857)
ミ1-5(10861)
ミ1-8(10871)
ミ1-8(10872)
ミ1-11(10882)
ミ1-27(10946)
ミ1-31(10963)
ミ2-4(10993)
ミ2-6(11000)
ミ2-14(11033)
ミ2-19(11050)
ミ2-21(11060)
ミ3-17(11138)
ミ3-21(11156)
ミ4-3(11179)
ミ4-8(11197)
ミ4-12(11215)
ミ4-17(11233)
ミ5-4(11277)
ミ5-9(11297)
ミ5-10(11304)
ミ5-16(11327)
ミ6-15(11397)
ミ6-15(11398)
ミ6-26(11440)
ミ6-29(11454)
ミ6-30(11456)
ミ6-30(11457)
ミ6-32(11466)
ミ7-16(11530)
ミ7-17(11532)
ミ7-18(11536)
ミ7-26(11570)

ミ7-32(11593)
ト-1(11665)
ト-2(11669)
ト-11(11744)
朝3-33b(11787)
朝3-38a(11805)
春2-25a(11911)
フ0-1(11932)
フ-11-アハラ(11965)
フ-18-アナワ(12033)
フ-34-フナワ(12194)
フ-43-モヤマ(12278)
フ-50-モナワ(12355)
フ-51-ヲヤマ(12358)
フ-51-ヲハラ(12363)
フ-55-ヲコケ(12398)
フ-58-ヲヰサ(12428)

