2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年3月9日 - 2014年3月15日 | トップページ | 2014年3月23日 - 2014年3月29日 »

2014年3月18日 (火)

「海ゆかば」の事、予科練の航空隊の事。 香良洲神社のこと。     小田郡の「黄金山神社」が正しいですと言う事。「金華山」は大間違いです!  「およくき」の概念の事。

多くの先人たちが、命を賭して守って下さって、今あることを思います。

お彼岸も近くなりまして、香良洲海岸(からす かいがん)に参拝に行ってまいりました。

いわゆる予科練の航空隊が、昔あったところです。

もう、お花のお供えがしてありました。

Karasukaigan2

多くの、犠牲に挑んで行かれたお方の記名が記されています。

Karasukaigan1

すごい、松の枝です。

航空隊の跡地は、津波対策の高台避難地に造成が為されつつあります。

資料館です。http://www.ztv.ne.jp/benri/siryoukan.htm

                    ・

香良洲海岸には、

香良洲神社がお祭りされています。

「ワカヒメさま」をお祭りなさってるようなのですね。

平安時代の『延喜式』には記載が漏れた、式外ですが。相当に、立派にお祭りされてます。単に、編集時に漏れただけと見ていいかも知れません。

Karasujinnjya2

漢字表記では「稚日女命」となってますね。

漢字以前に遡ったら、「ワカヒメ」さまです。

アマテルカミの、おん妹君で、とっても立派なお方様です。

以前に祭神などの説明書きを書いてくれと依頼されたことがありましたが、上手くも書けませんでして、日の目を見ずに終わりましたが、そのうちには、また機会があるかもしれませんですね。記紀の原書たるヲシテ文献でしか、「ワカヒメ」さまの事のそのご立派さは解らないからですね。漢字文への翻訳過程で、抹消されてしまったようなもので、それこそ、ひどいものです。

Karasujinjya3

今年四月に 、ご遷宮のご遷御のご予定です。

今はカリミヤの方に、おいでなさっておられますので、写真も今なら写せます。

Karasujinjya1

お伊勢さんと、ほとんど同じ建築のご造営です。 

 

              ・            ・

 

さて、さて、

「海ゆかば」のこと、近々にもそうでした。

クニを思って、  の、 わたくしも参拝申し上げました。

この、「海ゆかば」の歌詞は、『万葉集』の大伴家持の長歌から抜粋の言葉でした。

4094番です。

岩波版『万葉集』を掲げます。

Umiukaga1

Umiyukaba2 Umiyukaba3_edited1 Umiyukaba4_edited1

オオトモ(大伴)の人達の「マメ(国家に対しての忠節のこころ)」の尊さを、よくよく、思います。で、オオトモのその祖の「ミチヲミ」さんの事、随分と考えましたが、未だに、血流の主な流れが未解明です。何か、解明のきっかけが、何処かに見過ごしてるのかも知れません。

Ootomo

Mitiwomi

Mitiomi

岩波版が、戦後の多くの流布本の主流だと、言えると思います。

ですが、よくよく見ますと、直訳程度に毛が生えたようなものかな?

例えば、小田郡に黄金が出たと言うのは、軽く流してます。

そこに、ちゃんと、『延喜式』に記載のある「黄金山神社」があるのだという事を、ちょろっと一行だけ。わざと隠そうとしてるような、そんな編集にも勘ぐられてしょうがないです。

江戸期からヘンテコ宣伝で流行った「金華山」なんて、もう、明治期にはそのインチキにみんな気づいていたんですよ! 

この事情を、はっきり明記しないから、あるいはチャランポランの不勉強の「直訳偽書の秀真伝(しゅうしんでん)」の罪かは判別不能ですが、ヲシテ時代の真実に煙か雲を掛けて覆い消そうと画策してる人達なんですね、  問題は。 

つまりも、それが、何で? 「金華山」なの?  そんなこと言うから、だから「直訳偽書の秀真伝(しゅうしんでん)」だと言われちゃうのですね。インチキ絡めの。

ひどいことも、休み休みにして欲しいものですね。  ホント。

黄金の砂金の採取の土地だからこそ、

それで、

黄金山神社です。  なのでこそ、アマテルカミの「コガネ」の伝説に繋がるわけですよ。

Amatumiya

Amennomiya

Kokane

この、「アマつミヤ(アメのミヤ)」の現在地考証を、金華山に当てたら、大間違いもいいとこですね。

幾らなんでも、休み休みにして下さいと、変な事はですね。お願い申し上げます。

肩書の今現在的にはご立派なお方でさへも、

何回言っても、この大切なところがご理解してもらえないんですね。

この、敷居が解って、乗り越えてもらえないと、

やっぱり、どうしても、わたくしの「ヲシテ国学」樹立に真っ直ぐに歩む道筋とは、路線が全然違うと、そう判断せざるを得ない、ひとつのハードルです。

  