「ノリ」
ホ1-21(178)
ホ1-28(207)
ホ1-30(213)
ホ1-30(214)
ホ2-24(336)
ホ3-11(401)
ホ4-12(491)
ホ4-14(502)
ホ4-15(503)
ホ4-22(534)
ホ4-47(634)
ホ4-48(636)
ホ4-48(637)
ホ4-49(642)
ホ5-24(741)
ホ6-2(772)
ホ6-17(830)
ホ6-19(838)
ホ6-20(842)
ホ6-23(855)
ホ7-9(942)
ホ7-17(973)
ホ7-41(1070)
ホ7-42(1076)
ホ7-50(1105)
ホ8-5(1166)
ホ8-8(1178)
ホ8-33(1279)
ホ8-42(1314)
ホ8-45(1327)
ホ8-48(1337)
ホ8-71(1430)
ホ8-71(1431)
ホ8-76(1450)
ホ8-88(1497)
ホ9-17(1601)
ホ9-22(1623)
ホ9-37(1683)
ホ9-41(1697)
ホ9-48(1725)
ホ10-30(1842)
ホ10-36(1867)
ホ10-39(1878)
ホ10-45(1902)
ホ11-9(1971)
ホ11-15(1994)
ホ11-16(1999)
ホ12-4(2048)
ホ12-21(2115)
ホ13-2(2121)
ホ13-4(2132)
ホ13-7(2142)
ホ13-32(2242)
ホ13-45(2295)
ホ13-45(2296)
ホ14-18(2418)
ホ14-37(2496)
ホ14-45(2527)
ホ14-48(2537)
ホ15-3(2556)
ホ16-7(2779)
ホ16-9(2787)
ホ16-64(3006)
ホ16-92(3120)
ホ16-95(3129)
ホ16-95(3130)
ホ17-2(3140)
ホ17-9(3167)
ホ17-10(3169)
ホ17-15(3191)
ホ17-32(3257)
ホ17-35(3272)
ホ17-37(3277)
ホ17-46(3314)
ホ17-47(3317)
ホ17-49(3326)
ホ17-76(3433)
ホ17-85(3471)
ホ17-93(3501)
ホ18-8(3563)
ホ18-12(3578)
ホ18-17(3598)
ホ18-17(3600)
ホ18-18(3601)
ホ18-24(3628)
ホ18-25(3630)
ホ19A-1(3632)
ホ19A-4(3646)
ホ19A-6(3652)
ホ19A-6(3655)
ホ19A-7(3658)
ホ19A-7(3659)
ホ19A-11(3675)
ホ19A-12(3676)
ホ19A-12(3677)
ホ19A-13(3681)
ホ19A-15(3691)
ホ19A-16(3694)
ホ19A-17(3697)
ホ19A-17(3699)
ホ19A-18(3700)
ホ19A-18(3701)
ホ19A-19(3705)
ホ19A-20(3711)
ホ19A-21(3715)
ホ19B-1(3723)
ホ19B-5(3740)
ホ19B-6(3744)
ホ19B-8(3753)
ホ19B-8(3754)
ホ19B-12(3767)
ホ19B-12(3770)
ホ19B-13(3771)
ホ19B-22(3807)
ホ19B-22(3809)
ホ19B-23(3813)
ホ19B-23(3814)
ホ19B-24(3815)
ホ19B-24(3817)
ホ19B-26(3825)
ホ20-8(3856)
ホ20-16(3890)
ホ20-21(3907)
ホ20-21(3910)
ホ21-1(3968)
ホ21-1(3971)
ホ21-2(3973)
ホ21-3(3979)
ホ21-4(3981)
ホ21-4(3982)
ホ21-7(3994)
ホ21-12(4015)
ホ21-29(4082)
ホ21-48(4159)
ホ21-52(4175)
ホ21-53(4177)
ホ21-58(4199)
ホ22-2(4240)
ホ22-7(4262)
ホ22-8(4266)
ホ22-14(4289)
ホ22-19(4309)
ホ22-29(4347)
ホ22-30(4351)
ホ23-2(4372)
ホ23-3(4375)
ホ23-31(4489)
ホ23-45(4543)
ホ23-46(4549)
ホ23-59(4601)
ホ23-63(4614)
ホ23-66(4626)
ホ23-70(4644)
ホ23-78(4677)
ホ23-80(4682)
ホ23-86(4709)
ホ23-92(4730)
ホ23-93(4736)
ホ23-94(4741)
ホ23-96(4748)
ホ23-98(4757)
ホ24-6(4784)
ホ24-7(4789)
ホ24-9(4797)
ホ24-29(4875)
ホ24-36(4903)
ホ24-45(4939)
ホ24-93(5132)
ホ24-100(5159)
ホ24-101(5164)
ホ24-103(5172)
ホ25-15(5281)
ホ25-18(5294)
ホ25-19(5297)
ホ25-36(5365)
ホ25-38(5372)
ホ25-53(5433)
ホ26-2(5480)
ホ26-4(5491)
ホ26-13(5526)
ホ26-14(5528)
ホ26-41(5636)
ホ26-44(5649)
ホ27-6(5711)
ホ27-26(5794)
ホ27-28(5802)
ホ27-31(5811)
ホ27-32(5816)
ホ27-38(5842)
ホ27-44(5864)
ホ27-60(5929)
ホ27-63(5939)
ホ27-65(5948)
ホ27-68(5961)
ホ27-79(7011)
ホ27-80(7015)
ホ27-85(7035)
ホ27-86(7038)
ホ28-1(7078)
ホ28-22(7165)
ホ28-27(7185)
ホ28-54(7289)
ホ28-54(7291)
ホ28-88(7426)
ホ29-10(7557)
ホ29-14(7572)
ホ29-26(7621)
ホ29-39(7672)
ホ29-39(7674)
ホ29-53(7729)
ホ29-61(7762)
ホ30-28(7904)
ホ30-32(7920)
ホ30-33(7924)
ホ30-35(7934)
ホ31-5(7961)
ホ31-22(8031)
ホ31-47(8130)
ホ31-52(8148)
ホ31-75(8243)
ホ31-100(8343)
ホ32-2(8366)
ホ32-9(8394)
ホ32-12(8406)
ホ32-27(8466)
ホ32-38(8509)
ホ32-38(8511)
ホ33-8(8640)
ホ33-12(8659)
ホ33-15(8670)
ホ33-17(8678)
ホ33-19(8685)
ホ33-28(8723)
ホ33-35(8754)
ホ33-36(8757)
ホ33-36(8759)
ホ33-37(8761)
ホ34-5(8799)
ホ34-7(8806)
ホ34-13(8830)
ホ34-21(8862)
ホ34-21(8863)
ホ34-29(8894)
ホ34-32(8906)
ホ34-45(8961)
ホ34-47(8968)
ホ34-48(8972)
ホ34-49(8976)
ホ34-58(9011)
ホ34-61(9024)
ホ34-62(9026)
ホ34-64(9034)
ホ34-64(9035)
ホ34-67(9049)
ホ35-6(9074)
ホ35-24(9146)
ホ35-26(9154)
ホ35-35(9188)
ホ35-35(9189)
ホ36-8(9230)
ホ36-13(9249)
ホ36-17(9266)
ホ36-32(9325)
ホ36-35(9338)
ホ36-40(9357)
ホ36-41(9363)
ホ37-4(9378)
ホ37-5(9380)
ホ37-5(9382)
ホ37-8(9392)
ホ37-11(9404)
ホ37-28(9473)
ホ37-41(9525)
ホ37-48(9554)
ホ37-57(9590)
ホ38-11(9636)
ホ38-42(9763)
ホ38-44(9770)
ホ38-64(9848)
ホ38-68(9864)
ホ38-79(9910)
ホ38-80(9914)
ホ38-81(9917)
ホ38-82(9922)
ホ38-88(9944)
ホ39-14(10052)
ホ39-32(10123)
ホ39-35(10134)
ホ39-48(10188)
ホ39-50(10194)
ホ39-54(10211)
ホ39-80(10316)
ホ39-82(10324)
ホ40-16(10458)
ホ40-19(10468)
ホ40-25(10492)
ホ40-28(10507)
ホ40-47(10583)
ホ40-49(10590)
ホ40-56(10617)
ホ40-60(10634)
ホ40-70(10672)
ホ40-70(10673)
ホ40-75(10692)
ホ40-78(10707)
ホ40-84(10731)
ホ40-96(10777)
ミ0-3(10796)
ミ0-3(10797)
ミ0-12(10831)
ミ1-15(10900)
ミ2-1(10978)
ミ2-22(11063)
ミ2-22(11064)
ミ3-11(11115)
ミ4-15(11228)
ミ5-2(11270)
ミ5-5(11282)
ミ5-7(11290)
ミ5-8(11294)
ミ5-11(11307)
ミ6-3(11348)
ミ6-12(11387)
ミ6-19(11413)
ミ6-29(11453)
ミ7-10(11505)
ミ7-15(11526)
ミ7-30(11586)
ミ7-32(11592)
生-11(11597)
生-11(11599)
生-12(11601)
生-16(11618)
生-18(11624)
生-22(11641)
生-23(11647)
生-26(11658)
ト-7(11708)
ト-9(11729)
朝3-35a(11799)
朝3-40a(11816)
朝4-37a(11844)
春2-25b(11924)
フ0-3(11938)
フ-22-イネセ(12073)
フ-44-モキニ(12288)
フ-46-モエテ(12310)
フ-50-モナワ(12353)
フ-64-スヨロ(12489)