              ・            ・

と、言いますのも、

大坪併治先生に、ご拝眉をと、

その事から、澤瀉久孝先生のご著書も見とかないとと、『万葉集注釈』を求めました。すると、ちゃんと、「黄金山神社」の事が黄金の産地として極めて特筆にして掲載されてありました。この重要な事を、戦後の編集の岩波版の『万葉集』だと一行紹介だねに軽くしちゃう解説なんて?  ヘンですよね。 と、わたくしは思います、  ね。

どうも、戦後の学者は、立派な人も居られますが、どこか何だか変な人も多いですね。

Umiyukaba11 Umiyukaba12_2

Umiyukaba13_edited1

Umiyukaba14_edited1_2 Umiyukaba15_2 Umiyukaba16_2 Umiyukaba17_2 Umiyukaba18_2 Umiyukaba19_2 Umiyukaba20_3 Umiyukaba21_3 Umiyukaba22_2

やっぱり、

「なかれき」ではなくて、

それを受けて、

「およくき」の、その境地に至らないと、本当の「やまと こころ」には行き着いていないのですね。平成24年に新発見の『ミカサフミワカウタのアヤ』に詳しく述べられている、新しく私たちの知り得た「縄文日本文明」のエッセンスでした。「やまと ことは」の根本の文法の原理でもあったのでした。

Oyokuki

「やまと」の「ト」とは、

「トのヲシヱ(ヲシテ)」の「ト」の意味であったからです。

つまり、「トのヲシヱ(ヲシテ)」が解ってない「日本文明論」なんて、気が抜けたビールだったと言う、お話になります。

                

 

 

 

 

 

2014年3月17日 (月)

訂正個所の増えました件に付きまして。 『定本ホツマツタヱ』および、『記紀原書ヲシテ』です。

大切な基本書籍ですから、訂正シールを貼ってから、出荷してます。

何回見直しましても、また、訂正個所が出てきます。いたちごっこと言いますか。

で、過去にお手元にお届けしたものには、すみませんが、訂正を入れて頂きたくお願い申し上げます。

なお、

今回作りました訂正シールは、結構費用も掛かりました。

H25104

それと、

H25105

でした。

多かったので、印刷屋さんも大分まけて下さっても、この金額になっちゃいました。また、作業が多かったので、分納になりました。

これにご寛恕願いまして、どうか、ご訂正の事、お願い申し上げます。

                   ・

     - 新たな訂正個所 -

① ホ9-39の3行目 下から3文字目

    助詞の「は」を訂正して → 正しくは標準文字の「は」 

          (『記紀原書ヲシテ』は一部訂正済みもあります)

Ha

② ホ12-1の2行目 上から2文字目

    標準文字の「つ」を訂正して → 正しくはナカシロの「つ」

    それに伴い、

    校異に「ナカシロのツ 安 、 標準文字のツ 弘武内」

Tu

③ ホ12-7の3行目 下から5文字目

    標準文字の「つ」を訂正して → 正しくはナカシロの「つ」

    それに伴い、

    校異に「ナカシロのツ 安 、 標準文字のツ 弘武内」

④ ホ12-7の4行目 下から5文字目

    標準文字の「つ」を訂正して → 正しくはナカシロの「つ」

    それに伴い、

    校異に「ナカシロのツ 安 、 標準文字のツ 弘武内」

⑤ ホ12-9の2行目 上から2文字目

    標準文字の「つ」を訂正して → 正しくはナカシロの「つ」

    それに伴い、

    校異に「ナカシロのツ 安 、 標準文字のツ 弘武内」

⑥ ホ12-10の1行目 上から2文字目

    標準文字の「つ」を訂正して → 正しくはナカシロの「つ」

    それに伴い、

    校異に「ナカシロのツ 安 、 標準文字のツ 弘武内」

⑦ ホ12-21の2行目 上から2文字目

    標準文字の「つ」を訂正して → 正しくはナカシロの「つ」

    それに伴い、

    校異に「ナカシロのツ 安 、 標準文字のツ 弘武内」

 

⑧ ホ28-90の4行目 下から2文字目

    「め」を訂正して → 正しくは「れ」 

Mere

              以上の、8個所(及び、校異の6個所)です。

              よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

2014年3月16日 (日)