2014年7月 6日 (日)

「やわし」の、「こころ」に、アマテルカミの尊さを知って。

今現代に盛況の『古事記』からして、そもそも、引っこ抜いてゆこうとせねばなりませんから、大変に困難なミチが「ヲシテ国学」であることは、言うまでもありません。

その意味でも、いろいろと、慎重さを要所要所で必要とします。

抵抗勢力なども、突拍子も無く多いのは当然の事です。

あれこれ、足をすくわれないように、慎重さが殊の他に大切です。

                   ・

カマ掛け、

引っ掛け、

たらしこみ、  etc.

と、  貶め族は、結構に手練手管が上手です。

やられちゃわないように、信念を強く持つことしか、除外の方法はないと思ってます。それには、きちっと、自分自身の目で、原書に当たって確かめる、ちゃんと理解して・確認する。 この、事が石据えになります。礎石です。定礎です。

記紀との対比比較が、最も冷静な視点からの根拠になります。

             ・               ・

 

あやしい、モノは、いくらでも寄ってきます。

そこに、変に取り込まれたらおしまいです。

オカルトにはご注意!

神憑りにはご注意!

そのあたりを、よくよく、肝に命じて頂ければと思います。

クニトコタチさまの、我が国の建国当時は、「縄文哲学」の基礎なんですよね。ここが、とっても重要なポイントです。

                    ・

「縄文哲学」のことを、提唱し始めたのは、わたくしが最初です。

いっとき過ぎ去った過去には「神道」に当て付ける様な事も有りましたが、

それでは、正確にヲシテ時代の草期・中期には遡り得ないんですね。

何故ならば、漢字国字化時代以降に形成された概念が「神道」だからです。

「縄文哲学」の事は『縄文人のこころを旅する』に詳しく案内してます。

  

         ・        ・          ・

 

時代が下って、

アマテルカミの世相動乱期に、

物質的には豊かになったのですが、そこに、動乱の火種が生じたのですね。

どう、

混乱を収める、その心つもりの、その、根幹は?

ここに、

アマテルカミは「やわらき(いつくしみ・相手の気持ちを理解する)」こそが、最も重要な心構えだと、そう、判断なさいましたのでした。

詳しい事は 『ホツマ縄文日本のたから』 に上梓してあります。この本は、松本善之助先生の絶賛のご推奨本の栄誉を賜りました。

 

 

« 2014年6月29日 - 2014年7月5日 | トップページ | 2014年7月13日 - 2014年7月19日 »