嘘を嘘で重ねるのではなくて、根拠を正しく見据えてこそ。「ホツマツタエ」などヲシテ文献は、記紀の原書である事。 見定めが肝心です。

空想や幻想や夢想に基付くと、言い誇りのようなちょっとの嘘が、巨大化して挙句の果てには破たんします。

根拠をきちっと見据えてこそですね。

有りもしない空想や夢想や幻想は、自分の頭の中にだけに秘蔵すべきです。そうでないと、傍(はた)で見るにもあわれなる変な顔になっちゃいます。

隣国の人達の、そのありさまを見まして…  。  あまりに、唖然の事から。この一年間で、もはや憐みしかないような感じの、  ですね。

無残な事ですね。哀れな事ですね。 かわいそうとか、そのようにか、どう言って良いものか? むつかしいですね。

哀れすぎても、 で、手打ちも、 私だったら、握手は2m~5mほど遠くにとご遠慮申し上げまして、ご返礼程度に、とですが。安倍さんも大変ですね。

かわいそうといえば、おかわいそうな話で御座いますです。

むかし、

「おあわれみ」の早口言葉が流行っていました。結構難しいですよ、「おあわれみ」。

                ・

マトモな人の誰にでもが、納得できる根拠。

これを、きちっと定礎の据えてからが、話の初めになります。

ヲシテ文献で言うならば、記紀の原書としての、

原文の対比比較の事です。

これが、解ることが第一番の基礎です。

  

「トのヲシヱ(テ)」の事が、ひとかけらでも、記紀で解りますか?

「トのヲシヱ(テ)」の事が、ひとかけらでも、神憑りで解りましたか?

両方とも、ゼロです。

 

       ∽      ∽       ∽

 

『古事記』は、なんてひどいんだろー!

『日本書紀』も、結構にボロボロだな!

この、

認識を、原文比較で自分で見て、

(可能なら、自分で一からやってみる!)

わかることです。

              ・

我が国の本来の精神は、一体どこにあるのか?

『古事記』のような酷いモノではね? そんな誤訳の一杯に溢れる、ズタズタ抄訳ばかりの『古事記』じゃー??   ねー?  ですね。

此処が解って初めて、「ヲシテ国学」の入り口です。

        ・           ・

 解らんチンの、言い誇りは、

『フトマニ』の「い・ぬう」の項目に、詳しいです。

解らんことは、ちゃんと「解りません」と、言うべきです。

間違った、すみません。  は、解ったら、ちゃんと表明すべきです。

嘘を嘘で絡めるのは、民族が違うんでしょうね。

             ・

さて、

我が国の、ヲシテによる本当の国学の樹立に向けてまっすぐに進んでおります。

研究初期の、『フトマニ』に対しての解き明かしの苦悩ですね。その、「ぬう」などのミソフ主体の列記のノートを掲げます。

Hutomaninuu

初期のわたくしのヲシテの文字体ですね。おおよそ、40年前です。

頭記の、ウツワの形状は「フトマニ茶碗」を作っていたその形です。

「フトマニ茶碗」は全椀揃えましたが、だいぶ散逸しました。

それから、ほぼ40年。

『新訂ミカサフミ・フトマニ』の上梓をしました。

そこでの、「い・ぬう」の項目の解説は、

Hutomani

だいぶ理解が進みました。

でも、まだまだだと思ってます。

「い・ぬう」の項目の教えには、

目先のわずかな利得のために言い誇ったり・インチキしたりしたら、「ヲヲヤケ」を毀損してしまう事になりますよ。「い(こころ)」に「ぬう(繕い縫う)」が過ぎての、嘘を嘘で繕うことですね。これは、近隣諸国の指導者の人達に、重々に説明してあげるべき、我が国の本当の精神のエッセンスですね。

ちょっと、気持ちを直せば済むだけですね。

                 ・

 

『フトマニ』とは、

神憑りのようなヘンテコものではなくて、

大宇宙の成り行きの変化を感じ取って、それからどうやってゆこうとするべきか?

つまり、

現状がこのようであった。

良い兆候が、このように表れてる。 どうやってゆくと、さらに上手く発展させることが出来ようか?

また、

其処には、間違いがどうあったか?  どう直したらよいのか?

つまり、「なかれき」と「およくき」のその関わり合いに真価があるのです。

  

              ・

現在の近隣諸国の動向など見ましても、

嘘を、嘘の上塗りにしては、いつまでたっても治りませんね。

間違いは、すみませんと、言って直すべきです。

もう、フツーの人も、近隣諸国の人達の事に付きまして、理解が正しく深まりましたね。

明治期にも同様の議論は多くありました。福沢諭吉もそうでしたね。付き合いきれない民族と言うのもあるようですね。

もはや辟易したというのが、正直なところでしょうか。

しょうがないですね。

襟を正してくれることを、切に、願います。

  

  

それにも、

わたくしたちが、

はっきりと本当の我が国の真価に目覚めてくれなくては、

マトモな説明もできませんものね、先は、長い、話だと思います。

それには「ヲシテ国学」の樹立あるのみが可能性の唯一なのですね。

 

          ・         ・

 

「なかれき」と「およくき」の概念に付きましては、新発見の『ミカサフミ  ワカウタのアヤ』に詳しいです。ヲシテ時代の中期に、こんな高度な考え方が有っただなんて驚きです。さらに、その祖形の基礎構造は、 国祖のクニトコタチさまの時代に精密に構成が成されていたのでしたから、何重にも驚きの事です。

  

 

 

 

  

« 2014年3月9日 - 2014年3月15日 | トップページ | 2014年3月23日 - 2014年3月29日 »